SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
バンド列伝
どうも!SEIZYです!

久しぶりに「バンド列伝」やりましょか~


「暴威」

あえて初期(デビュー前)の名前を使いたい
とてもバイオレンスで火傷しそうなカッコいいバンドでした

そう ライブハウスが似合いの激しいバンドから
(音楽性は大衆向けに変わったものの)
しまいには誰でも知っているトップバンドにまでのしあがった

「BOOWY」です

一昔前 たぶん日本がバブル期になる少し前
約25~27年前ぐらいでしょうか

鳴り物入り!
ではなく、ただただ「ひっそり」と暴威はBOOWYとなってメジャーデビューしました

ファーストアルバム 「MORAL」
まったく売れず廃盤
セカンドアルバム 「INSTANT LOVE」
まったく売れず廃盤
レコード会社を徳間ジャパンからEMIへ移籍
(俺もよく覚えてるな~)

かなり苦労してます
っていうか最悪です(笑)

俺が初めてBOOWYを聴いたきっかけは
友達「けんぴ」のお姉ちゃんが
この「MORAL」のカセットを持っていたのでたまたま聴いたんです
この頃はこのてのバンドはメディアなどには出ないから完全にお姉ちゃんの「ジャケ買い」ですね

俺もけんぴもばいぽんもヤスも
全員一致で「カッコエエ~~!」
一聴で心ヤられました
好きなパンクに今風のビートを混ぜたような
こんな音は後に
「ニューウェーブ」と呼ばれました

でもこの頃はこのバンドが将来日本を代表するバンドになるなんて微塵も思いませんでした
だって周りは誰も知らんのですもん

そんな誰も知らん期間が約4~5年続くのです
レコード屋にも置いてることは珍しいくらいでした
世の中はキョンキョン
掘ちえみ、伊藤つかさ、たのきんトリオなどなど
アイドルの天下でした
アイドルも黄金期だったんです

そんな中、BOOWYは
「MORAL」
「INSTANT LOVE」
「BOOWY」
「JUST A HIRO」
とアルバムを出しますが
ちょっと人気が出てくるのが
次の「BEAT EMOTION」です
あと「PSYCOPATH」で解散ですから絶頂期が短い!

しかし、当時どんなメディアもこぞって取り上げた
「バンドブーム」
を作ったきっかけはBOOWY以外のなにものでもない

今 いろんなバンドのボーカルがしているマイクパフォーマンスは
BOOWYのボーカルの氷室京介(昔は狂介ね)のステージングスタイルが原点だとはそいつらも知らないと思います
例えば
モニターに足をかけて歌う
は、俺の記憶では氷室が最初のような気がします

それほど氷室京介のボーカルの
かっこよさは、ずば抜けてました
俺も少なからず影響されてます(笑)
俺のマイクを小指に挟んで持つ
はいはい 氷室の影響ですよーだ(笑)

そして BOOWYがバンドというものに市民権を与えてくれたおかげで今まで閉鎖的だった日本のロックシーンは間違いなく進化しました
今まで不良の代名詞だったロックを
一般の人まで普通に聴く時代がきたのです
当然 学校にもバンドを組む奴が溢れました
やってないのはクラブしてる奴かがり勉くん
あとはみんなやってる勢いです
東高校の卒コンなんて2回に分けてやりましたもん
そんな「にわかロッカー」じゃなく
前からやってるような俺たちみたいなのが人気出てくるんです

俺たちが
「BOOWYカッコエエ~」と思い、
「なんで売れやんのやろ~」
と言ってても
テレビ、メディアの力ってのは凄いもので
あれほどカッコエエバンドは万人が観たら一発!であります
今までテレビなんかには出なかったBOOWYがテレビに出るや否や
BOOWYは一気にスターダムにのしあがり出します

そして、すぐにバンドブームも巻き起こっちゃいます

テレビもアホなもんでどんなバンドでも取り上げました
猫も杓子も出てましたね~

しまいにゃ訳のわからんアマチュアまで出す始末
コンテストの関西大会とか普通に全国放送するんですよ(笑)

そして極めつけは
テレビ局がバンドのオーディションをして
それをいちから放送する
オーディションのような番組なんです
今じゃ考えられません
だからそのオーディションに落ちても放送に乗ってるから自然と人気が出てしまい
デビュー!
結果なんかどうでもいいのです(笑)

もうロックバンドの硬派なイメージがメディアのおかげで崩れてきます

滅多に自社番組を作らないテレビ和歌山でさえ!
テレビ和歌山でさえ!
テレビ和歌山でさえ!
バンドオンリーの週間番組(30分番組)を作ったんですよ~
笑うでしょ(笑)
毎週土曜日 夜11時 Sound on Sound

うちのバンドもこのブームに乗って
「いま和歌山で一番のバンド」
っちゅうて毎週出てました(笑)

ほんまにテレビが与える影響ってのは凄くて
俺らみたいな海のもんとも山のもんともわからんバンドが1年足らずで県文満員ですから(笑)

アガサスなんか向こうから
「今月は何を書きましょ?」
ですからね~
今じゃ俺 無視されてんのにね(笑)

そんなこんなもBOOWYのおかげであります

しかし ブームはテレビが入った時点で廃れるのも速い!
また悪いことにテレビブームで廃れたら復活しないんです
これは俺たちバンドには迷惑なおつりでした

あっ 話がそれました
それほどBOOWYってバンドは
短期間で、
大爆発し、
今もバンドマンに無意識にも影響している
バンドなんです

すごいですね~
BOOWYのライブは3回ほど行ってます
初めてBOOWYを観たのは
大阪 バナナホール
(バナナでっせ!BOOWYがバナナやで!ライブハウスでっせ!)
最後に観たのが大阪 厚生年金会館 大ホール
大出世です!

バナナで貰った布袋のピックと
徳間ジャパンから出た最初の廃盤アルバム2枚は今も俺の宝物です!



(代表曲)
わがままジュリエット
マリオネット
B BLUE

あえて売れたものが代表曲です
ちなみに俺はこれらの曲には否定的です
もっと素晴らしい曲がたくさんあります

BOOWYの解散はいろんな説がありますが
ここでは書かないでおきましょう
復活はあり得ないかも知れませんが
いま一番日本が再活動してほしいバンドでしょう
特に業界はね(笑)

もしそれが実現したならば日本のバンドシーンはまた噴くでしょうね
アコギの時代は終わるかもしれません
そんなパワーを持ったバンドです

俺ももちろんもう一度観てみたい
と思っているバンド

暴威=BOOWY

かなり危険なバンドでした!
スポンサーサイト
バンド列伝になってしまった(笑)


どうも!SEIZYです!

先日、西宮へ行く「キューちゃん」の中で
BGMに「THE TIMERS」
とツイッターに書いた
TIMERSのいつものゴキゲンサウンドやけど
かえっていろいろ考えさせられたね~

THE TIMERSといえば
知らない人しか
(この「しか」は「シカ」ではなくて...ややこしいな!笑)
知らない人しか多い?かな?

故、忌野清志郎氏がRCとは別に突然結成して突然解散したバンドです
(TIMERSでは名前が「ゼリー」でした)

RCとの関係は?
と聞かれ
「RC?あんなクソジャリタレバンド 知るかよ!それに俺はキヨシローじゃねぇ!」
と言ってました(笑)

メンバー全員マスクやらヘルメットで顔を隠し
なぜか土木作業員の格好
とにかく世の中の「悪」の部分を批判する
あくまで正論でしたが...

当時はどっちかというと
「世の中の批判や矛盾を面白おかしく風刺する」
そんなパロディ色のほうが濃かったと思いますが

それがシャレでは済まされない事態になった今、
もし清志郎がいたらきっとTIMERSをまたやってるやろな~
どんな「TIMERS」をやってるかなぁ~?
と思いました

RCでサマータイムブルースの
カバーを替え歌にして...
完全に「原子力発電所」
を唄ってます
ゲストに泉谷しげる
あと...ナンノちゃん?
この人たちと
「原発はもういらねぇ!」
「いらねぇんだ!バカ!」
と叫びまくっております
この曲の泉谷さんがかなり笑わせてくれます

ちなみに「ラブミーテンダー」
では「核」を唄ってます

これらのカバーを集めた
「カバーズ」が東芝から発売...が
東芝が発売自主規制
そしてFM東京にて全曲放送禁止
すべて「東京電力」関係会社ですね(笑)

この1件をTHE TIMERSが逆襲!
あの有名な
「ヒットスタジオ事件」
になります
この事件でTIMERSは二度とメディアに出ることはなかったですが
どんな事件かって?
んなもん怖くてブログにも書けません...(笑)
興味ある方はYouTubeでどうぞ

SEIZYはTIMERSがかなり好きでありました
というか今でも好きで
キューちゃんは俺を乗せ、ゴキゲンにTIMERSを唄ってます

あ?バンド列伝みたいになってもた
まっいいか!

これ バンド列伝です(笑)


THE TIMERS
ザ・タイマーズですが実は「時間」のことではありません!
大きい声では言えませんがホントは
「大麻ーズ」です
たぶん「ザ・タイガース」をもじったんやと俺は想像してます

清志郎
「タイマーズは極悪バンドでいくつもりだったけど国のほうが極悪になっちまったからやめた!」
そうです(笑)


みんなも知ってそうな有名な曲は
スーパーカップのCMソングの
「デイドリームビリーバー」
♪ずっと夢~を見て~安心してた~僕は~♪
ですね
あれが唯一放送できる曲ですし(笑)


代表曲
タイマーズのテーマ
ロックン仁義
(この曲は好きですね~)
覚醒剤音頭
あこがれの北朝鮮
総理大臣
FM東京(ある意味代表曲)
ちなみにFM東京の大株主は「東京電力」です

もうタイトルだけでお茶の間に流れてはいけない匂いがプンプンしますね(笑)


ホント謎だらけで
ロックで
パンクで
イカしてるけど
ダサさもあって
カッコいいバンドでした

...滅多にお目にかかれなかったけど(笑)

あの世で言ってることでしょう
「けっ!だからいらねぇって言ってただろうが!イモが!」


写真が
THE TIMERS
ねっ!見た感じもヤバそうでしょ?(笑)


バンド列伝(久々...)
どうも!SEIZYです!

車はやっぱり快適なのがいい!

ってことで
ただ音楽が鳴ってるだけやけども
ゴキゲンな気分で走れます

今日のQちゃんは
朝からロックンロールバリバリで唄ってました

SEIZYが昔から大好きな
レッドウォーリアーズ

ヨコのり、タテのり
バチバチの
ロックンロールバンドです

ということで
久しぶりの...

「バンド列伝」

久しぶりすぎて
何回目か忘れた(笑)
誰か知ってたら教えて

レッドウォーリアーズ

このバンドは絶対
バンド列伝に入れなきゃいけません

通称「レッズ」
1980年
世の中はバンドブーム
に入る少し前
燦然と現れたバンド
レッドウォーリアーズ

あの有名な
レベッカの前身バンドから抜けた
ギターの木暮(シャケ)
とドラムの小沼(コンマ)
の2人と
ベースのキヨシ
ボーカルの田所豊
(ダイヤモンド☆ユカイ)
の4人編成

ギターのシャケは後に
レベッカのボーカル
nookoと結婚そして離婚
ボーカルのユカイは
女優の三浦理恵子と結婚そして離婚

分厚く筋の通った
日本離れしたロックンロールサウンドにイカれてしまいました

最初は
「なんじゃ スライダースの真似かいな」
と思ってたんですが
音を聴いてビックリ!
「うお~!ロックンロールやで~!」

スライダースとは違った
ロックンロール
うまい表現をすると
日本人向けアメリカンテイストです

デビューも
スキャンダラスでした

彼らのキャッチコピーが
「SEXよりも気持ちいい!
DRAGよりも気持ちいい!」
でしたから(笑)

しかしファーストアルバムに綴られた
名曲の数々がホンマに
気持ちよかった!
その証拠に今でも彼らの代表曲は
ファースト、セカンド
の曲が多いです

デビューしてからも
スキャンダラスは続きます
テレビの某有名歌番組に
出た彼らの第1声
「ふざけた日本の音楽界とお遊戯のようなアホなアイドル界をぶっ潰しにきました」
そのセリフで
この局を出入り禁止になりました
(たしかにふざけた音楽界やと思いますが)

彼らの醍醐味は
やはり「ライブ」
かっこよすぎるユカイのステージング
とシャケのシングルコイルギター※
コンマの重圧感バリバリのドラム
キヨシのハジケるようなベースは
観る者を圧倒します

俺もライブを観たときは
ぶっ飛び、かっ跳び
でした

今でも車などで聴くことが多いのが
「いい音、いいバンド」
の証でしょう

代表曲
「SHOCK ME」
「WILD CHERRY」
「LADY BLUE」
「バラとワイン」


※シングルコイル
ギターの内蔵マイクの種類
普通はハンバッカーといってふたつ着いてるが
シングルはひとつ
独特の重く、古臭い感じの音が出る
バンド列伝 5
どうも!SEIZYです!

超~久しぶりに
バンド列伝をやりましょか

このコーナーは
俺が好きな、もしくは俺に音楽的影響をもたらした
素晴らしきバンドを紹介するものです

もぉ~
SEIZYが大好きな
ロックンロールバンド
というより
イッツ ア ライブバンド
耳で聴くより観ろ!
の代表格

「RED WARRIOUS」
レッドウォーリアーズ
略して「レッズ」
訳して「赤い戦士」
とまるでSEIZYのようですが(笑)

このバンド
説明不要なほど
めっちゃめちゃカッコええバンドです

彼ら自体そんなにスーパーメジャー級やないと思うけど
聴くきっかけはデビューしたときのテレビCMでのコピーでした
いやぁ~衝撃的でした

「SEXよりも気持ちいい!ドラッグよりも気持ちいい!」

このデビューの時点でメディアには二度と出てくることがない!
というより出る気などサラサラないと思わせる危険な香り
どんな音なのか聴いてみたい衝動がありましたね

ファーストアルバム
「Lesson1」の1曲目
「SHOCK ME!」
はい!見事 やられました
秒殺です(笑)

「アルバムの1曲目はアーティストの色を決定づける」
「生かすも殺すも1曲目」
1曲目は「インパクト」よりも「色」
というのはレッズの数々のアルバムから習得しました

そんなメディアには縁遠いレッズが1度だけテレビに出たことがあって
このときに言わなきゃいいのに
「ガキのお遊戯みたいなアイドル界と腐りきった日本の音楽シーンをぶっ潰すために来ました」
発言で...
二度とテレビに出ることはありませんでした(笑)
THE タイマーズといいレッズといい
俺の好きなバンドはなんでいらんことゆうてテレビに出てこれやんようにすんねん!
と思ったもんです(笑)

そんなレッズですが
太い筋の通ったロックンロールと
何もかもカッコよく仕上げられたアレンジ
音源の各パートの音の良さ
バラード良し!
速くて良し!
観るのは尚良し!
の3拍子に俺たちはワクワクしながら聴いたものです

ちなみに関係ないですが
ボーカルの
ダイヤモンドユカイ
は三浦理恵子さん
の元旦那
ギターのSHAKE(シャケ)
はレベッカのNOKKO
の元旦那です

レッドウォーリアーズ
後にも先にもこんなライブが似合うカッコええバンドはないですね


RED WARRIOUS
(代表曲)
彼らはどちらかというと
マイナーなバンドですのでメガヒットとかがない!
代表曲という表現は変ですが、俺が思うところの代表曲を書きます
「SHOCK ME」
「ルシアンヒルの上で」
「LADY BLUE」


さて 次回はどんなバンドが登場するでしょうか?

お楽しみに~!
(してる?笑)


SEIZY SOLO STAGEまで
あと46日!
バンド列伝 5
どうも!SEIZYです!

以前、博多ロックに関するのブログを書いたね
やはり日本のロック史を語る上で九州のロックは外すわけにはいかないのである

そして 数ある九州のバンドたちの中でも人気はあるがそんなにパッと出てこないバンド

それが
「ARB」

Aアレキサンダー
Rラグタイム
Bバンド
である

今は俳優になってしまった
ボーカルの石橋凌を中心とした
正統派の男臭いロックバンド

ARBのように九州のバンドの特徴
それは「男臭い」のである
そこにSEIZYは魅力を感じるんだ

九州ロックの中でも俺がカバーする曲で一番多いのが
このARBかもしれない

SEIZY ACOUSTIX COVERS
にも「淋しい街から」
という曲を入れている

このバンドは
ミーハー的な扱いを受ける九州バンドが多い中
どちらかというとほんまもんのロック好きに支持された
ミーハー要素がないバンドのようなところがあった

「ワークソング」

ARBのスタイルである
労働者に焦点をあてた曲がいかにも庶民の身近な幸せ、不満、訴えを見事に代弁してくれた

これが「男臭い」の上に
「汗臭い」まで加わった男ロックの代表格

よってファン層も
女性より男性のほうが圧倒的に多い

バラード「SIXTEEN」
の死んだ彼女への曲で
「神も何も知らない」
と天に唾を吐く石橋にSEIZYはロックの真髄を見たのであった!


代表曲
「魂こがして」
「BOYS&GIRLS」
「さらば相棒」