SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
SEIZYが大好きな
20091130120058
どうも!SEIZYです!

今は秋のGⅠシーズンです
それにちなんで
俺が大好きな
ホースレースの魅力を、なぜSEIZYはホースレースが好きなのか?
をたっぷりと書きたいと思います

まず「競馬」とは
一般的に「ギャンブル」なイメージがあります

そりゃ「馬券」を売ってるんやから当然といえば当然です
否定はしません
そのためにまだまだ「競馬」をあまり知らない人やギャンブルが嫌いな人にはやっぱりウケが悪いところもあるでしょう

しかし ギャンブルを抜いた視点で競馬を見たら本当に感動的なことばかりなんです

例えば
他のギャンブル系の
競艇「船」や
競輪「チャリ」と違い、
競馬には
「血」が通ってます
本場イギリスでは
「ブラッドスポーツ」
と呼ばれてもいます

ここにギャンブルを超えた
「感動」
があるんです

その「血」とは
代々受け継がれた
証、宿命、栄光...
いろいろなドラマがあります
1頭の馬がいて、その馬の父も母も祖父も祖母もはたまたその上も全てレースを走ってきました
もちろん兄弟もいます
俺たちはその馬の歴史を知っているんです

例えば
「父」が1番人気になり、勝てなかったレースに何年か後 子供が出走して無念を晴らす

「父」と同じレースに勝ち、親子二代制覇を達成
三代制覇もあります
もちろんその当時ライバルだった馬の子も出てるでしょう

でも親子はやっぱり親子で
どこか似てたり
負け方も勝ち方も同じだったり...
なんとも憎めなくかわいい(笑)

いかにも日本人好みの浪花節です

というように長くファンをしていればしているほど魅力が出てきます

そのレースが来ると去年、そのまた去年とか、出てる馬の父母話、もちろん予想話まで
友達と喋るのもええもんです


自分がかつて応援した馬の子がまたいつか走る
もしかしたら母も父も好きな馬かも知れません
そんな子はもう応援せずにはいられません(笑)

その馬に何人ものスタッフが関わっている
ここにギャンブルを超越した
とても「F1的」
それに「スポーツ的」
な「良さ」があります

「競馬の何が好き?」
とよく聞かれます
そのとき俺はいつもF1を例えて話します
すごくF1に似てると思います
1台の車に何人ものスタッフの結晶が詰まってる
スタートしただけで歓喜する関係者やファン

俺がよくする例え話ですが
かつてレース中の事故により、この世を去ったアイルトンセナという名ドライバーがいたのはF1ファンじゃなくても誰でも知ってますよね?
彼にもし、子供がいたとして、同じドライバーになったとします
当然期待されるでしょう
でもセナほどの腕はなく、なかなか勝てません
しかし、父の最後となった開催地のレースで奇跡の初優勝!したとしたら...
表彰台で「父と一緒に走りました」
とか言って涙を流したら...

感動しませんか?
涙ものですよね?
誰かに喋りたくなりますよね~?

競馬の世界ではこれが起きてるんです
人か馬かの違いはありますが...
ここに馬券うんぬんはもう関係ないです
もし買っててもそんなドラマを見れただけで悔しさはなくなります

そのように馬券を買わなくても楽しめるスポーツ
そりゃ買うときもありますけどね

馬券を買っても100円で約2分のドラマを楽しめる
これはゲーセンより安い!
しかも当たれば何倍にもなって返ってくる!

好きな馬の単勝馬券なんか名刺のような名前入りですから
記念にもなるしお守り代わりにもなる
俺の財布にも入ってます

サラブレッドは走るために生まれてきた
もちろんそうなんやけど
そのひたむきさが勇敢で力強くて勇ましくて
そしていじらしい

それに彼らは走ること、勝つことを知っているんですよ
「鞭で叩かれて可哀想」
という人もいますが
彼らは実はわかってるんです

あれは騎手のゴーサインの意志を伝える道具なだけであんなゴツくて大きな馬体に鞭は痛くないと俺は思います
痛かったらその場で
「ヒヒ~ン」となるはず
走りながら鳴いてる馬なんて見たことありません
鞭が入った瞬間
目つきが変わり、馬体が低く沈み、矢のように加速する
そんなギアのようなもんです

初めて競馬場で生で見たお馬さんはあの
「オグリキャップ」
馬券も買えないまだまだガキだった俺にはオグリはちょっとした芸能人のよう、
立派な有名人でした

その時のオグリの
地を蹴って走る力強い地響きと威風堂々とした馬体

「これがあのオグリ」
と、ただただ 無言で感動してた

そんなオグリは地方の馬なんであんなに強いのに中央の規定でクラシックレースに出れませんでした
そのオグリの最初の子
「オグリワン」
がクラシックに出たんです
彼を応援せずに誰を応援します?(笑)
残念ながら負けましたけど
でも翌年、オグリの妹オグリローマンが桜花賞というクラシックを制しました!
さっきの例え話やないけど素直に感動しました!
明くる日の新聞の見出しが
「兄さん やったよ!」
....ウルウルです

俺が桜花賞を好きになったきっかけがこれです

今でも時々
馬券を買わなくても競馬場へ行って
そんな馬たちを見る
応援してる人を見る

「競馬ってええなぁ~」
と、必ず思いますよ

「知らなければずっと知らない誰もが知りたい最高のドラマがある」

俺が競馬につけてるコピーです

競馬について話しだすと24時間番組でも組んでもらわなきゃ語れませんからこれくらいにしときます
続きは昔のように俺のライブで喋るかも知れません(笑)

文中、分かりやすいように「競馬」と書きましたが

「競馬」と呼ばずに
「ホースレース」と呼びましょう



写真は
オグリキャップ
種牡馬になってすっかり白くなった姿
スポンサーサイト
あらららら
どうも!SEIZYです!

外しましたっ!

ウォッカが来てしまって
これでジャパンカップを勝った唯一の牝馬ってことになりました

ん~~素晴らしい快挙に喜びたいけど...
予想 外しました!

....って
馬券は買ってませんが(笑)
人気馬気持ちよくぶった斬ります!
どうも!SEIZYです!

本日はホースレース世界一決定戦
「ジャパンカップ」

去年は我が愛するグラスワンダーの子供
「スクリーンヒーロー」
がアッと驚く人気薄での優勝をしました!

今年もスクリーンヒーローは出てますが
2年連続勝てるほどジャパンカップは甘いレースじゃありません

そして1番人気の女傑
「ウォッカ」

天皇賞でも自信を持って消しました
この子がまだ1番人気になる理由がわかりません
特に牝馬の力は長くは続きません
確実に去年がピークです
前にも書きましたが
彼女は
「ダイワスカーレット姫」
ありきの存在です
ライバルがいなくなれば勝てなくなるものです
確かに強いのは認めますが幾多の名牝が勝てなかったジャパンカップ
去年より着順をあげることはないでしょう
よくて5着です

レッドにも同じことが言えます
この子よりウォッカのほうが強いです
ウォッカが勝てないものをレッドが勝つのは考えにくい
よくて6着まで

リーチザクラウンはGⅠをまだ勝ってません
ジャパンカップというビッグタイトルはまだまだ荷が重いです
3着がいいところ
この子は有馬で狙います

さて残ったのは...

イギリスから来た
「コンデュイット」
世界のデカいレースをことごとく勝ってきました
「ジャパンカップは日本馬優勢」はもうおしまい
今年は外国馬同士決まるかもしれません
ローテがきついと言われてますが名馬にそれは通用しません
あのオグリキャップは連闘でレコードの2着に来ました

オウケンブルースリ
強いイメージがないのですが
トニービンの血は東京で買わないといけません

SEIZYの予想
1 コンデュイット
2 オウケンブルースリ
3 リーチザクラウン

マーシュサイド


久しぶりにブログ上で予想しました!(笑)

当たったらお祝いのお言葉をくださいね

ハズレても責任は持ちません(笑)
ん~~ちょっと27日までに間に合わなかったか!
どうも!SEIZYです!

今日(27日)はバタバタしててブログも書けませんでした

って 今書いてるんやけども(笑)

だからというわけではないが、これと言って何も起こらないただの日でした

ひとつ気がついたことは

昨日今日とホンマ「いい天気」
空の「ええところ」が全部出てる日です

♪ああ~あの青空に手をかざして~♪

と普段めったに口ずさまない自分の曲が出てしもた日でした(笑)

そういえば
ミュージシャンって自分の曲を普段あんまり口ずさまんような気がするんやけど~

みなさんはSEIZYの曲とか口ずさんだりするんでしょうか...?

バリバリに自分の曲口ずさむシンガーはいるんでしょうか?

それともやらないのは俺ぐらい?

小さな疑問が湧き出た日でした...
およげ!たいやきくん
20091126124447
どうも!SEIZYです!

今日の「お昼」は
たいやきです(笑)

最近たいやきが再ブームらしいですね

店もやたら増えました

中でも「白いたいやき」があるんです!
これが冷めたほうが美味いと...

店が増えるのは
たいやき好きの俺には
嬉しい限りですね

時代は繰り返される
と言いますが、前のたいやきブームはいつやったか...
かなり前でしょ~


とにかく!
たいやき食べま~~す
魂て箱 外伝 四
どうも!SEIZYです!

今日は久しぶりに
「魂て箱 外伝 四」
そして「海」の巻~~!


さて もうすっかりみなさまに可愛がってもらっています
「魂て箱」ですが
その中でも他の曲を凌ぐかの如く意外と人気が出た曲が
この「海」であります

SEIZYの狙いは
「誰かれと唄えない、作れないアダルトな感じのラブバラード」でした

でも正直 ここまで人気曲になるとは思いませんでした

数多いSEIZYの曲の中でこれほど短期間に急上昇な人気を博した曲も少ないです
俺の曲はだいたい聴いてるうちに好きになるか、今までなんてなかったのにその時の心境で急に好きになるかのどちらかが多かったんです

そういった意味でも
「海」は俺の中でも特別な1曲になりました


誰もが辛いことに直面したとき 誰にも言えない、でも誰かに頼りたくなることってありますよね

海のような広大な愛で思いっきり甘えさせてあげよう...がテーマです

この曲の場合
俺がどうのこうの言うより みなさんの中でなんらかの思い入れや解釈があると思います

「愛される曲」や「ええ曲」というのは
作者が講釈言う前に聴き手の胸の中に一人で歩いていって育っていくものなんだな...と「海」は教えてくれました

みなさんなりの気持ちでころからもSEIZYの曲たちを膨らませていただければ
「これ幸い!」
です


次の「魂て箱 外伝5」
は、「拳道」の巻です

しばし 待たれいっ!
QUEEN フレディマーキュリー
どうも!SEIZYです!

今日11月24日は
SEIZYが大好きな
QUEENのボーカリスト
「フレディマーキュリー」
の命日であります

大好きなミュージシャンは数あれどフレディほど才能に長けた者はいない

まさに音楽をやるために生まれ、音楽をやめるために死んでいった人
それがフレディマーキュリーです

本当に数々の名曲を残してくれました
今でもその名曲たちはさまざまな所で、さまざまな場面で広く愛されています

それもQUEENの曲がいかに名曲だったかを語る証拠でもあります

ボヘミアンラプソティー
Love of my life
?was bone to love you
We are the champion
We will rock you
etc...

数え上げたらキリがありません

残念ながら彼はバイセクシャルのためエイズによってこの世を去りました

それからもQUEENはジョージマイケルをボーカルに迎え、再結成しましたが
フレディの表現力の凄さを再認識するだけでした
ジョージもたしかに歌唱力はあるんですがね~
いかにフレディがうまかったかわかりました

QUEENの曲なんて唄いにくくてしようがありません(笑)

あれは聴くものです

あれからもう20年近く経とうとしてますが
QUEENの名曲たちは
今もなお、あせることない輝きを放っています


俺も死ぬときは
ミュージシャンとして
こんな曲たちをいくつか残せたら死に甲斐があるってもんですね...

フレディが死んだ日...
まだまだ全然若かった俺は今まで一度も考えたことがなかった
「死」
というものを考えた日でもあります
大丈夫ですか~?
どうも!SEIZYです!

昨日の寒さでみなさん風邪などひいてないでしょうか?

外でやるっていうのは過酷なことですからね~
夏は暑いし冬は寒いし...
まあ季節とか天候には逆らえませんからね~
俺も気合い入れます!

今日はまた一段と昨日より寒さがキツい気がします
雨もポロついてるしね~

昨日でなくて
よかったよかった
サンキューベリマッチ!
どうも!SEIZYです!

寒い中
ホンマに寒い中
来てくれてありがとう!

毎回 思うことですが
いつも楽しみにしていただき、
来ていただき、
満足していただけたかはわかりませんが、
していただけたと信じて...

ありがたく思います
改めて...
SEIZYファンはみんなホンマにええ子やなぁ~

今日はSEIZYのデビューから現在までをストーリー仕立てでお贈りしました

今日は沢山喋れてよかったですね(笑)

もちろん来月もやる意向です

さっきも言いましたが
激寒やと思いますんで
自分の体 第一に優先
SEIZYは 第二
で来てくださいね

本日はサンキューベリマッチ!でした!

みなさま 気をつけてお帰りくださいませ

また やろうぜ!
お知らせ~!
どうも!SEIZYです!

みんな知ってる?
知ってるはず
やけども知らん人もいてるんちゃうかなぁ~

今日は「あれ」やで

SEIZY IN 和駅
ストリートライブデー!

実は「お知らせメール」を出してないことが発覚!

ラジオでも言ったし
この前 ここでも書いたし

まっ みんな当然ブログ読んでるやろし...

ということで
本日 7時すぎに始めたいと思います

今は幸いちょっと暖かいっぽいけど
やっぱり夜は寒いと思われます

できるだけのフル装備で来てくださいね

俺もできる限りの重装備で行きます!

でわでわ
本日のSEIZYサミット

和駅へGOooooo!
バンド列伝 4
どうも!SEIZYです!

前回「クールスRC」を紹介しましたが
ミッキーカーチスや内田裕也(寺内タケシとブルージーンズ)などを起点として
日本のロカビリーはここ(クールス)からブラックキャッツ、MAGICなどへと続いていきます

かの有名なキャロルはどちらかというとロカビリーよりもビートルズの色が濃く、
ロックンロール的でした

じゃあロックンロールとロカビリーの違いって何?

似てますよね~
ややこしいですよね~

基本的には同じようなものなんですが
これは長くなるのでまたの機会にしたいと思います

さて、ロックンロールといえば
忘れちゃいけない
まだまだロックンロールに閉鎖的だった一般大衆に
より一層の市民権を与えてくれたであろう
偉大なロックンロールバンドがいます



THE CRAZY RIDER
横浜銀蠅
ROLLING SPECIAL

です!

この 当時日本一長いネーミングと
どこをどう見ても
「良い子」ではない(笑)
風貌で一瞬のうちに有名になりました

ほとんどの曲のタイトルもまた長いんですわ これが...

彼らの何が凄いかっていうと
流行らせたのが
ロックンロールだけではなくて
「ツッパリ」
「ヨロシク!」
「バリバリ」
「サイコー!」
「~っきゃない!」
といった言葉
俺たちは不良じゃない
ツッパッてるんだ!
ですね

同時に「暴走族ブーム」も巻き起こりました

まさにロックンロールとヤンキーの合わせ技一本!です

ある意味社会現象になりました

その影響でどんだけ
「ヤンキールック」
な服を置く店が増えたことか...
革ジャンにドカン(太いズボンね)細いベルトはどのメンズの服屋でも売ってました(笑)

ヤンキーにも市民権をもたらしてくれたわけですね
ヤンキー=格好いい
まぁ~ヤンキーのモテることモテること(笑)

その彼らのおかげで俺もロックンローラーではなく
「不良、ヤンキー」
と呼ばれてしまうのです(笑)

それに世間で言う「ワル」以外にもわりと真面目な子まで銀蠅を聴いていたということ
これは凄いです
この世にロックンロールが完全に浸透しました


彼らを「下手」だとか「素人」だとか批判する声もたしかにありましたが
そんなの関係ありません
昔から言ってるけど音楽は
「やったもん勝ち」
です

下手なミュージシャンやグループは今でもたくさん出てきています

ほなお前ら下手でもええからいっぺん社会現象起こしてみぃっ!です

それに銀蠅は決して下手ではありません

ラジオでも言いましたが
TAKUのベースなんか
バリバリです
(あえて銀蠅語)
これを弾きながらコーラスするもんやから「もう脱帽」です
翔のロックを唄うために生まれてきたかのような声と
JOHNNYのノリノリのギター、
嵐の歯切れの良いリズムはまさに「上物」のそれです
それにメンバー全員
作曲はできる!
作詞はできる!!
歌も唄える!!!

曲もよかったですねぇ~
ロックンロールのリズムに
「土曜の夜」
「マブいあの娘」
「ハイウェイ」
「ポニーテール」
「ベイべー」
「とばすぜ!」
このキーワードを入れれば銀蠅になってしまうわかりやすさ(笑)

このキーワードで即興で詞を作ったら

「今夜は朝までrock'n'roll」

作詞 SEIZY

土曜の夜さ
マブいあの娘と
ハイウェイドライブ
ポニーテールが風に揺れ

イカすぜベイべー!
とばすぜハニー!
今夜は朝までロックンロール!


さっきのキーワードと最後にタイトルを入れただけで銀蠅の曲の1番が出来上がってしまいます(笑)

単純明快 説明不要
何がええから...とかじゃなく
ただ 体が自然にリズムをとる
歌詞とかメロディーとかの良さも去ることながら
ハナからラストまで
ゴキゲンナンバー突っ走り攻撃!

今でもたまにホワイトキッスに唄わせて走ってます(笑)

もうスピード上げずにいられません(笑)
なんせアルバムの1曲目から
「ぶっちぎりrock'n'roll」
ですから

ハッピーマンデーの
「名曲あらためて」
でもいつか是非やりたかったんです
だから先月紹介させてもらいました

あと銀蠅が流行らせたもので忘れてはならないのが
「当て字」です
「夜露死苦」
「仏恥義理」
etc...
彼らのおかげでなんでも難しめの漢字にするのが大流行しましたね~

当時、誰でも自分の名前を間違いなく持ってたはずです(笑)

ちなみに俺は

「畝威兒(せいじ)」
でした(笑)

勉強できない奴らが「辞書」をひいたのはこれが最初で最後でしょう(笑)

そして間違いなくそれを書くために発売されたであろう
「ペイントマーカー(特にピンク 懐っ!)」
それに「なめ猫」と文房具にまでツッパリブームは流れました
自転車や学生カバンには銀の横浜銀蠅のステッカー

恐るべし銀蠅!


1度は解散したのですが
実は今でも銀蠅は活動しています
こういう「いぶし銀バンド」がずっと続けてくれてる
これが俺たちには物凄い力の源になるのです

なんか尊敬してるのか
けなしてるのかわからん文ですが(笑)
横浜銀蠅...
不良呼ばわりされようが
ヤンキー呼ばわりされようが(笑)
俺はめちゃめちゃ好きなんです
たまにライブでカバーもやらせてもらってます!
ありがとうございます!


(代表曲)
「お前サラサラサーファーガール おいらテカテカロックンローラー(長っ)」
「横須賀BABY」
「ツッパリhighschool rock'n'roll(登校編)」
「汗かきべソかきrock'n'roll run」
「哀愁(わかれ)のワインディングロード」

中でも「横須賀BABY」と「哀愁のワインディングロード」は名曲中の名曲です
俺はこの曲が一等好きです!
何の因果かこの2曲は
デビュー曲と一度解散したときのラストの曲なんです


ちなみに曲調でいえば
「横須賀~」はロックンロール
「哀愁の~」はロカビリーですよ
月並みな...
1258597994-CA3A0027-0001.JPG
1258597993-CA3A0015-0002.JPG
1258597992-CA3A0031-0001.JPG
どうも!SEIZYです!

格好のブログネタ

ブログやってる誰もが書いてしまうネタやけども...

昨日の昼過ぎの
あの凄いレインボー見た?

まあ見事に端から端まで橋のように(シャレか?)
で~っかいのが

あんな見事なレインボーは俺の中では初めてであります

俺は車で走ってたんやけど
虹がサーってかかっていく瞬間を見ました
思わず
「ん?何あれ? お?
オォォ~~ッ」
でしたね~

その間 写メ撮ってる人の多いこと多いこと

道にバイクを停めて撮る人
自転車に乗りながらキャッキャ言いながら撮る高校生
職場から外へ出てきて撮るOLさん
そして車で走りながら手だけ出して撮るライオン丸(笑)
....と 100人くらい見ました

そやけどあそこまで見事やと撮りたくなるのが人情とライオン情いうものですよね

ちなみにふたつ虹が並んでました!

たぶん和歌山だけの
「思いがけない絶景」
やったと思います


見れなかった~とか
このブログを読んでくれてる他府県の人のために
そのレインボーな写真を貼っておきます

ん~レインボーイズビューティフル!
「あれ」のお知らせ
どうも!SEIZYです!

さあ~~
今週もやってきました

「あれ」

のお知らせです

すでにハッピーマンデーで告知したんで知ってる方もいらっしゃると思います

「だいたいこの日ぐらい」
と山をはってた方もいらっしゃると思います


とにかく 今週の土曜日21日は
SEIZY名物「あれ」の日です

場所はもうお馴染み
和歌山駅前のいつものところ

時間は7時からっちゅうことで


待ってるニャン♪
...ていうか
待っててニャン♪(笑)
昨日はオーライ!
どうも!SEIZYです!

昨日のハッピーマンデー
たくさんのメッセージ
ありがとうございました

ゲーム
やっぱり誰でもゲームが好きみたいで話が盛り上がりますね
あまりの盛り上がりに俺のことがあまり言えなかったんでこの場を借りて...

俺のハマったゲームはというと
やっぱり「ダビスタ」
ダービースタリオンでしょう
競走馬育成ゲームです
これははっきり言って
「どんハマり」でしたね~
ちなみに某競馬雑誌の全国GⅠ大会
「天皇賞 秋(GⅠ)」
うちの馬が優勝してます!

あとは...
ダビつく(ダービー馬をつくろう)、
ギャロップレーサー(騎手になってレースをするゲーム)
これは今でもたまにやってます

そして、太陽が黄色く見えるまでやったドラクエ(ドラゴンクエストね)
この頃は
「寝ることを知らない子供たち」でした(笑)

最近はDSやらPSPやらゲームが小さくなってきてあまりやらなくなりましたね
ゲームってやっぱりテレビの大画面でステレオ感がある音でやるのがベストと思ってます
あの新しいソフトに電源を入れた時のオープニングで「オォ~~」
あれが好きですから(笑)
小さくなるとちょっとね~...
こぢんまりとするのは性に合いません


それと昨日はあちらこちらにフォークソングが多くて俺的にはうれしかったですね~

放送中「ボソッ」と言った言葉が気になって気になって
調べてみました

気になったら即調べる!
ええことです(笑)

すみませんでした
「紙ふうせん」は
「五つの赤い風船」から分裂したんやなくて
「赤い鳥」からでした
「赤い鳥」が解散してピアノとギターの夫婦二人で「紙ふうせん」でした
あとハイファイセットとハミングバード
この3つに分かれたんですね

なんかボソッと「赤い鳥やったかな...?」
と言ったんやけどねぇ~
そっちが正確でした

あのころのフォークって結構複雑な相関図ですから...

まぁそこがおもしろかったりもするんですけどね
ユニットとかもいっぱいありましたしね~
「へぇ~この人とあの人が...」みたいな

もともとそのへんの「関西フォーク」はみんなどこかしら繋がってたりします
ちょうどハッピーマンデーオールスターズみたいな感じですね

仲間同士が集まって
「URC」という日本初のインディーズフォークレーベルを作り、関西フォークの風を日本中に吹かせました

俺らもなにかしらそういった「風」になっていければ最高ですね

音楽ってそれができる無限なる可能性を秘めたものですから...


さて「やればデキる子」ぶりを発揮した(笑)
ブルージーでシブい(?)ニュージングルもできたことやし
「ハッピーマンデー第3月曜はSEIZYの日」
これを合い言葉に

これからもどうぞ
よろしくニャ~~ン♪
今夜もオーライ!
どうも!SEIZYです!

さあ 今日もやってまいりました
毎月第3月曜は

SEIZYの
「今夜もオーライ!」



うそうそ(笑)

藪下将人の
「ハッピーマンデー」
第3月曜はSEIZYの日!
です!

みなさまのメッセージを待ってますね

今日のテーマは何がくるんでしょうか?
そして ポエムはどんなんでしょうか?

セッションは何がでるんでしょうか?

どんな話題で盛り上がるのでしょうか?

ゲストは誰なんでしょうか?

って おいおい
そこは「SEIZY」でしょ


みんな 聴いてね~!
なんか見てしまうんよね~
どうも!SEIZYです!

前々からず~~~~っとこれに遭遇する度に見てしまうもんがあって...

まあどうでもええっちゃどうでもええんやけど

ミニ○ーパーって車あるやん?
なかなかおしゃれなかわいい感じのイギリス生まれのあの丸っこい車

あれに乗ってる人の8~9割は必ずナンバーを
「32-98」
「・・32」
「・・98」
にしてる(笑)

気持ちは分からんでもないけど
猫も杓子もおんなじにせんでも...

街中でミニ○ーパーを見るたびに必ずナンバーを見て
「あ、この人もや」
と確認してしまいます(笑)

どうせやったら
ちょっとひねって
「32・32」
「98・32」
「99・88」
「和歌山く・・・8」
「和歌山み・・・2」
とかだったらあかんのかなぁ~
なんかルールみたいなもんでもあるんやろか...
寒くなりましたね~
どうも!SEIZYです!

この前の豪雨から急に寒くなってきましたね

さすがに寝るとき
上はTシャツに下はスウェットって感じになってきました

11月12月と「あれ」も寒くなりそうやから皆さんフル装備で来てくださいね

俺も寒い時期の「あれ」は2003年の週1の天王寺ストリート以来です

いやぁ~あのころはめっちゃストリートしてたなぁ~

でもあの頃ってなんかがむしゃらに唄いまくってただけのような気がする

自分の唄を大切にしないで...というか
ただ 数をこなすだけというか

今はまたちょっと違った感じで自分の唄と付き合える

たぶん みんなの曲に対するいろんな
「思い入れ」
をダイレクトに感じるからやろね

これからもみんなにたくさんの「宝物」を贈れるように気張っていけたらなぁ~
と思う今日このごろ...
魂て箱 外伝 参
どうも!SEIZYです!

さ~て 今日もやりましょうか


「魂て箱 外伝 参」
「雪」の巻~!

さあ 早いもので
「魂て箱」が発売してからもうすぐ3ヶ月になろうとしています

もう皆さんなりの
「好きな曲」
「好きな歌詞」
とかも生まれてきたかと思います

その中で
やっぱり俺としては思い入れの強い曲
それが「雪」です

前にも書きましたが
この曲は俺がソロ活動するきっかけとなった
「でかい1曲」です
そんな「雪」のエピソードをお届けしましょう


その当時 俺は
「A-BIS(エビス)」
というアコースティックユニットをしていました
内外国のポップスを中心にオリジナルをチラホラ
という構成でした
しかし 今になっては俺が金や赤な髪をして「MISIA」や「ドリカム」など弾いてコーラスしてたなんぞ想像もつかないでしょ?
風貌は今と同じでしたから(笑)

そんな俺がある日の深夜
友と遊んでました
友=「SEIZYソロナイト」や
「城ロック」に来た人なら覚えてるかと思いますが我がバンドでベース弾いてた あのやかましい「IBO」です

彼とあと一人でワイワイやっていた時
ちょうど雪が降ってきてね
「お~っ 雪や~」って

その時に俺が急に唄いだした
「♪白~い雪が~降っているぅ~ぅ♪」

そのあとの会話

SEIZY「おっ!今の唄ええない?」

IBO「そうか~?」

S「あほ 絶対ええて ちょっとギターや」

ギターを持って「雪」の始めを作り出す

「♪...繰り返すようにずっとぉ~♪」

S「ほれみぃ ええ感じやないか~」

I「ん~まあまあや しかしお前が作る曲はなんでこうも昭和って感じなんよ?(笑)」

S「このイメージはクールスの館ひろしやからじゃ!(笑)」

I「そのイントロがあかな
ジャンジャラジャンジャ~ンて(笑)」

「(笑)(笑)(笑)」

といった具合に笑いで終わったんですが
次の日にもういっかい唄ってみて覚えてたら全部作ったろうと思てました
1日経って忘れてたらたぶんええ曲やないと...

そして次の日
見事に「雪」は完成したのです!
パチパチパチ

できた瞬間
「これをみんなに聴かせたい」
「A-BISでやってもインパクトがない」
「どうしょう」

そして、その何ヶ月か後
ソロシンガーSEIZYとして活動しだした俺は
アルバム「雪のように」
を発売するのであった~!

もしもあの日
メロディーを俺が忘れてたら
ソロシンガーSEIZYは活動してたかどうか...

それほどSEIZYにとって大切な1曲

それが「雪」であります!


さて次回は
「魂て箱 外伝 四」
です!
お楽しみに!
なんと...
どうも!SEIZYです!

雨の次は「風」かい!

ナメられとるなこりゃ...


♪風はいつも気まぐれ
憂鬱を誘うから♪
(横道坊主「風」より)
覚えてる?
どうも!SEIZYです!

しかし今日の和歌山は凄かったね
なんでもこの悪天候は和歌山の観測史上初らしいですわ
台風でもないのにえらいこっちゃやったなぁ~
朝からパトカーやら救急車やらのサイレンがあちらこちら...

深夜のものすごかったらしい雷に気づかず俺は眠ってましたけどね(笑)

ていうか車進まなすぎ!
ちょっと天気が荒れるとホンマに対応できないのは問題やなぁ


それはそうと
今日!11月11日はな~んの日だ?

覚えてます?

SEIZYブログマニアなら覚えてるかも(笑)












そう 去年も書きました!







「ポッキーの日」
「恋人達の日」
です!

ポッキーの日は1111がポッキーに見えるから

そのほかにもふざけてるのか大真面目なのか
似たようなのがいくつもあります

もやしの日
煙突の日
下駄の日
靴下の日

すべて11に見えるかららしいのですが、恋人達の日ってのは靴下協会(そんな協会があるんか?)が制定したそうです
「この日に恋人にペアの靴下をプレゼントしましょう」
と呼びかけてるらしいです
なんでも靴下をペアで並べると1111やかららしいです(笑)

よっバレンタインの2匹目のドジョウ!
しかしまったく世の中に浸透してません(笑)
ダイエット!?
どうも!SEIZYです!

いやぁ~
サイト直しで久しぶりにPCと長時間の格闘
座りっぱなしで腰、背中にきましたわ~

その途中にこれまた久しぶりに体重計なるものに乗ってみた
毎回毎回まったく変わらずなんでこんなもん乗ることなんか滅多にないんやけど
ふと乗ってみた

すると
あら びっくり

2キロ減ってました!

あんな節制のない食べ方したり
晩御飯はいつも寝る前付近やし
お菓子はガバッと食うし
水分めっちゃ採るし
油っこいもん好きやし
インスタントラーメンなんか2個食うし...

でも 2キロ減ってました


サイト直してるときに我がブログをさかのぼって色々読んでみたけど(ホンマはPCサイトの「世の中なんて」に乗せる文を探しついでなんやけどね)

俺のブログ なかなかおもろいわ~!
(自画自賛!)

何回でも読める!

「世の中なんて」ももう40章を越えました
40章かぁ~
いやぁ~今までかなり怒ったなぁ~(笑)
バンド列伝 3
どうも!SEIZYです!

今日ご紹介するイカしたバンドは

俺にロックンロール&ロカビリーのかっこよさを教えてくれた

「クールスRC」

オカンの影響でガキの頃から50'S(フィフティーズ)が好きやったSEIZY少年は当時でもすでに懐かしかった「ダイアナ」や「ロングトールサリー」
「恋の片道切符」など俗に言う「オールディーズ」をよく聴いていた

一度好きになるとトコトン研究熱心なSEIZY少年は日本のロカビリーバンドに辿り着きます

それが
クールスRC(ロカビリークラブ)

元々キャロルの親衛隊でキャロルの移動車の護衛をハーレーを乗ってやっていたという暴走族みたいなグループでした
しかし、いざバンドになってみると
アメリカンポップスを見事日本風に仕上げたロカビリーばりばりのバンドでしたね~

恐らく現在でも彼らを凌ぐ本格派なロカビリーバンドはないと思います

今の有名どころでは
クレイジーケンバンドのケンさんは元クールスのボーカルなんですよ

そのほか館ひろしさんや
岩城晃一さんが元メンバーです

SEIZY少年はこのあたりから
「リーゼント&革ジャン」
を好みだし、ロッケンローラーやのにヤンキーと間違われだすのであった(笑)

代表曲
「シンデレラ」
「Mr.ハーレーダビッドソン」
「CLIMAX」


さて次回は
ロッケンロール繋がりで
日本が誇るもうひとつの偉大なバンドを紹介しましょう!
お待たせしました!
どうも!SEIZYです!

我がサイト
SEIZY OFFICIAL SITE
無事復旧いたしました!

トップ(PCかMOBILか選ぶページね)もページタイトルを変えましたんでブックマークを新たにしていただくことをオススメします

アドレスも変えなければあかんかなと思ってたんですが従来通りいけましたのでよかったです

毎回のことながら
もひとつPCものにはちょいと弱い俺ですがなんやかんやでできました!


長らくご迷惑をおかけしましたがこれからもよろしくニャン♪

http://www8.plala.or.jp/seizy/

魂て箱 外伝 弐
どうも!SEIZYです!

さてさて
またもやこの企画で今日はいっときましょう

「魂て箱 外伝 弐」

今回は
「夢の彼方」

魂て箱に入れるラインナップの中に必ず入れたかった
「ポップなナンバー」
それが
「夢の彼方」です

SEIZYの楽曲は比較的重たい曲が多いので軽快でポップな「飛び跳ね部分」はかなり大事です

ポップなナンバーには「愛」な歌詞が似合う!
ということで
「夢の彼方」はラブソングに仕上げました
このテの曲はラブソングになる傾向がSEIZYには多いです(笑)

前にも書いたとおりネタの中を聴いてみるとこの曲のサビだけがあり「これがええかな」とAメロBメロと作っていきます

この曲は早かったですね~
あっという間にできてしまいました
レコーディングもわりと早くイメージ通りに出来上がってしまい、このアルバムの完成度と自信を確信しました

それほど2曲目のこの曲がある意味「肝」だったわけです

「雪」や「恋のプレゼント」などをはじめ、この曲もどちらかというと
「弾き語りシンガー」の作るような曲ではありません
どちらかというと
「バンドの曲」な感じです
SEIZYの曲にはそういった曲がかなり多く、それがまた他の弾き語りソロシンガーにはない異質なものになっているのでしょう
同じような曲が並んで飽きられるのはイヤですしね

自分は全然違うと思っていてもやっぱり弾き方の癖や唄い方、声が同じなんで第3者が聴くと「全部同じっぽい」というのがあります

その点 ロックもポップもフォークも経験しているのは大きいと思います

いろんな面からも
「SEIZYらしさ」
が感じてもらえれば
「これ幸い!」ですね

「夢の彼方」
可愛がっちゃってください!


さて次回は
「参」でお会いしましょう!

お楽しみに~っ!
なんじゃこりゃ~~っ!
どうも!SEIZYです!

♪バッスィリィーバッバッスィリィー♪

今も「なんじゃこりゃ~~っ!」で有名な
松田優作さんが亡くなった日であります

39歳やったんですねぇ~
役者やタレントに多大な影響を与えた
名優 松田優作

ロック界からも
「松田優作さんの意志を受け継ぎたい」
とARBの石橋陵がバンドを解散してまで俳優に転向

生きてるときは名優というより
ただただカッコいい~
って感じやったね

しかし、ドラマのセリフが今もなお言い次がれてるって凄いことですよ

それにしても若すぎる死です


ミスチルの桜井くんがちょうど現在39歳

ん~早すぎる...

バンド列伝 2
どうも!SEIZYです!

さあ第2回目になりました
SEIZYがオススメする...というか俺が好きな(笑)

日本の素晴らしきバンド

今回は
SEIZYのROCKN'ROLLに多大な影響を与えた

「THE STREET SLIDERS」

存在自体 あまり有名どころではありませんが
このスライダースは知る人ぞ知る
泣く子ももっと泣き叫ぶ
中でもプロミュージシャンや玄人好み日本のROCKN'ROLLの象徴のバンドであります

何を隠そう俺が高2の時に組んだバンド
「サテンドール」
このバンドがスライダースのコピーバンドでした
ボーカルが好きやったんでね
俺はリードギターでした
フォークやパンク好きの俺にとってスライダースは最初聴いたときは受け付けませんでした
「なんじゃこりゃ?」
「なんかたるいなぁ」
が感想です
俺の中でロックは
「速い!」ものでしたからこのダルダル感が気持ち悪いな~でした
しかし スタジオでレッスンを重ねていくうちに2本のギターの絡みというか曲のテンポも手伝ってめちゃめちゃ
「気持ちいい~」
になり みるみるうちにこのビートにイカれました!
まさに「やればわかる!」でした

大スターやないんで楽譜も出てないからほとんどが「耳コピー(聴いて音を探す)」でしたが どうしてもわかりにくい所はメンバー全員でライブに行っては各パートの弾く指を見て覚えたりもしました

このバンドのおかげで
俺の耳がかなり音楽的になりました
それと弾くフレーズが未だに「スライダース節」が出てしまいます
困ったものです(笑)
ちょうど
「恋のプレゼント」や
「WRONG TIME A GO!」
のリードギター
あんな感じです

ストリートスライダースは既に解散してますが
和製ローリングストーンズともいうべき彼らのビートは日本のロック野郎たちの胸に今も熱く鳴り響いています


追伸
メディア出演を頑なにしなかった彼らが解散した後
ギターの蘭丸(土屋公平)が
「LOVELOVE愛してる~堂本兄弟」にレギュラーでギターを弾いてるのを見た時の驚きは今も忘れません(笑)

俺の髪型が今もこうなのは彼のせいです(笑)
エレキギターが今でもSGモデル(極心ジャケット参照)なのも彼のせいです
俺のエレキギターを弾く時のステップも彼のせいです

「スライダースの蘭丸」
の髪型を今でもしているSEIZYでした!


代表曲
「SO HEAVY」
「のら犬にさえなれない」
「エンジェルダスター」


さて次回はどんなバンドが出るんでしょうか

お楽しみに!
天高く「馬」走る秋!
どうも!SEIZYです!

う~~ん 秋晴れ!
ちょっと風は冷たいかもやけど幸い俺には冷たさは感じないし...

先日行われた天皇賞(秋)
去年は女帝ウォッカが我がダイワスカーレット姫をハナ差かわしてレコード優勝
さて そのウォッカが今年の1番人気でした
ダイワスカーレットが引退した今
スカーレットありきのウォッカは2着以内もないと俺は踏んでました

結局ウォッカは伸びたものの3着

勝ったのは古豪「カンパニー」でした

しかしこのカンパニーの優勝は予想外でしたね~
正直驚きました

出走メンバー中最年長の8歳馬カンパニーがウォッカをはじめ今や旬の名馬たちを寄せ付けず去年と同じタイレコードで優勝
熟年パワーを見せつけました

8歳という年齢(馬は馬齢という)で天皇賞を勝ったのは初めてのこと
とてもいいレースに去年同様
天皇賞の素晴らしさを再認識

おめでとう!カンパニー号!


また来年もそれからも
ずっとずっと
この天皇賞という2分の素晴らしいドラマは続きます...
11月になったとたんこれやもんなぁ~
どうも!SEIZYです!

今日はなんやね~
「寒いね」
俺 久々に寒さ感じてるよ(笑)

今日を皮きりに寒さも本格化してくると思います

巷ではインフルエンザなどがあぐらをかいてますがそんなもんに負けへんで~


あ そうそう
ファンのみなさまには近々
とてもハッピーで素敵なお知らせができると思いますんで
もうちょっと楽しみに待っててくださいね

ホームページは死んでてもSEIZYは死んでません!(笑)

あっ ホームページもあーでもないこーでもないと直しますんでしばしお待ちを...
お詫び
どうも!SEIZYです!

只今 我がサイトが何かの不具合か原因不明で見れなくなってます

大変ご不便をかけますが回復するまでしばらくお待ちください

尚、ブログのほうは生きてますんで毎日のチェックはよろしくお願いします

ごめんニャン♪


ブログのURLを貼っておきますんで
直アクセスしてくださいね

http://seizy.blog113.fc2.com/?m