SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
11月度 拍手喝采ベスト5
どうも!SEIZYです!

今月から「やります」
と言っていた

拍手喝采ベスト5!

知らない方に説明しますと
これは、ブログの1番下にいつもある
「拍手」
って書いた赤いやつ

それを押すと
そのブログに対して拍手したことになって
多ければ多いほど
ブロガー(俺ね)の励みにもなるってやつです
ただそれだけのやつです

だからこれからも
「ええぞー!」
というブログには
みなさまの温かい拍手にご協力お願いしたく思います

しかし、せっかくあるんやから
なんかやろうってことで...
その拍手の多いベスト5を月末にランキング発表しようという企画

では早速 発表します!


第5位 9拍手
11月8日
「大切なお知らせ」

JR和歌山駅にて貼られた
「禁止要項」のチラシ
その件で俺が和歌山駅に面談に行った時のブログです
ある意味2010年
下半期の大ニュースでしたね~


第4位 10拍手
11月20日
「作りました!」

ブログと言ってもいろんなシリーズがあるSEIZYブログ
その古い記事を探しやすいようにカテゴリーにわけました...
っていうブログ
いやぁ~約3年半分の数ある記事を分けるのが大変でした
みなさん!是非活用してくださいね
ブログの上の方
PCでは右の上の方にあるカテゴリーってのを押すといくつかの種類のカテゴリーが出てきます


第3位 11拍手
11月22日
「明日は!」

和歌山城西の丸広場で行われた
「ラジオまつり」
それに「明日行きます」
と書いたブログ
ファンの方々は
このブログでただラジオまつりに遊びに行く...と思ったらしく、まさか出るとは思ってなかったみたいで
まあそういう意図で書いたんですけどね(笑)


第2位 12拍手
11月21日
「レコーディング中」

文字通りレコーディングの合間に書いたブログ
どんなCDが出来上がりますか
まだなにも決まってませんが
いいものを早く発売できるようにしますね!


そして、栄えある
第1位は~



タカタカタカタカ...



ぶっちぎりのトップ!
そして、約3年半にわたるSEIZYブログの
拍手レコード大更新の
22拍手!

11月19日
「拍手喝采ベスト5!」

この企画を各月末にやります
と決めたブログです

拍手機能がありますよ
と初めて紹介したんで
ほぼ毎日のようにこの記事に最低でも1つは拍手が入ってました
占めて22拍手!
ありがとうございました!


というわけで
来月の拍手喝采ベスト5は
2010年の締めくくり
12月度のランキングです

お楽しみに!
と同時に、このランキングは読者のみなさまのご協力なしでは成り立ちません

みなさまの拍手喝采を
よろしくお願い申し上げます!
スポンサーサイト
第5も第1も
どうも!SEIZYです!

さあ!
ハッピーマンデー
第5月曜日は
(たまに)
SEIZYの日!

本日、和歌山放送ラジオ
「ハッピーマンデー」
午後9時~10時
です

ちなみに来週も小椋っちゃんと入れ替わりで出演します
だから、2週連続SEIZYの日~

だんだん冷え込んできて
冬の稲妻...
いえ、到来です
この放送で暖かくなっていただけるようつとめます!

今日は超レア音源を持っていきます

対決に勝てば流れます
ズバリ、2度と聴くことができない音源でしょう
(まるお君風)

今夜 ラジオの前に集合!

と言っても
ラジオ局の前に集合したらアカンで(笑)
師走?如月?
どうも!SEIZYです!

師走(しわす)

もうじき12月やね~
1年なんてホンマにあっという間

そらそうと
なんでしわすって読むんやろね~
携帯で「しわす」と変換しても「師走」しか出てこん

師はわかる
走は...?(笑)
走=わす?

ちなみに「わす」で変換してみると
出てこん!

だいたい「走」を「わす」と読むのは師走ぐらい
ということは師走の専売特許みたいなもんやな(笑)

師が走る
年末は師匠ほどの人が走り回るるほど忙しいからか?

まあだいたい「月」を表すやつはそんなんが多いね

如月なんかも普通は読めねぇ

あっそうそう
「大和(やまと)」もそうやな~
大=やま?や?
和=と?まと?

いやぁ~こりゃあ考えてみれば難易度高いわ~

...と朝からしょーもないこと考えてたSEIZYなのでした
教本には載ってない「肝」シリーズ ライブ
どうも!SEIZYです!

教本には載ってない「肝」シリーズ

この「肝」シリーズはあえて真面目に活動してる、しようと思ってるミュージシャン&シンガー向けです

お遊びバンドのおちゃらけ野郎には全く関係ないのでスルーしてください

ライブ&ステージ

この分野、ライブは何を隠そうSEIZYの得意分野であります
ちょいとばかしうるさい&厳しいですよ(笑)
まあ真面目に音楽に取り組もうと思ってる方にはうるさいどころか
目からウロコかもしれませんが

最初に言っておきます
SEIZYはライブが得意です
どんなハプニングがあっても
どんな冷めた会場であろうが
それなりに成功することができます
そして、そんな俺が長い音楽人生の中で「やるな~」と
ド肝を抜かれたミュージシャンはインディーズではたった3組しかいません

言い切ります
みんなライブ(表現すること)が下手すぎます
文化祭や発表会の延長にしか思えないのです
もっとエンターテイメントを追求して下さい

ミュージシャンたるもの
必ずといっていい
つきものといえば

「ライブ」

ミュージシャンを始める以上
ここがとりあえずの目標かもしれません

さてここで
あなたはライブをただの
ゴール地点
発表の場
オーディエンスに聴かせる場
と思ってないか?

たしかに大まかなものはそれである

しかし 実はライブこそが1番
「勉強になる」
「学ぶべき」
スタジオでやる練習よりも効果的な
いわば「実践練習」というか
「ミュージシャンとしての自分の経験値を上げる」
場なのである

この経験値をどれだけ積み重ねたかが後々モノをいうようになってきます

この「ライブ」を
ナメてかかると
残念ながらあなたはミュージシャンとして
シンガーとして
なにも魅力のないただの
お遊び楽団
になってしまう
というかお客にもそう見られてしまう

お客というのは音楽が好きで熱い反面
実にクールなものである
自分のお客(身内)ばかりではありませんしね

そして、ライブは決して自分のお客(身内)に向けてやらないことです
曲はもちろんのこと
ファンや友達しかわからないような話題のMCなど身内ウケにならないように
できるだけ初めて聴いてくれる機会の人たちにあなたの「良さ」を存分に見せつけます

ライブまでのレッスン、スタジオ練習では
今日のステージのための
最低限の段取りを作る
安心しないでください
練習が上手くいったからってライブでは3分の1その通りにいきませんから

そして、ステージでは
あなた、メンバーの
全く知らない
どんな音楽が好きかもわからない人たちを前にして
あなたが持ってる最高の
いや、それ以上のパフォーマンスを展開しながら
同時にその人たちを楽しませ、引き込んでいかなければならない

難しいですね~
こんなこと
考えたらふつうの人間の成せる技ではないのだ

例えば、一般の人がカラオケにいって
違う部屋で30分歌い、ヤンヤヤンヤの大喝采をもらえるか?
という具合だ

30分で自分の良さを歌だけで表せ!
です
まずできないですよね

カラオケと違い、ライブではお客はほとんど酔ってない
「しらふ」ですしね
できないっていうか
おじけづいてしまって
喋ることすら何を喋ったらいいのかさえわからないと思います

ミュージシャンたちはそれをやってのける
パワー、
精神力、
勢い
そして天性の素質が必要です
ストリートミュージシャンなら特にもっと必要になります
ほとんどが聴く体勢になってない人相手ですからね

その要素を日頃から鍛えること
どうやって鍛えるかと言うと

簡単なのは
なるべく大きなステージで(ドームでも武道館でもなんでもいいです)
大拍手を浴びながら
歌う自分をイメージ、想像して下さい
アンコールがいいですね

いわゆる「イメトレ」です
誰でもデカいミュージシャンになりたいという夢がありますね
その夢を想像するだけです
簡単でしょ?

大スターの自分をイメージするのです
その自分はどうパフォーマンスしてますか?
何を歌ってますか?
カッコいいですか?
もっとカッコよくなるにはどうしますか?

はい!
そのイメージをステージでやってください

それがあなた自身があなたを1番カッコいいとイメージした姿です

それだけです

「アホくさ」と思うかも知れませんが
効果絶大ですよ

残念ながら素質だけは訓練でどうにもなりません

決してライブでのパフォーマンスを照れないでください
ステージに上がればあなたもストーンズもおんなじです
恥ずかしいとこれっぽっちも思う人は
誰の胸を打つこともできません
ライブに向いてません
家で友達や家族に聴かせるだけで充分です

ライブに来るお客は
自分にはできないであろうライブパフォーマンスをやってのける、カッコよく素敵なミュージシャン
そこへ歌や演奏が乗っかって感動するものです

ステージ上の照れながらやっているミュージシャンを
観ていたらこっちまで寒い気持ちになった
という経験ないですか?

緊張、照れ
そんなものを一切表さないのがミュージシャンなんです
口から火が出そうなほど緊張しても
それを悟られないようにすることです

これは場を積むこと
冒頭で書いた
「後々モノをいう」
になってくるんです

ライブの上手いミュージシャンのステージを何回も観たり、
わからないことは聞く
真似をするのではなく
自分に何かしらのヒントがあるはずです

ライブは共演者もいますし「勉強」できる宝庫です
自分のステージが終わったからといって友達と話してたり
外へなんか食いにいったり
ファンと喋ったりせず
必ず何か持って帰りましょう

そしてライブに「ノリ」が生まれれば緊張なんかなくなる

この「ノリ」をいつでもどこでも
どんなアクシデントがあろうとも生み出せるミュージシャンになることです


ということで
次回はライブでの
「ノリ」について書きましょうね
昨日の月
どうも!SEIZYです!

昨日 実は
突然SEIZY CLUB全員に送った

「月が凄くロマンチックです 手が空いてる方は見てみてください」

というメール

「見れなかった」
「見たのはちょっと経ってからだった」

というメールなどをいただきました

実はあのとき
でーっかいでーっかい
それはそれは大きな
真っ赤な月がでておりまして
思わずみんなに知らせたくなった次第です

こういうのは瞬間で変わってしまいますから
メールを送るのが精一杯で写真は撮れませんでした

いつもライブ情報ばっかりな無機質なメールなんで
たまにはこんなのもいいかな...と
思ったのでした!
教本には載ってない「肝」シリーズ ライブ
どうも!SEIZYです!

2日続けて
「肝」シリーズです

最初に断っておきますが
このミュージシャンの
「肝」シリーズ
は誰に発信している訳ではありません

SEIZYが数々のバンド、ユニット、そしてソロなど、長い長い音楽人生で得たこと
偉大な先輩に伝えられたこと
自分で見出した答え
etc...
それを自身で復習する意味があります

俺ももう人生の半分くらい生きて、音楽もいっぱいやってきました

そんな俺にできること
これからもイカした曲を世に発信していくこと
そして、もうひとつ大切なこと
自分の伝えれることを余すことなく伝えていくことやと思てます

もちろん音楽に馴染みのない一般の人やファンの方々にも
ステージとかCDで
「あ~書いてたんはこれやな?」
とか、シンガーの気持ちや裏話的なものを読んでいただくのもいいかなと思っています

しかし、もし昨日今日誕生した若葉マークシンガーやすでに活動中のミュージシャンが何かの拍子でこのブログと出会って
少しでも参考にしてくれたり、興味を持ってくれたら
「これ幸い!」
と思います

そして、これから出てくるであろうかわいい後輩たちにも後々伝えていってほしいと思います

初心者ミュージシャンには内容が難しいかもしれませんが
知ってて損はない
かなり核心をついた内容やと思てます

指摘されたことに心当たりがあるミュージシャンにはかなりキツい書き方をしているかもしれません

そんな俺も全てお手本通りの完璧シンガーではないので
書きながら一緒にもう一度学んでいきたいと思てます

では今回は
「ライブ」について


...あっ
前書きだけでもうこんなに長々と書いてもた!(笑)

次回や次回!

ってことで
次回の「肝」シリーズは
「ライブ&ステージ」
あなたはあなたのステージをわかっているか?
あなたのやるべきステージをやっているか?
お詫びと訂正
どうも!SEIZYです!

今日 お昼にアップしたブログが
途中で文が切れて変になっていたので
直しました

せっかく拍手を6個いただいてましたが
消えてしまいました
申し訳ございませんでした

よろしければ
もう一度 直ったブログを読んでいただければ
「これ幸い!」
です
(長いのにゴメンね~)
教本には載ってない「肝」シリーズ 作詞、作曲 曲作り
どうも!SEIZYです!

シンガーは経験があると思いますが
インタビューとか取材
はたまた一般の方に聞かれる質問として必ず上位にくるのが

「作曲の時は詞が先ですか?曲が先ですか?」

である

そんなもんどっちでもええやんって感じだが
シンガーにはこれが無難で定番な質問なんやろうね

どんな作り方でもヒットを飛ばしゃ
「勝ち」な世界ですから

だからそういう順番は人それぞれやと思うが
はっきり言って
メロディーから作ったほうが楽やし簡単
手っ取り早くできてしまう

なぜならメロディーに歌詞を乗せる場合はストーリーやメッセージなど
そんなに重要視しなくてもいい

そのかわりメロディーに合った「キャッチ」なフレーズが生まれやすい

逆に「この歌詞を一語一句変えずに絶対入れたい!」
となるとそれに似合ったメロディーをもってこなくてはいけない

メロディーが出来てれば歌詞はハメコミでええけど
メロディーはワンフレーズはめ込もうとしても頭から最後まで「流れ」があるので
たった一語の為にその曲の雰囲気が出来てしまう勢いになる
メロディー探しと
歌詞探し

そりゃあ歌詞を探すほうが楽でしょ
普段使ってる日本語をドラマチックに入れていけばええんやから

メロディー探しはその作り手の引き出しの多さがものをいう
例えばどれを聴いてもどこかしら似てる曲ばっかりのミュージシャンっていますよね?
そいつらは歌詞からが多いです
曲からだとその時点で「あれに似てる」と気づいてボツになります
似ていても歌詞が違うと違ったように思うものです
引き出しが少ないんでしょうね
あえてグループ名は書きませんが
プロに向いてません

しかし、曲作りに
正攻法とか攻略法などは存在しない

一般の人でも何かしてるときなどに出てくる鼻歌みたいな訳のわからんメロディー
あれも立派な作曲です
ミュージシャンはその訳のわからんメロディーに歌詞をつけて訳のわかるメロディーにする

そんな感じです

要はどんな順序で作っても
「歌詞とメロディーが合っている」
これが問われるのです

俺の場合は
曲、歌詞をほとんど
「同時」に進めている

これが俺にとって「楽」でり手っ取り早い
ギターをジャカジャカ弾いてそれに合わせて適当にメロディーと歌詞をつけていくのが多い

でもほとんど最初に思い浮かんだ歌詞をできるだけ使うようにしている
だから適当なようで真剣に同時進行していることになる
ギターは適当、歌詞はマジ
で作ってるイメージかな

現にリハーサルで適当にやってできた曲
レコーディング中に遊びでやってできた曲
がかなりある(笑)

意味のない「英単語」が歌詞に多いシンガーは
英語がペラペラの人を除き、ほとんど歌詞からは作ってない
メロディーからか同時である
あたりまえですね(笑)

実はこの作り方は
メロディーには意味不明の英単語のほうがハマりやすいので適当にやればやるほどでてくる
LONELY
BABY
CRY
RAIN
などが歌詞によく使われてるでしょ?
英単語はほんまに楽
思いつかなかった歌詞が埋められる
メロディーに合いやすい(特にロック)
歌詞の流れを無視できる
たった一語で済む
オマケにカッコ良く聴こえる
これは使える!(笑)
基本的に歌詞力のないミュージシャン(インディーズは特に)が多い
文章を書くのが苦手な人の歌詞は
サビだけがやたら意味がわかるが後は全く意味がわからない
歌詞も「ハメようハメよう」
と思ても余計に浮かんでこないもんです

そして曲を作るとき
「さあ今日は曲を作るぞ」
と意気込んだら絶対とは言いませんがほとんどができません(笑)

何気なしになんとなく...

これが適当に見えて
実は作曲の極意やと言い切ります

頭をひねって
考えに考えて
よりいいメロディーを
よりいい歌詞を!
とやって
そのときは「おぉ~できた!」って感じでも
だいたいいつも作っている曲になんら進歩してないか第3者の感想はイマイチな感じがします

俺の場合、この方法で出来た曲はほとんどボツになってます

それはなぜかと自分なりに分析したら
フっとでてくるメロディーは
さっきも書いたように
ミュージシャンじゃなくても鼻歌で出てくるような
誰にでも親しみやすくて
わかりやすくて
スッと体に入ってきやすいんでしょうね

ミュージシャンが大ヒット曲を
「トイレに入ってるときに思いついた」
「風呂で...」
とかが多いのはそのためでしょう
ファンの方の
「え~っ!曲のイメージが壊れる~」
という声も聞こえてきそうですが
そんな何気ないメロディーに素晴らしい歌詞が乗せられて
いい曲になっていくもの

そんなもんやと思います

今や俺の代表曲たち
拳道
未来は光と共に
さあやろうぜ!
WRONG TIME A GO!

C'MON EVERYBODYが流れる
ちょっと前の
欲望やLADY、世の中なんて
その他もろもろに至るまで
現在も人気の高い曲はほとんど歌詞、曲共に30分以内に出来た曲ばかり

そんなもんです(笑)

ただ「思いつき作曲」をする前に
「こんなストーリーで作っていこう」
というテーマは立てておきます

しかしテーマと自分のカラーやカリスマ性に縛られすぎて無理にこだわると
○渕みたいな無理矢理な感じの変な曲しかできません
昔は彼もそんな呪縛がなかったから
ええ曲を書いてたのにね

作曲というのは
難しいけど思いのほか簡単にできてしまう
でも難しい(笑)

そんなミュージシャンの永遠のテーマであります

要はどんな曲を作ろうと
後でミュージシャンがどう唄うか、
どう料理するかで
良くも悪くもなってしまうもんです
だから曲は作るよりそれを表現するほうが難しいかな?
と思います

いい食材でもそれを使うシェフの腕が悪ければマズい料理になるのと同じですね
楽しかったですね~

どうも!SEIZYです!

なにがって
「餅投げ」(笑)

考えたら上から人めがけて餅を投げるわけですから

これは癖になります(笑)

肌寒い中遊びに来てくれた方々
ありがとうございました

久々に顔を合わせた人たちもいて
ホンマ 楽しかったです

イベントはええね~
ということで


どうも!SEIZYです!

番組紹介「ハッピーマンデー」のコーナーで喋りました

もちろん生放送でした

聴きましたか~?


散歩

どうも!SEIZYです!

パーキングがどこもかしこも満車
ちょっと遠めの駐車場へQちゃんを入れて
散歩がてらラジオまつりへ行ってます

和歌山城
何年ぶりでしょうか
たぶん 中を歩いたのは小学生か中学生ぶりくらい?

でっかいと思っていた広場が小さく思えたり
広いと思っていた道が案外狭かったり

久しぶりと新鮮が入り混じって気持ちよく歩いてます

散歩もなかなかええもんです


さあ 会場が見えてきました!
明日は
どうも!SEIZYです!

明日は和歌山城西の丸広場にて
WBS和歌山放送の
「ラジオまつり」
なるものが開催されます

突然ですが...
わたくし、SEIZYもちょこっと行こうと思います

よかったらみなさんも遊びにきませんか?

ラストは餅投げもありますしね(笑)


朝は9時45分からやってるみたいです
終わりは4時すぎみたいです

ちなみに俺は
昼頃に行きます

歌は唄いません(笑)

快晴を祈ります
レコーディング中

どうも!SEIZYです!

ただいまレコーディング中です

ひと息ついてます

シャウト!
シャウト!
シャウト!

で何か飲みながらでないとしんどいっス

レコーディングっていっても
アルバムのタイトルも
入る曲も
はたまた発売などもまだまだ決まっておりません

あしからず!

まあ 発売に向けてやってはいるんやけどね
作りました!
どうも!SEIZYです!

いつものように携帯を開いて
SEIZYブログのページを開けると...

上のほうに
「MENU」
と書いてありますね

その下が
「SEIZY OFFICIAL WEB SITE」
これは検索などでブログへ直通で来た方がSEIZYのサイトトップページへ飛べます

そしてその下の
「カテゴリー」

実はここを開発しました

聞くよりやるべし!
説明するより見たほうが分かりやすい!
だから一度 ここを押してくださいませ


ワンクリック詐欺に合います
嘘です(笑)

見ればわかります
ノストラザ~マスは
予言します
あなたは必ず
「あ~なるほど」
と言うでしょう

そう こんな感じでブログ内の記事探しが便利になりました!

このブログを読んだあとでいっぺん押したってくだされ!

「カテゴリー」
ですよ

これからは
この機能を存分に
ご活用くだされ!

もちろん
パソコンでもできます
パソコンの場合は右の
ブログランキングの
列を下へ行くと
「シリーズものブログ記事」
というのがあります
そこです!
拍手喝采ベスト5!
どうも!SEIZYです!

いつもいつも我がブログ
「SEIZY'Sダイアリー」
をご愛読いただき、
誠にありがとうございます

このブログが始まって
もうすぐ4年ぐらいになると思います

できるだけ
・音楽っぽくない
・日記っぽくない
を目指して書いております

以前、我がサイトがパソコン専用だった頃には
ブログは書いてなくて
「世の中なんて」
というこれまた好評なコラムのページを設けていました
基本的にそこは
「怒りちらかすページ」
だったんですが(笑)

今もそのページはPC用のページに存在しています
現在のブログで書いた過去の記事で残すべきものも
そこへ足していってますので
PC版を見たことがない方は1度見てみてください
PCを押すと携帯でも読めます

さて
このブログの記事の下に毎回現れる
「拍手」
という小さなもの
あれはなんじゃ?
という方のために今日は説明しましょう

あれは
なんてないです(笑)
ただ、あえていうなら
その記事に対して
「お!ようゆうた!」
「ええぞ~~!」
「やったぜ~!」
というような時に拍手するといったものです

この「拍手」は
押すたびに数が増えていき、
ブロガー(ブログを書いている人ね)
の励みになりますので押していただけると
「これ幸い!」
です

拍手を押すと
拍手コメントを書くこともできます
これはブログの公開コメントと違い、
非公開にすると管理者(俺です)
にしか読めないようになってます
「公開コメントは恥ずかしい」
という人は是非こちらでメッセージいただきたく思います
ただしここは返事が書けませんのでご了承ください

さあ!そこで新企画?

その「拍手」
過去30日のSEIZYブログ
「拍手喝采ベスト5」
を発表します!

5位 拍手数7
同数で3ブログあります

10月22日
「ラストウィーク」
「秋だ!ライブだ!SEIZY祭りだ!」
の最後のオールドタイム前のブログです

11月11日
「毎年恒例!」
はい!おなじみ
「ポッキーの日」のブログです

11月10日
「あれやろうぜ!」
ストリートライブのお知らせブログです

3位 拍手数8
10月27日
「自爆しても不死身です(笑)」
これはあの「アガサス事件」後のブログですね
内容はストリートライブの告知になってます

2位 拍手数9
11月08日
「大切なお知らせ」
和駅の「禁止」の貼り紙について
俺が和駅に話に行った報告を書いたブログです

そして栄えカタカタカ...

拍手数15のぶっちぎり

10月26日
「危険です!自爆装置作動しました!」
SEIZY今年1番の腹立つ事件
「アガサス事件」
について俺がキレたブログです
この件に関しましては
まだ許したわけではございません!
まあブログの最後で
「拍手~!」
と煽ったのでしてくれた方が多かったんやと思います


このように
せっかく「拍手」機能があるんやから
月の最後かその付近で
このようなベスト5を発表していきたいと思います

SEIZY'Sダイアリーを
ご愛読のみなさん!
これからは「拍手」にご協力をよろしくお願いしますね~!
ハッピー!

どうも!SEIZYです!

ハッピーターン
これが入ってれば
もっと「ハッピー!」
らしい!

食べてて最後のひとつがこれでした

あと...
昔にアポロの色が逆のが入ってた
コアラのマーチの
まゆ毛コアラが1箱に2個入ってた
どっちも食べるのがもったいないから
ラップに包んで冷蔵庫に入れといたらなんかわからんようになってもた(笑)

ささやかですが
なんかちょっと嬉しい

だから今日の俺は
ハッピーみたいです
(笑)

ちなみに今日は
ボジョレーヌーボー
の解禁日!

俺は1度も飲んだことがありません(笑)おいしいんでしょうか?
弾かないカッコ良さ
どうも!SEIZYです!

教本には載ってない
ミュージシャンの「肝」
シリーズ第2段

前回は「ヘタウマの極致」
を書きました

この「肝」シリーズは
ただの「いちシンガー」
がほざいてる能書きやなくて
長い長い経験を経て
学んできたことや
俺の幾多の音楽人生から出したもの
偉大な先輩ミュージシャンたちにいただいたことなどの
「教本や練習では絶対教えてもらえない」
ものを書いてます
言い切ります
ズバリ!正論です!
金を積んでも手に入りません(笑)

ただし、人並み以上の楽器ができて
基本がしっかりしていること
が最低条件です

ど素人ミュージシャンや
ミュージシャンもどき
自称ミュージシャンには理解不能
理解したとしても
これを実践するのは
500年早いので諦めましょう

ヘタウマなんかヘタな奴がやっても
ただのヘタやからね(笑)

さあ 前回
キースリチャーズのことを書きましたが
彼はこの「弾かない」
こともやっています

弾かないのに何がカッコええの?
いえ、弾かないというより
「タメ」のうまさ
「間」のうまさです
弾かなくて音が鳴ってないのに
ノリを奏でてる
それはバックのドラムやベース
はたまたサイドギターの構成がわかっていなければできないこと
そのときのお客の「ノリ」や「場」を瞬時に味方につけた
上級テクニックであります

ただ弾かなければいいのではない
急に弾かなければお客は
「あっギターが止まった」
「忘れた?間違った?」
と思われることになります
丸々1小節を無音にしないで
空ピックを巧みにふんだんに使うと
ギターリズムが唄と同調しなくなり
「絡み」になります
これはかなり効きます!
「ギターにも唄わせてあげる」
こんな効果が弾かないだけでできてしまいます

一生懸命リズムに遅れないように
歌も絶え絶えにやってるミュージシャンが多いですね

この「弾かない」
ことによる絶大な効果を是非試してほしい!

弾いてないギターから出る「音」は
弾いて出る音よりも絶大なノリを生みます

これが考えずに自然とできるようになればバッチリです
練習方法はありません
数々のライブが練習です
ノリの渦の中に入ったときこそ
そのときです!
自由自在にできるようになってくださたい

誰も教えないけど
どんな偉大なミュージシャンもやってることです
体で覚えましょう!

これをうまく使う日本のアコギ系シンガーは
HARRY(元スライダース)
SION
仲井戸麗市(元RC)
などなど

「シブい!ノリもある!」
そんな人が多いですね

これをするようになれば
カバーするときに楽譜の1小節に何回ピッキングするとか
楽譜とにらめっこするのがアホらしくなります
そんなことしなくてもカバーにカッコ良さが生まれます
自在性がでます
個性もでます

知識や理論、コードの難しさを披露してミュージシャンにカッコいいと言われたいなら
(お客は言わんけどね)
でもどうせ言われるなら
こういった本能的なテクニックで
カッコいいミュージシャンと呼ばれてください!

さて次回もお楽しみに!
唄を忘れたスポーツマン 第11章
どうも!SEIZYです!

久々にやりましょか~

SEIZY自伝的ブログ小説
唄を忘れたスポーツマン
第11章
「バンドやろうぜ!」

幼少期=やんちゃ
小学生=ケンカたれ
とくれば
中学生期は自然に
世間一般でいうところの
「不良」の出来上がり
であります

そもそも「不良」とは
一体何なんでしょう?
不良...
「良くあらず」と書きます
しかし、俺が知るところ
今も昔も「不良」っぽい奴らはほとんどが
「いい子」が多いです
心も気持ちも普通の子、まじめな子などと
なんら変わりません
ただ見たくれと口調が少し荒いから
みんな怖がったり
叱れなかったり...
その「ほっとかれ」
がまた逆効果で
「俺なんか誰にも相手されない」
「何をやってもかまわない」
...と孤立していって
余計にひねくれていく生き物なんです

しかし、何かで叱るとちゃんと謝るし
言葉使いもキチンとできます
結果そういう叱ってくれた人を尊敬したりします
基本的に単純なんです
いい言い方をすれば
「ピュアすぎる」
それが恥ずかしくて悟られないために
口調が「あれ」なんです
実は不良たちの世界は
暴走族でもチームでも
はたまた学校でも
仲間の先輩後輩の縦の繋がりが強いので
敬語とか挨拶とかは一般の子たちよりも馴染みがあるんです
その中でイカツい仲間が多い分
「怖いものなし」
と勘違いしてる奴が暴れたり壊したり...
どうしようもないんです
仲間の中でもそんな奴はどうしようもないんです(笑)

だから一概に「不良」といっても
ひと皮剥けば
「ただの子供」
怒る大人は怖いと思うし
反省もできる
俺みたいにクラブ活動してる奴もいっぱいいてる
どうしようもない奴なんかいないんです
そういうどうしようもない奴は不良仲間の中でも相手にされませんから

ただ、叱り方のポイントはありますけどね...
これを間違うと逆効果です
それは時間がないのでまたの機会に

今でもストリートとかで
聴いてるやんちゃ坊主らに
「こら!オマエらちゃんと静かに聴いとけよ!」
と言うと「はいっ」
とかわいい返事が返ってきたりします

そういえばストリートライブ中に1度だけヤンキー同士のケンカを止めたことがありました
マリーナシティ内に入ってきた暴走族の単車を止めて追い出したこともありました
その子たちはそのあと歩いて俺のライブを見に来てくれましたよ

そんなかわいい奴らが多いんですわ~

前置きがかな~り長くなりました(笑)

さて、そんなSEIZY少年は
中学2年にして煙草の味を覚えました
煙草を口にしたそれだけで
「あぁ...俺って不良なんや~」
と思ったものです

まだまだ若い自分に
「不良」って言葉は重い感じがしました

周りの友達に煙草を吸わない者はゼロ!
なんやったら煙草じゃないものも吸ったり吸わんかったり(笑)

時には補導されて警察へ
ケンカも小学生時代とスケールが違います(笑)

しかし、そんな道外れも厳しいクラブから解放されてるそんな時間は
この「仲間たち」とアホなことをしたり
馬鹿を言ったり
時にはクソ真面目に
夢を語り合ったり...
いっぱい笑いあって
クラブのしんどさも
何もかも忘れられる最上級の時間でした

この中にいた今でも友達である
キーマンが何人かいます
あえて今でも呼んでる
あだ名で書きます
ヤス
けんぴ
ばいぽん
この3人は少年の人生に多大に関係していきます

ある日 けんぴ、ばいぽんが俺の部屋で遊んでたとき
ヤスが
1枚のレコードを持って遊びにきました

「なんやそれ?」
「これか?まあ~聴いてみ?」

「FGHIT OR FRGHIT/THE MODS」
と書かれたジャケット
何ともいかにも不良なルックス

レコードをかけると
今までフォークソング中心に馴染んでた耳が
「バチコーーン!」と
爆発的衝撃を受けました

「なにこれ!カッコ良すぎるやん!」
「うぉ~シブい!シブすぎる!」
「なんじゃこりゃ~!」
松田優作が3人揃いました

イントロだけで全員一致
イカレポンチになりました(笑)
(所々表現が古くてすんません)

1曲目「不良少年の唄」

♪アイツは危険の中で生まれた
背中合わせの綱渡り血を流して這いずり回る
自分のやりたいことを見つけた
でも気をつけな!
あの子だけは
OH NO 悪魔の運び屋さ♪

ヤスは仲間内でも
ファッションとか音楽にはわりと詳しくて
誰かが服を買うときとかもいつもつき合わされてました

「これはパンクロックってゆうんやで」
「おぉ~パンクロック~」

これが少年の初めて聴いた
「パンクロック」
特徴は激しくて速いビートに歌詞がかなり攻撃的!
ある意味フォーク的であるということ
パンクもフォークもテーマが共通してます
差別、不自由、戦争反対
だったりします
だから自然と体の中に入ってきました

誰から言い出したわけでもなく

「おい!俺らもこんなんやろらよ!」
「えっ?バンドをか?」
俺だったか誰だったか忘れましたが
誰かがバンドを組もうと言い出しました

「ちょうどええやん せいじはギター弾けるんやし」
「おいおいちょっと待て オマエら俺のギターなんか聴いたことないやん
それに俺はフォークやで」
「そんなん関係あるか!今フォーク的やゆうたやないか」
「そやな...」
むちゃくちゃな会話です

全員ど素人
バンドを、楽器をナメてます(笑)
パートは一瞬で決まりました
ボーカル ヤス
ギター せいじ、けんぴ
ドラム ばいぽん
なぜかベースだけがいません
いつの時代も
素人にはなぜか人気がないのがベースです(笑)
イメージがどこかしら地味やからですね
「武道館や!武道館!」
「いやいやオリコン1位や」
いかにも素人な夢が飛び交います(笑)
誰一人楽器などろくに弾けません
弾けないのにこの自信(笑)

バンドをやろうと言ったのはいいが
どうすればいいかわからない
ドラムってどこで買うの?
フォークとロックはギターの弾き方が違うんやろか?
コードは一緒なんやろか?
その前にギターなんか1年くらいほとんど弾いてない
未だに「Gの男」
ずっと「Gの男」でいこうと思ってたのに
バンドをしたらそうも言ってられない

「困った...」
「でもバンドってカッコええやろなぁ~」
「やりたい」と「困った」
がくりかえし押し寄せてくるのでした

バレーを続けるか辞めるかに続いてまたまた別れ道です

バンド話で大いに盛り上がって
みんなが帰ったあと
少年は部屋の隅でポツンと置いてある埃にまみれたフォークギターを
久しぶりに手にしました

「そうだ!俺は歌手になるはずなんや
バレーバレーで忘れとったわ
バンドは自然なことなんや
できるか?なんてハテナはいらん
これが自然の道なんや...」


次回は
いよいよ少年の苦しい日々がエンディングに近づきあります
「第12章 紀中合同練習」
をお届けします

お楽しみに!


SEIZY談
ここで初めてバンド話が出てきます
ちなみにヤス、けんぴ、ばいぽんの3人は今でも俺の友達であり
この後の音楽人生に於いて
かなり重要な人物たちです
どんな展開が繰り広げられていくか
楽しみにしててください
さあさあさあ!
どうも!SEIZYです!

今日は第3月曜日

和歌山放送ラジオ
「ハッピーマンデー」
第3月曜日はSEIZYの日
です

さあ21:00~22:00
ラジオのスイッチをON!

お楽しみに!
サンキューベイべー!
どうも!SEIZYです!

寒いかな...?
と思ったけど最終的にTシャツでした(笑)

延々と唄うわ喋るわ
で長い時間サンキュー!でした

今日は初期の曲を中心に
カバーもロックのジャンルの中で自分のルーツ的なものを
やったわけですが
いかがでしたか?

新たに解禁になった
和駅で心も初心でいきたかった感じがありましたんでね...

みなさま
これからまだまだ寒くなります
体の管理には充分気をつけて
ストリートに臨んでくだされ!

今回もありがとうございました!
これは欠かせない

どうも!SEIZYです!

この季節になると胸が躍ります

冬だけの限定チョコレート
「バッカス」
が発売されました!

冬は寒いからイヤやけど
嬉しいことがひとつある
それがこのバッカス

お酒が入ってるのに
子供の頃から好きでね~

昔は冬だけの限定やなかったから
いつでも買えたのに
誰じゃ?
これを冬だけにしたんは!
(ロッテじゃ!笑)
(あっ...そう)

そのバッカスが限定になりだした頃
かの「ヨン様」がコマーシャルしやがって
売り切れ続出!
「オールドファンをナメるな!」
と叫びそうになりました(笑)

まあ消えてゆくお菓子が多い中で
ロングセラーを続けてくれてるだけでもありがたいことです

この「バッカス」と
「明治ストロベリーチョコ」
「森永ハイソフト」
は消えてほしくないね
うまいこと3大メーカー
明治にストロベリーあり
森永にハイソフトあり
そしてロッテに
バッカスあり!です

どれも影が薄くなってるけど...
なんとか生きてます

俺の知るところ
ストロベリーチョコは
エバーグリーンにしかないの
コンビニで売ってるひとくちサイズのはダメ!
おいしない!

ハイソフトに関したら
あることはあるけど
滅多に見ない...

この3冠王は
だいたい見たら
「即買い!」
します(笑)

お酒がちょっとでも飲める人
「バッカス」
いっぺん食べてみ?

うまいから!



すげ~!

どうも!SEIZYです!

さっきコンビニに立ち寄ってチョチョイと買い物して

レジに持っていって
清算したら...

「1111円!」

「すげー!昨日やったらもっとスゴいのに~!」

と思わず言ってしまった(笑)

でもスゴくない?
狙ってできるもんやないで
いや、できるか...(笑)


はい ここで復習です

明日
19:30~
JR和歌山駅前にて
SEIZYストリートライブ
があります!

お忘れなく!

毎年恒例!
どうも!SEIZYです!

今日は...覚えてる?
毎年恒例の

「ポッキーの日~!」

これをブログに書き出して
もう3回目
ってことは3年言ってるわけやね

別にグリコに何をしてもろてるわけやないし
ポッキーが大好き!
ってこともない
ましてや
「ハッピーポッキー」
って歌を唄ってるわけやないけど
(ハッピーポッキーってなんやねん!)
なぜかこれを書き続けてる

いや~由来がね...
ポッキーが誕生した日でも
お菓子部門売上1位になった日でもなくて
11月11日は1が続くから
ポッキーに似てるから
ってことですわ(笑)

その由来があまりに単純すぎてオモロい
話題にせずにいられない

あっちなみにプリッツの日でもあります

なぜかというと...
もうええて(笑)

そして
恋人たちの日
電池の日
(+と-で11やて)
煙突の日
もやしの日
(由来はポッキーと同じ)
靴下の日
(恋人に靴下を贈る日やて)

あと笑うのが
鮭の日
漢字のつくりが「圭」
11やからやて~
鮭は知ってるんでしょうか?(笑)

こんなにも「1ネタ」
があります
よ~そんなこと考えるな~(笑)

みなさん!今日は
コンビニでポッキーと鮭のおにぎりと電池を買ってそれを靴下に入れて恋人に贈りましょう(笑)
そうそう
呼び出すときは
煙突の下で...ね(笑)
「あれ」やろうぜ!
どうも!SEIZYです!

ちょっと...
というかかなり寒くはなりましたが
SEIZYは休みません!

今週 13日(土)
JR和歌山駅前にて
「あれ」
ストリートライブをしようと思います

先日、改めて使えるようになった和駅
どうせなら楽しみましょうよ

唄う阿呆に観る阿呆
同じ阿呆ならノらなきゃ損だぜ!
って感じでいきましょう

たくさんのご参加
お待ちしてます!!

19:30~20:00
の間に始めますので
寒さ対策を万全にして
集合ください!

おっ?
寒さ対策をせなアカンのは俺か?(笑)
「青春」を考える
どうも!SEIZYです!

昔からよく言う&聞く言葉

「青春」

よく言うし、
よく聞くのに
この「青春」って何なのか説明できますか?

ふとそんなことが頭をよぎり
この「青春」って一体なんなんやろう?
と考えてみました
(またまたわけのわからんことを...オマエは哲学者か!笑)

国語辞典によると
「若くはつらつとした時代」
とある
「時代て...いきなり期間指定付きかよ」

じゃあ若いけどはつらつとしてない奴は
青春時代ではないのか?

「チョーだり~」
「チョーうぜ~」
とか「はつらつ」でないセリフを言ってる若者たちは青春ではないのか?

年寄りというか中年の人が言う
「まだまだ青春真っ只中です」
というどこか痛々しい言葉(笑)

歳を食ってるのに
若くはつらつとしていれば青春なのか?
「年寄りの冷や水」
という言葉もありますが...

そもそも「若い」
というのは何歳から何歳までを言うのか?
これが大事なキーワード
これも国語辞典では
「年齢が少ない」
の他に
「元気、盛ん」
とあります
またもやあやふやな...

SEIZYも決して若者ではないですが
世のお爺ちゃんお婆ちゃんから見れば
「年齢が少ない、若い」
でしょう

ということは
国語辞典は曖昧ですね
青春は若くはつらつ...
若いとは元気、盛ん...
国語辞典での
「若い」の意味がわかりません(笑)
もひとつおまけに
「はつらつ」を調べると
「元気のよいさま」
です

若い=元気
はつらつ=元気のよいさま
青春=若くはつらつ
ほな青春は元気!元気!
やないか!(笑)

結局何を調べても
「元気」
で片づくようになってしまいます

じゃあ青春って
俺が解析したところ
「年齢は関係なく誰もが持ってる心の中の元気な部分」
で正解なんじゃないでしょうか?

その元気な部分が生きてる期間を青春時代と呼ぶんでしょうね

そしてその青春時代が他の人、もしくは同年代の人より長い人
これが「若い」
ということになるんでしょう

そういう人はいくら歳を食っても
同年代の中では老けにくいんでしょうね

みなさん!
野望を持ちましょう!
夢を描きましょう!
元気な心を呼び覚ましましょう!

俺をはじめ、音楽をしてる人はだいたい若く見えますよね
それはこの3つの
「野望、夢、元気」
をすべて満たしてるからなんでしょう
それと同時に第3者の聴く側の人にまで元気を与えるのですからいかにも
「青春!」
って感じにはつらつとしているのでしょうね

そして
年寄りの冷や水
ではなくて
青春真っ只中な人が
平然と冷や水をかぶれるんですね


(我に返って)
スゲ~ほんまに哲学者みたい
「青春」
を説いてしまった(笑)
自伝的小説もそうですが
いつもだいたい思いついたまま書いてるんで
自分でもビックリしてしまいました
自分の説得力に自分が説得させられてます(笑)
大切なお知らせ

どうも!SEIZYです!

昨日の我がサイト更新で
すでに気がついてる方もおられると思いますが

先日 俺を含めたくさんのミュージシャンがストリートライブをしている
JR和歌山駅に
「告」
という禁止事項を書いた貼り紙が貼られました

そこに
「演奏、演説などの禁止」
も書かれてます

実はこのような貼り紙は
以前からあったものですが
今回 数が増えていかにも
「禁止!」
って感じでした

ただ 貼り紙には
「和歌山駅構内で許可なくすることを禁止します」
と書かれており
あまりに漠然としてました
「許可をとればいいのか?」
「ではその許可はどこでとる?」
とか
これから初めてストリートに出てくるミュージシャンや
たまにしかしない人まで
よけいに混乱してしまいますし
「あそこは禁止になったよ」
とか
「じゃあ少し離れてやろう」
とかだんだん収拾がつかなくなり
しまいにはほんとの
「禁止」を招く恐れもあります

ファンの方からも
「どうなるんやろ?」
という声も聞いておりました
俺も「これからもホンマにできるんか?」
と思いましたし
このままやと
もし強行してやっても
やる側も聴く側も落ち着いて楽しめません

こうなったら
「こうです!」という
ちゃんとした定義がなくてはいけません
禁止なら一切禁止!
という確固たるものがいります

そこでお節介にも
勝手にミュージシャン代表として
11月6日の土曜日
独断とアポなしで
名刺を持って
和歌山駅を突撃訪問してきました

文句を言いに行った
のではありません
あくまで
「大人の話し合い」です

まず貼り紙を写メって
「わたくし和歌山のミュージシャンを代表して来ましたSEIZYといいます
この写真の貼り紙について上の方か責任者の方と話がしたいんですが?」
と言う感じに(笑)

あの貼り紙は一体どういうことなのか
そしてこれはいい
これはダメ
全面禁止なら全面禁止!
とひとつひとつ話しておく
そしてミュージシャンや個々のファンたちにその項を伝える必要があると思ったからです

遊びでやってる奴ならいいですが
まじめに活動してる者もいます

誰かがやらなきゃあかん
でもそのままならば
みんな不安なままやからね

今までもライブ中に
よく注意されたりしたけど
そのたびにやっぱり気分が悪いですしね
それらをわかっておけば
そんなことにもならないかな...と

話してみると先方さんも人間です
「そういったことで訪ねていただいて話せるのはいいことです」
と言ってくれました

そして いろんなことを
話してきましたので
簡単にまとめたものを
コンテンツとして
トップページの上の方に貼り付けましたので
和歌山駅をたまにでも
使うミュージシャンは当然
そのミュージシャンの
ファンの方々も目を通しておいてください

そこに書いてることは
要点ですがすべてではないので
わからないことや質問などは
同ページの下のメールをクリックしてメールを下さい
できるだけ迅速に対応します

今回の俺の行動は
勝手なこととは思いましたが
何かあって「全面禁止」
になってからでは遅いので
即、行動に移させてもらいました

あの場所は公道ですが
みんなの大切なライブの場所でもあります
ちゃんと守っていきたいですからね


追伸
俺の名刺が初めて
名刺らしく使われました(笑)



ちょっと用事で

どうも!SEIZYです!

昨日は
ちょっと用事で和駅付近まで行って参りました

たまたま
ほんまにたまたま
藪ちゃんと遭遇

和歌山を代表する
シンガー2人
が遭遇です(笑)

藪ちゃんはストリートへ
俺は用事へ...

終わってから藪下将人
ストリートライブを
聴いてました

いつもはやる側やから
たまにはこうして聴く側へまわるのも
ええもんです

ギターは車へ積んでるから
そのまま俺もやったろか
とも...

思いませんでした(笑)
服&髪が一般人やったしね(笑)

キメるとこキメないと
やっぱり気が入りません
(キマってるか?)
(うるへー!キマってるんじゃ)
(うるへーって...古っ)

あ~とにかく!
ホント偶然に
藪ちゃんストリート聴きました


あ~こんな日は
どうも!SEIZYです!

気づけば11月に入ってます
もう2010年も
大詰めですね~

そんな本日
ぽかぽか陽気の
気持ちええ天気

こんな日は
お菓子食べながら
マンガ読んで
知らん間に寝てしもて...
昼寝タイムに突入!

って状況が一番!

俺ってね
夜にわりかしグッと寝るタイプやから
あんまり昼寝ってしないんよ

そやから昼寝に憧れたりする

高校のとき
1回だけ夜から夕方まで学校行くのスルーして寝たことがあって

目が覚めたら窓の外は夕焼けで明るいの
朝日やと間違て
「あっ寝過ごした」
って大急ぎで制服着て
学校行きかけたことがありました(笑)

おかんに
「アンタ制服着て
どこ行くん?」
て言われて...

夕べのステージ熱も
冷めやらぬ今日という日を
空も気持ちよく迎えてくれてます
ありがとう!でした!
どうも!SEIZYです!

KAJA LIVE
来ていただいたファンの方々

ありがとうございました

この兄ちゃんのLIVEは
毎回ですがSEIZYも
沢山の刺激と
沢山のパワーを充填しました

兄ちゃんはいつも
オフステージでいっぱいの言葉と
アドバイスをくれます
ステージでは
言葉はありませんが
LIVEの作り方
様々な肝を伝えてくれます

それを吸収して
SEIZYもまたひとつたくましくなるのです

これからもより一層
パワー満タン
夢と希望に満ち溢れた
ステージができるでしょう

いつもと違い、
かしこまった俺が
面白かったと思いますが
体育会系育ちなもんで(笑)

「ステージでは態度デカいけど降りたら腰低いで」
と兄ちゃんによく言われてます(笑)

何はともあれ
ファンの方ひとりひとりに
感謝してます

シンガーとは
ひとりではなんもできない

良き先輩がいて
良きファンがいて
そして
シンガーがそこにいます

これからも末永く
SEIZYを応援
よろしく頼むぜ!!

サンキュー!
マイオーディエンス!
アイラヴユー!
わかってるわいっ!

どうも!SEIZYです!

コンビニとかで売ってる
チン!して出来上がりの
うどん

だしとうどんの間にナイロンで仕切ってあって
出来たらそれを抜いて
食べるんやけど...

そのナイロンに書いてある

「食べられません」

どうもご親切に...

って
わかってるわいっ!

食べてもて
「食べられませんて書いてないから食べてもたやんけ!
損害賠償よこせ!」
とかメーカーに文句言う奴おるんやろか?

とうどんに突っ込みながら食ってしまいました(笑)