SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
ありがとう
どうも!SEIZYです!

あっという間の1時間でした

UST生放送!
SEIZYの「今夜はオーライ!」

観てくれたみなさん
ありがとうございました

これからも
毎月第4水曜日は
よろしく!です!

「SEIZYが挑戦」
も2回の放送すべてなんとか唄えております
みんなフォークソングが好きなんやな~と思いますね~
やっぱり親しみやすくて素晴らしい曲が多いですもんね

パソコンやTwitterに慣れてない人もゆっくりでいいんでちょっとずつ参加してくださいね

パソコン持ってない方
放送は生でも観れます
狐島FOXYテラスに来ていただければ
オーライ!です

1時間にギュッと詰まった
SEIZY WORLD

これからもよろしく~!
スポンサーサイト
カズ!最高や!
どうも!SEIZYです!

訳のわからん
腹立たしい、悲しい話題は
どうやら和歌山音楽界だけ
...らしい

日本中は違うよ~!

サッカー観た?

小笠原が「東北魂」
と書いたシャツを来てる

チャリティーだからと手を抜くことなく
闘莉王がイエローカードのガッツファイト


そして なんといっても


カズ!

45歳!

カズダンス!

これぞエンターテイナーのあるべき姿ではないだろうか?

一瞬カズダンスをやるのを悩んだらしいが
東北ではサッカーがやりたくてもできない子がたくさんいる
このままではサッカー選手も減ってしまう
元気をあげたい!
と、
かつての
「サッカー名物」を
踊って魅せた

俺が昨日書いた
東北にはやりたくてもやれないシンガー
聴きたくても聴けない
人がたくさんいる

と同じだ

これが「その道」で 生きる人の当然の姿、本当の「心」だよな?

カズも もうサッカー選手にしては最年長、大先輩だ
しかし、引退することなく、
ずっとサッカーを引っ張ってきた

やっぱり大先輩には
こうやって
デッカい旗振ってほしいよな?

あのカズダンスで東北の人たち、観客
そしてなにより感動したのは
あのカズダンスを観て育ったサッカー選手たちではないだろうか?
元気出たと思うで~

感動を与えられるのは俺しかない
引っ張っていくのは俺だ!
というあの器の大きさが
サッカー界の未来を確実に照らしてる
ああいう先輩に後輩たちは憧れる
後を継いでいくもの

日本の音楽は死んだ
よく言われる言葉だが
こういうときに
「なるほどな」とわかる...
いや、言い過ぎた

ごめん...訂正!

日本の音楽は死んでない
和歌山の音楽が死んでいる

だから
俺が生き返らしちゃる!

カズのように知名度もなけりゃ器もない
しかし、そろそろ俺も年長さんの部類
(いや、もう年長さん?笑)
もっと有名になって引っ張っていく
和歌山蘇らせたる

あのサッカーのチャリティーを観て
選手、スタッフ、観客の中で
誰が損をする?
誰が売名してる?
誰が減収だの言う?
必要経費がなんぼとか誰が言う?

そんなこと言うのなら
感動与える仕事など辞めて
安定した月給取りになればいい

「いいイベント」
だったら
歌手もスタッフも裏方もお客もみんな誰でも大満足なはずだろ?
そのために自分のポジション(仕事)をやってるんだろ?
それがお金以上の喜びじゃないのかい?

お金なんて後で何倍にもなって帰ってくるもの
4万人の観客が入ったんやで?
あの4万人+東北のファンは後々のサッカー界を絶対盛り上げて、そして支えてくれる

これが損だの減収だの小さいことより
今後のサッカー、いや、
日本の何よりの
「プラス」だよな?

東北だけじゃない
日本中に元気を与えてくれた

カズをはじめ、
サッカー選手たち
ありがとう!


サッカーの感動を伝えようと書いたが
また所々で怒ってしまい
申し訳ありませんでした

まあ、今回はそれだけ俺が怒ってることだと思っていただければこれ幸い!です


さあ!
ええタイミングで!

今日はユースト生放送

SEIZYの「今夜はオーライ!無修正版」

です!
21:00~22:00

吠えまっせ~!
やりまっせ~!

楽しませまっせ~!

リクエストやメッセージもどんどんしてね!

お楽しみに~!
チャリティーうんぬん...
どうも!SEIZYです!

今、かなりのミュージシャンやスポーツ選手
ホースレースの騎手に至るまで様々な形でチャリティーイベントなどが行われてる

「心あるもの」
たちがこういった動きをすることは
金額や盛大さは違えど必ずや思いが伝わるものやと思う

今日は俺が、ある
「かわいい後輩シンガー」
から相談をうけて
事実を確認して知ったこと
それは俺にもショックなことだった
これについて書こうと思う

後輩は悩んでいた...
落ち込んでいた...

軽率な発言は時として
「影響力が大きい人」がすれば
こんなにも波紋がマイナスとなって寄せてくる

みなさんもご存知かと思うが
俺も若輩者ながら
CDシングル募金なるものをしている

しかし、何かの形でチャリティーを志すものをさしおいて
自分がチャリティーうんぬんをしない理由をさも正当化した理由を後付けしたような輩もいる

間違ってほしくないので言っておくが
俺はチャリティーうんぬんをしないことはそれはそれでいいと思う
「ミュージシャンは金がない」
を俺もよく知っているし
やりたくてもやれない子もいるだろう
どうすればいいかわからない子だっているだろう

こんなもんは強制でもなければなんでもない
やったもんが偉い訳でもない

ただ、やるかやらんか
それだけだ

それ以上も以下もない
やれる奴がやればいいのだ

「やる人を批判してるんじゃないんですよ」
「やる人は頑張ったらええと思う」だと?
何様だ?ふざけるな!

現に阪神大震災のときは
バンド活動していた俺は正直なにもしていない

それはそれでいいと思うのだ
だからチャリティーをしたから偉いとかやらないからどうの
じゃなくて

それならそれで
やらない理由などを後になって取って付けたみたいな言い訳を正論のごとく
ゴチャゴチャ垂れるな
なのだ

コメントも「大変ですね 頑張ってください」
だけでいい

人それぞれ考えかたもあるから仕方ないが
要はなんやかんや言ったって
結局やらんのやろ?
じゃあ黙っとけ
なんである

そのほうがカッコいいしね

身銭を削ってまでやろうとしてる奴らに失礼である

こんなもんは
理由やら何やらの前に
「心」
が先に動くからやるもの

よく歌でも出てくるような
「金よりも大切なかけがえのないもの」
それがまさに「これ」
まさに「いま」
ではないんだろうか?

俺もぶっちゃけ
やれ募金だ
やれチャリティーだ
と言っても
微々たる募金ごときで何にも役には立たないかもしれない

しかし、俺の周りのファンの子や仲間たち
この出来事で暗い気持ちになった子たちを
俺が何かをすることでちょっとでも身近なところから
明るさ、希望、光が見えれば...
と思うし、歌にはそんなデカい力があるものやと思っている

訳の分からん理由などの前に体が先に動いたもんやから
やっただけのこと

自分で募金したからええと言うのは
まったく持って話が別
そんなもん俺もした!

それはそれ、これはこれである

「歌うたい」は「歌うたい」しか伝えられないものがたくさんあるし
伝えるときには伝えるべきだと思っている

あんたの都合や理由など周りに言い訳してるだけで
苦しんでる人にはどうでもいいこと

歌うたいは
いつもみんなに、世の中に
歌を唄わせてもらってる
商売させてもらってる
今こそ、恩返しの時!
「損か得か」
「ゼニカネ」
の問題ではないのではないか?

1日チャリティーしたからって死活問題か?
どんだけ損になるんよ?

現にチャリティーに参加してるシンガーたちに金持ちもいなけりゃ
金が欲しい子もたくさんいるよ
俺もそうだ

しかし今まで自分の歌で元気になったファンがいる
そんな子たちは
「SEIZYの曲で東北の人も元気がでるはず」
と思ってる子もいっぱいいただろう
だからSEIZYがやらねば誰がやる
なのである

俺は世の中の人に
「応援歌」を唄っている
だからやる!
ただそれだけ
簡単なことだ

自分の曲に嘘はつけない
自分のファンを裏切れない

電気を使う金?
音響?
俺らは体とギターがあれば電気なんかいらんのちゃうんかぃ?

スタッフ?
いらんいらん
必要ないわ!
自分らでできるし
やってくれる奴ばっかりや
なんやったらファンの子も手伝ってくれるわぃ!

そんな理由は理由やない
ご都合や

同じ「歌うたい」として
同じ「文化人」として
情けない
(チャリティー参加うんぬんやなしに言い訳がね)

昔、バイクで事故った俺の友達がこんなことを言ってた
...入院してるときはホンマに心細い
死んだほうがマシやと思た
そこへ心配して駆けつけてくれた友達はマジで嬉しかった
元気がでた
後で来れなかった理由を言いにきた友達もいた
やっぱり恩を一生忘れないのは前者の方
そいつに、もしなんかあったときは俺は必ず何を置いても力になろうと思う

来れなかった者には悪いけど
どんな理由があるにしても
「結局来なかった」
「そんな奴」と思ってしまうんよな~
思いたくないけどね

これとまったく同じである
これが人情というものではないか

被災地には唄いたくても唄えないシンガーもたくさんいる
聴きたくても聴けない音楽好きな人もたくさんいる

ここで立ち上がるのは何不自由なく唄える自分だ

結局は気持ち、心の問題
何よりも脳よりも
体が先に動くもの

そういうことではないだろうか?

ストリートでも喋ったが
俺もチャリティーどころの暇や金もないよ
でもここでやらなきゃ
自分の歌を、
応援歌を
唄っている意味がない
ここでやらなきゃ
シンガーなんか辞めた方がマシだ

たのむから部外者は黙っててくれ

君たちに
「シンガーとして」
発言する資格はない!


若きミュージシャンたちへ

何も悩むことはない
自分の信じた道の上
を行けばいい
不安なときは言いに来い
SEIZYがいつでもケツを押したるから安心せぇ!
頭に付いて離れない!
どうも!SEIZYです!

最近どうも頭に付いて離れないキーワード

こんにちワン
ありがとウサギ
おはよウナギ

ウナギ...(笑)

ほかにも仲間がいてるらしいやないか
いや、正確には増えてきてる?

俺はテレビをみないので
その「ほかの仲間」をあまり知らないが
(ラジオはこの3匹しか出てこないんでね)

コイツらが頭に付いて離れない

そこで疑問
なんで犬だけ「ワン」
なんでしょう?
ごめんなさイヌ
でええんちゃうの?
と思えば
ごめんなさいには
ごめんなサイがすでにいてるらしいやないか!

ごめんなサイて...
また無理くたな

ごめんくださイヌやったらアカンか?
ほなこんにちはは誰にする?
ワニ?
いや、ワニもすでになんかに参加してる?

あー!
頭に付くんでこんなことばっかり気になって気になって
しまいにゃ自分で作ってしもてるやないか(笑)

コイツら
どこまでふえるんでしょうか?
6×9=74(ろくでなし)第5章
どうも!SEIZYです!

自慢大会はまだまだ続きます(笑)

うるせー!
事実やからしゃーねーっちゅうの!


SEIZY自伝的ブログ小説
第3部 高校生編
6×9=74(ろくでなし)


「第5章 見たか!これが城東スペシャル!」


1回戦で北高を破り、
まさかまさかの大波乱を演じた我がチームは
完全に調子に乗って

「これ、優勝あるで~」
状態だった(笑)

ここはさすが東高校生である
「単純なお調子者」
が多い
まったく気を引き締めない(笑)

さて、迎える第2回戦は

御坊商工

このチームは北高より強い...

基本的に自分より2つ上の人ばかりやけど
この2つ上の御坊商工のメンバーは
中学時代、県下無敗だった偉大な2こ上の先輩たちが公式試合で唯一1セットを穫られ、かなり接戦したチームがそのままシフトアップしていた
その強さは中1だった俺もはっきりと覚えてる

ババァーーン!

しかし、その誰もが御坊有利と思った
2回戦で1人の1年生が奇跡を起こすっ!
らしい!(笑)

近頃は和歌山県高校バレー大会もテレビで深夜なんかに放送されてるが
当時はそんなものはやってない
しかし、この頃に放送があれば間違いなく
テレビ中継は大騒ぎ!
ヒーローインタビュー!
新聞には「スーパー1年生」の文字が踊っていただろう
...と思う...たぶん(笑)


さあ試合開始!

みんなの予想通り
もちろん1セットは軽く穫られました

「あかん!やっぱり先輩らを苦しめたチームは強すぎる」

なんか「あの強かったチーム」
と試合をしてる自分が信じられない気持ちでした
まるで雲の上の存在のチーム

しかし、無謀にも大胆にも
だんだんと
「このチームに勝ったらカッコええやろなぁ~」
と思い始めたのでした
プラス思考というのはこういう時に役立ちます

さあ!これで
俺の中学ラスト試合の紀伊中学戦以来
眠っていた闘志にスイッチが入りました!

「ほな一丁本気だしたろか!」

まだ2セット目は0対0

本気を出したのは
俺のサーブの時です

「いっくぜ~!度肝抜けよ!バッシューーン」

今まではけっこう
やる気なさげに普通に打っていたサーブでしたが
得意の必殺技
「城東名物!※無回転ゆれるサーブ」
を出してやりました

無回転のボールがネットスレスレを伸びながらゆれて足元へ来るとストンと落ちるサーブです
サーブの究極奥義です(笑)
威力抜群です

ピーッ!

ホイ!きまり!楽勝!
サービスエース!

労せずに1点を穫ります
相手も1セット目とは違うサーブに動揺してました

中学の頃、毎日毎日コートの隅に置いた椅子めがけてみんなで半ベソかきながら練習した成果がここへきて爆発しました

「へっ!俺のサーブは誰にも取れるかぃ!」

そのあともバシバシ決まり

気づけばなんと!

なんと!

なんと~~!

18連続サービスエース!
あっという間に
18対0!

バレー経験者ならわかるでしょうが
これはバレーでは
すごいことなんです

たぶん今でもこの記録は抜かれてないんじゃないでしょうか

レシーブの弱い選手へ集中攻撃!
落としたり、伸ばしたり

サーブが決まる度に会場からは
「オォ~~」

ざわめきというより
どよめきが気持ちよかった

あのちっちゃい時に「萬波」でアニメソングを歌って大拍手をもらったときの気持ちよさです
(小学生編参照)

高校バレー史に大記録を残してしまいました

野球でいうなら
無名のチームの1年生ピッチャーがPL学園にパーフェクトを達成した!
ってな感じです

このセットは結局
東高校の圧勝!

1対1で迎えた第3セット
やはり第2セット目の傷が引きずったのか
俺のサーブがまたもや連続8点決まったのもあり
北高に続いて
強敵、御坊商工にも勝ちました!

強いチームはプライドが崩れると案外モロい
穴を見つけたらピンポイントで攻めたれ!
これも中学のときに教えられたことでした

俺の決まったサーブが2、3セット合計26点!

中学でも「スーパー」になれなかった奴が
高校になってとうとうヒーローになってしまいました

監督は両手離しで大喜び
それもそのはず

東高校創立以来&
バレー部初の
「県ベスト8」
に輝いた瞬間でした

それが入学して間もない
たったひとりの1年生によって達成されてしまいました!

「新人戦も楽しみやわい~!」
と監督は高笑いが止まりませんでした

さて、世の中には
「飴と鞭」
という言葉があります

誰が言ったか知りませんが
よくできた言葉やと思います

次回!この「飴と鞭」
が俺を襲います(笑)


「バレーファイナル!」

です!お楽しみに!


SEIZY談
どんなもんだい!
弱小チームが強豪を2校も倒しちゃいました!

サーブはもともと得意な俺だったんですが
こんなに威力があるとは思いませんでした
サーブにはノーマルなやつ
天井サーブなどありますが
点を取れるサーブは
すごい回転をつけるドライブサーブ
そして無回転サーブです

ドライブサーブは早い球で攻めます
豪速球の直球です
逆に無回転サーブはいわば「変化球」
こっちは難易度が高いが効果はバツグンです

第2試合が終わったあとはもう地に足がついてなかったですね(笑)
完全に舞い上がってました
しかしこの油断がスポーツの世界では禁物なんですわ
世の中うまいことばかりにはいかないもんです

次回をお楽しみに!


※ 城東名物 無回転ゆれるサーブ

打つ!
相手は「ネットにかかる...ミスや」
と思た瞬間ネットスレスレを横にゆれながら伸びてくる
「うそ!?」
伸びてきた球に合わそうとちょっと後退したとこへ足元へストン
ということが起こる(笑)
我らが城東中は背が低かった分
「サーブで勝て!」と
このサーブを深夜まで死ぬほど練習してきた
だから狙ったとこへ落とすのは簡単でした
6×9=74(ろくでなし)第4章
どうも!SEIZYです!

今回、次回はまるで
自慢大会のようですが(笑)

うるせー!
事実に自慢もクソもあるかぃ!
いつもアホアホと書いてるんやからたまにはええわい!
と話を進めます


SEIZY自伝的ブログ小説
第3部 高校生編
6×9=74(ろくでなし)


「第4章 高校最初の大会!3年生には最後の大会!」


...試合開始のホイッスル
が鳴りました


和歌山県高等学校バレーボール選手権大会

この日のために
チーム一丸となって必死に練習...

してません!(笑)

中学とは打って変わって
もともと弱いチームは
まったくの違いがあります
週に2回はサッカー部と
サッカーの試合をしたりしてました(笑)
だから苦にならなかったですね

そんな俺にとっての高校初公式大会です
もちろんレギュラーです

俺の背番号は
「10」
初めてもらった中学1年の時の背番号と同じです
ん~縁がある!

この時点で「3」と「10」
を俺のラッキーナンバーと認定しました

和歌山東高校バレー部
1回戦の相手は
なんと!俺には個人的に因縁のある

和歌山北高!

保体科で各クラブに和歌山市内の強者たちが毎年入ってきます
(まあ俺を選んだくらいやから目は確かやな...笑)

北高に隣接してるってのもあってあの名門紀伊中学の選手も多いです

そしてもちろん強い!

今まで1回戦負け常連校の東高校には大変
過酷な相手でした
というより負けて当たり前なので考えようにしたら逆に
「楽な相手」でした(笑)

先輩たちもみんな諦めてました
3年生には最後の大会とあって
もう「引退モード」
でした

うちの東高校には
1年生レギュラーが2人いました
1人目は城東中学出身、俺
2人目は城東、紀伊と並ぶ強豪、東中学で※セッターだった西村
彼が裏セッター
俺は※センタープレイヤー
あと、3年生が※エース2人、
セッター1人
2年生のセンターが1人
の6人です

2人の強い中学出身の1年生がレギュラーになったと監督(Mr.高津)は喜んでいたけど
ゆうてもまだ1年やしね...

しかし、ドラマというのは、この北高が1回戦という所から始まっていたのです

その1回戦
北高との試合が始まった

開始何分か後
メンバー全員が思ったはずです

「なんかおかしい...」

そう、北高相手に善戦
いや、ええ感じで試合をしている

「これじゃまるでバレーボールや!(笑)」

今までほとんどストレート負けや1回戦敗退という試合をしていたチームには思えない

先輩のアタック(スパイク)が決まる
1年生の俺も西村も見せ場充分の大活躍!

当時のルールは
25点先取、3セット制
先に2セット穫れば勝ちである

結局、2対1で和歌山東高校の勝ち!

これは高校バレー界では
「大番狂わせ」である

Mr.高津は
「当然じゃ!今回のウチはちょっと違うぜ~」
と言っていた

気分がいいのは監督だけではない
俺もそうだった
なにしろ相手校の推薦を蹴って弱い高校に入り、レギュラーになってそこを倒す!
というすごいことをしてしまったわけだから

自分で「カッコええんちゃうん?」
と思った

しかしもっとカッコええストーリーがまだ先に用意されているのを俺はまだ知らなかった

これだけでも充分
満足だったんだが...


さて次回は
せいじが更なるバレー伝説を築く!

「見たかっ!これが城東スペシャル!」

お楽しみに!


SEIZY談
バレーをやっててよかった
と思いましたね
純粋に俺の中の
「スポーツマン」の部分が大爆発しました!

何より俺と西村がみんなからたてまつられたのが気持ちいいというかなんというか...
俺たちの城東、東中、紀伊のレベルがホンマに高かったんやなぁ~と思いました

中学時代はバレーの試合は
「辛いもの」
「苦しいもの」
と思ってましたが
この試合はものすごく冷静で余裕を持ってできたことを覚えています
そして結果が出せたから
それが教訓となって
今でもライブは
冷静に余裕を持って
のぞんでます

しかし!次回は
和歌山高校バレー界がひっくり返ります(笑)

お楽しみに~!


※ エース
アタッカーともいう
スパイクを打つ担当
エースが後衛に
回っ た時に前衛に
くる裏 エースと
6人の中で 2人い る

※ セッター
スパイクを打つため
のトスをあげる係
これも表、裏と2人
いる

※ センター
スパイク担当だが
クイックや時間差
などのトリッキーな
攻撃担当
ちょこまか動くので
しんどい(笑)

こんな感じで6人制のバレーボールは
構成されている
水をくれー!
どうも!SEIZYです!

「水だ!水だ!水をくれー!」

で有名(?)な男といえば?

あしたのジョー
主人公 矢吹丈の最大のライバルであり、
そして最高の友でもある

「力石徹」

彼が亡くなった日が
今日 3月24日である

ジョーとの試合で命を失った彼は
ジョーと並び、ファンも多い
葬式も行われたほどである
そして毎年この日には命日で集まるファンも多いらしい

彼の凄いところは
ジョーがプロ入りしたときに
自分のウエイトをひとつ落としてまでジョーとの試合を切望した

飲まず食わずで倉庫に閉じこもり
半狂乱になって
「水だ!水だ!水をくれー!」
のセリフになるわけである

そして出された白湯を
「気持ちだけ飲ませていただきます」
と床に流すシーン

アマチュア時代に1度試合をしている両者だが
(力石が圧倒的勝利)

そこには
ジョーとのライバルを越えた友情がかいま見れた

プロでのこの試合も力石が勝つのだが
この試合中のジョーのパンチが致命傷となって
試合後、すぐに亡き人になってしまった

ジョーのエピソードは数あれど
俺をはじめ、ファンの中にもこの
矢吹VS力石
のエピソードを好きな人は多い

このように
男の美学や友情、根性などを
「たかがアニメ」
に学ぶことが多いのである

男の中の男
力石徹
脇役を越えたカッコよすぎる存在である
ずんぐりむっくり


鳩は平和のシンボル

とはよく言いますが
平和のシンボルのわりにはオドオドしてて
逃げまくって
餌をあげてもなんか
「いつでも逃げれまっせー」
ってな感じで
そのくせ餌だけはきっちり食べにくる
食べたらすぐ離れていくし
人ばっかり疑いやがって(笑)

平和のシンボルやったら
もっとなついてほしいわ~

そやけど
鳩ってよく見ると

わりと
「ずんぐりむっくり」


かわいい...


写真は
逃げまくるから正面撮りたいのに撮れんやないかっ!
6×9=74(ろくでなし)第3章
どうも!SEIZYです!

昨日のFMでもメッセージをくれてましたが
結構楽しみにしてくれてる方がいるのは嬉しい限りです
書く意欲が沸いてきます!

さあ!いきましょう!

SEIZY自伝的ブログ小説
第3部 高校生編
6×9=74(ろくでなし)
です!

「第3章 楽器もできないバンドマン」


高校バレー
あっという間に決まり
あっという間に入ることになり
ほんまに俺の気持ちには反対方向に高校生活は進んでいきました

キツネにつままれたようとはまさにこのこと

はっきり言ってこの時の胸中は中学バレーの時よりもイヤでした

たまに部屋の中で埃を被ったギターを手にしては
お得意の(未だにこれしか弾けませんでした)
「ジョニーの子守唄」
「夢の中へ」
を弾いては悔しい気持ちをぶつけることもできず
ただモヤモヤしていました

しかし、何を思ったか
ばいぽんはサッカー部
けんぴも一瞬だけサッカー部に入ったものの一瞬で辞めました(笑)

帰りは違えど行き道は3人で相変わらず
サ店のコーヒーでした(笑)

けんぴ...早起きしてもまったく報われず(笑)

バンドの夢も決して諦めてはおらず
何も決まってない
練習もしてないけど
バンド名だけは決まってました

那血枢(ナチス)
ボーカル&ギター せいじ
ギター けんぴ
ドラム ばいぽん

ベースだけ決まればいとも簡単にバンドの出来上がりです

ただ この頭の悪い無計画な楽天家3人組は
せいじ...Fも満足に押さえられない未だに「Gの男(第1部の後半参照)」
その前にフォークギターしか持ってへんやんけ~
けんぴ...ギターさえおぼつかない、持ってもいない
ばいぽん...ドラムなんか触ったこともない、もちろん持ってない
スティックってなに?
の世界
という初期のクールスのようなもんでした(笑)

ただ理想と夢だけでバンドを組んでました
いや、正確にはバンドとは呼びません
どちらかと言うとチームです

でも、それもどことなく楽しく、充実してました
仲間とワイワイ何かについて語る
同じ夢を持つ
というのは、俺の高校生活になんら不満を与えるものではなく、それよりもすごく居心地がよく気持ちのいいものでした
中学の時にはこんなことはあまりなかった
これだけでもイヤなバレーが紛れるってもんでした

しかし、この夢が後々に少しずつ
しかも確実に叶えられ、
実現するのを

「楽器もできないバンドマン」

たちは信じて疑わなかったのでした

俺たちは明日のロックスター
俺たちをただの不良と軽蔑してた周りの奴ら、...いや、たくさんの人の度肝を抜いたる!

頭は悪い、ろくなイメージがない
そんな俺たちにできることはもうこれしかない!
と思い始めていました

さて次回は
高校バレー初の大会に出場します

「高校初の大会!3年生には最後の大会!」

です!お楽しみに!


SEIZY談
高校にはばいぽん、けんぴのほかにもたくさんの仲間ができたのも大きかったのか、
バレーはイヤだったけど不思議と苦にはならなかったですね
まあ先生が来ないときは練習が楽でしたからね~

「那血枢」
懐かしいですね~
よく名前を覚えてたと思います(笑)
一見「暴走族?」と思わすような名前と当て字
ちがいますよ「パンク」です
まあ、俺たちがそういう環境でしたからこのセンスは仕方ないです(笑)

さあ!では次回のバレー大会でせいじ選手にどえらいことをやってもらいましょう!

お楽しみに!
第1回目のご報告
どうも!SEIZYです!

3月19日に行ったSEIZYストリートライブにて 販売が始まった

「東日本大震災被災者応援CD」

ご協力いただいたみなさま
ありがとうございます

このCD募金はこれからも続けていきますので
益々のご協力よろしくお願いします

まずは3月19日での
ご報告をさせていただきます

みんなの「心」が

¥18115

集まりました!

ありがとうございます!

これからも
「和歌山のシンガーSEIZYがこんなことやってるよ」
と知り合いやたくさんの人に広めて、協力をお願いしてください!

そして、サイトにも
「東日本被災者応援CD」
のコンテンツを設けました
トップページのPC、MOBILEが選べるページでページ更新を押してください

俺みたいな者でも何かできるはず!
これからもよろしくお願いします


では!
FM和歌山へ行ってきます
みなさま 後ほどお逢いしましょう
ありがとう!
どうも!SEIZYです!

今年初のSEIZYストリートライブ
ええ気候の中できました

本日、ノンバラード仕様でお楽しみいただきました

カバーのコーナーも
我が友けんぴのいなくなった直後ということで
湿っぽくなっちゃった感がありましたが
つきあっていただき、ありがとうございました

アイツも空から一緒に唄ってたかと思います

「被災者応援CD」

もみんなの「心」をいただきました
ホンマにありがとう!

これを義援金として
確実に送ってきます

当CDはこれからも販売しています

これからもよろしくお願いします


今日は本当にありがとうございました!

またやろうぜ~!
期は熟した!俺達の力見せてやれ!
どうも!SEIZYです!

無事、できましたよ~!

まあしかし
「極心」もそうでしたが
俺は今回のCDほど時間と闘ったことはありませんでした(笑)

でもかなり「ハート」を込めましたよ

俺の仕事はここまでです
後はこのCDが多くの人の手に飛び立っていってくれることを望みます
それだけ、被災者の方々の力となるわけですから

それでは!本日より
「SEIZYなりの行動」
を開始いたします!

20時からの和歌山駅
ストリートライブにて始めさせていただきます!

今日は3月19日で
「319=ミュージック」
の日らしいです
ライブにふさわしいじゃないですか~

では!
よろしく!です!
俺達の力見せてやれ!...るかな?
どうも!SEIZYです!

夜の10時から...
大幅にスタートが遅れてしまい、
若干焦り気味に始まった

「被災者応援CD」

のレコーディング

無謀な2日間
いや、2日といっても
実際にレコーディングできる時間は1日とちょい
6~7時間しかありません
後は音のバランスをとったり
CDに焼いたり
盤面に印刷したりと
その辺の地味な作業があります

ホンマに無謀
しかし口に出したのなら、思いついたのなら実行しなければ自分の曲の発してるメッセージに反するからね

許されてる時間が時間なんで
特に難しくは考えず
流れるがままで録っていくことにしました

だからラフな所もあるかも...ですがライブのような感じで
いつも言うようですが俺的にはこのような仕上がりはめっちゃ好きです

1曲録り終えたのが
11時半でした

まだホッとはできません

さあ!ここからが正念場です
作詞作曲をしなければいけません
2曲のうち1曲は作ろうと思ってました

詞から作ることはあまりないのですが
少しの足しになれば...
と昼に思いついた歌詞を無造作に携帯にたくさん打ってました

作っていくメロディーに合う歌詞を
このたくさんのストックたちからピックアップしていきました
ボツになった歌詞たちを使うとまだ2曲ぐらいはできそうですが...
やむなく破棄です(笑)

そんな感じで
できるにはできたけど
「こんな歌ええんか?」

しかし、言ってる暇はない
できたもんはしゃあない(笑)

自分のセンスを信じて
とりあえずこの曲でレコーディングに入りました

いざレコーディングで
コーラスなどを入れてしまえば...

なかなかどうして
綺麗な曲になってしまいましたやん~

「綺麗やな...俺が唄うより他のモンが唄たほうがええんちゃうか(笑)」

まあもう1曲は
「モロ!SEIZY」やからええか
(はい!必殺技「まっいいか」です)

あとは...
全体の仕上がりをチェックしてあかんとこをもいっかい録って
音質補正、※マスタリング
...などなど
で終了です

ここまできたらなんとかなるでしょう

応援してくれたみなさん
ありがとうございました
今日中には完成予定です


追伸
昔からですが
レコーディングで寝不足というのは不思議なもので
朝起きても昨日のテンションを引きずります
かなりの気合いで唄いますからね~

おかげでSEIZYは朝から
「オーーーライ!」
です(笑)


※マスタリング
CDに焼く前に音をCD容量の最大限に入るように調整しつつ、バランスをとりつつ、ボーカルとかがはっきり前にくるようにしたり、
ギターが2本なら左右に振ってみたり...
聴いてあかんかったら調整しなおし!
まあ、CD制作で1番面倒なんですわ...これが
俺達の力見せてやれ!ってことで
どうも!SEIZYです!

突然ですが...
SEIZYは本日夜からレコーディングに入ります

レコーディングといっても
コンプリートシリーズでもニューアルバムでもありません

19日(土)に行うストリートライブの日から
急遽シングルを出します

だから実質2日間しか時間がありません

ラジオで喋ったり、
ブログで書いたりしながらも
ずっとモヤモヤしてました

そして今の俺にはやっぱりこれしかできない

このシングルCDの売り上げをすべて東日本の被災者の方におくることに決めました

「何かしたい」
「何をすればいいかわからない」
「いつしよう...」
そんなSEIZYファンの方々
SEIZYが責任をもって全額を募金機関に届けてきます

今の俺には全国のみんなに与える影響力もなければ発言力もない
こんなことぐらいしかできません

このCD募金は東日本の街が落ち着くまで
物資や義援金が安定するまで続けたく思います

基本的にライブでしかさばけませんが...
それも回数がこなせれば
と思います

ただ、このCDの価格は設定しません
儲けるためではなく
あくまで募金目的ですので
1枚いくらでもいいです
最低も最高も決めません
「あなたの気持ち」
で結構です

決して高いお金は要りません

ライブの度に募金できます

そして、CDのほうもジャケットもなければ立派なケースもありません
ホンマに質素なものですのでご了承ください

「SEIZY CLUB」
として募金しようと思っています
これもご了承ください


でも、過去の録音のダビングではハートがないので新録にしました

口ではカッコええことは言うけど
実行しなけりゃただの戯言です

SEIZYがやらなきゃ
誰がやる!

みなさん!
協力してください!
お願いします!


では今夜から2曲入り
「SEIZY被災者応援CD」
の制作に入ります!
2日で作ってみせます!

よろしく!

注、募金袋はこちらで用意しますので袋や封筒には入れてこないでください
6×9=74(ろくでなし)第2章
どうも!SEIZYです!

SEIZY自伝的ブログ小説
第3部 高校生編
6×9=74(ろくでなし)
の始まりです!

「第2章 クラブなんか大嫌い!」


あ~ぁ なんでこんなことになってまうんやろ...

俺はこの世の終わりのような思いでトボトボと下の体育館へ行きました

当然、城東バレー時代の先輩もいます

「おっ せいじくんやないか~なんや?バレー部入ってくれるんか?」

「あっいえ...強制入部です」

「ほんまか~そらかわいそうやな
ま そやけど城東バレー部は入れられるわな
そやけど安心せぇ
ここはめちゃくちゃ弱いから城東みたいに鬼の練習やないで!先生の怖さは負けてないけどな(笑)
でもあんまり練習にけえへんしな」

そんなのはもはや問題ではありません

「まあ今日は練習着もシューズも持ってないやろしその辺で見てろや」

「あ...はい」

なにを考えてたでしょうか
ただ「無」でボーっとコートを見てました

...どうする?
イヤや!絶対イヤや!
高校辞めたい
入学早々やけど辞めたい
でもバレーのせいで高校辞めたらまたバレーの呪縛のままや
アカンアカン
ん?今も立派に呪縛中やぞ
ん~冷静になれ
落ち着け
落ち着け

そう言ってる間にMr.高津が来て
俺を呼びます

「おい!オマエ!
こっち来ていっぺん打ってみろ」

どうやらアタックを打ってみせろというんです

「あ...はい(あの~裸足なんですけど...)」

セッターの先輩が
「どんな球が好きな?」
と聞いてくれました
「やっぱり球はバレーボールが慣れてますね~ナハハハ」
というジョークもでることがなく
「低めのオープンでお願いします」
とふつうにかえしました

やはりプライドの高い人間というのは損なもんで
いざ「アタックを打つ」
となると
「みんながびっくりするくらい綺麗に決めたろ」
と名門バレー出身という余計な見栄もプラスされ、闘志がメラメラと出てくるものです(笑)

先輩セッターのトスからはホンマに俺好みの低めのオープンが上がりました

バチコーン!

「よっしゃ!手応えアリ!!」

打った球はコートの向こうに決まり、ワンバウンドした球は体育館の2階へ乗る
という
あまりにも見事に
それはそれは素晴らしい
生涯一番凄いんやないか?というほどのアタックが決まってしまいました

先輩方は「おぉ~!2階行きなんて久々に見たで~!」

そうです
アタックを2階に乗せるのは
すべてが完璧にうまく合わないと決まりません

なにより驚いたのは
Mr.高津です

手を叩き、満面の笑顔で
「よっしゃ!レギュラー決まりや!」

次に驚いたのは俺です
「入部の前にレギュラーが決まってもうた~なんやこれ~」

俺の頭には
やったった感と大後悔が
渦巻いていました

中1の時、ライバルに勝って背番号をもらって喜んだものでしたが
高1でレギュラーを決めても嬉しさは微塵もありませんでした
熱血バレー少年ならここでガッツポーズなんでしょうが
その前に熱血バレー少年は東なんて弱小校には来ません(笑)

俺の中にただあったものは

「城東のデカい看板を見せることができてよかった」

でした

それと同時に
「せいじ」は高校バレーの扉を開けてしまいました
いや、ちょっと覗いてたらムリヤリ押し込まれてしまいました

ただ救いは...
先輩の髪型がわりと長い
でした(笑)


さて次回は
バンドの夢はやはり大きくなる一方です

「楽器もできないバンドマン」
です!お楽しみに!


SEIZY談
.....無言(笑)
やっちゃいました!
長所でも短所にでもなるプライド高い負けず嫌いの部分が短所に傾きました

しかしあのアタックは今でも鮮明に覚えてるほど
綺麗に強烈に決まりましたね~

まあ バレーに携わっていた者として
あんなアタックをある意味ここ一番で打てたのは幸せでしたけどね

北高の練習に行ったときも思ったんですが
改めて俺ってそんなに上手かったんや~
と思いました

そんな「はぐれバレーポーラー」は
後々、その高校バレーの大会でも、ものすごいことをしでかすんです

お楽しみに~!
ありがとう!でした!
どうも!SEIZYです!

緊急時という難しい状況の中
藪下&SEIZYは無事放送をやり遂げることができました!

たくさんのメッセージありがとうございました

特に臨時ニュースも入ることなくフリートークな約1時間
聴いていただいた方
少しは元気になっていただけたでしょうか?

日本自体がえらいことになってる時にこんな素人に(もう3年やってるんやから素人でもないか...)
生ですべてを任せてフリーで喋らせてくれる
和歌山放送に感謝しています

新しいジングルもとりました
また番組で流れると思います

はっきり言って
2011年3月はSEIZYにとって公私ともに大変な月でした

でも負けちゃいけない

打たれても打たれても立ち続けます
打たれるといっても東日本の方々に比べたらたかがしれてます

俺の足はしっかり大地に立つためにある
俺の声は沢山の人に届けるためにある
俺の手はパワーを放つためにある
俺のギターはそれらを音に変えて運んでくれる
そして君たちはその力を最大限にひき出すための起爆剤である

さあみんなも塞ぎ込んでばかりはいられない

昨日の放送でも告知しました

今週土曜日3月19日は
SEIZY今年初のストレートライン(まだ言ってるよ...笑)
ストリートライブです

時間は8時~
場所はJR和歌山駅前

東日本の上空に固まりつつある「元気玉」をさらに大きくするために
みんなで元気を空に飛ばしましょう!

俺達の力見せてやれ!
さあ本日は!
どうも!SEIZYです!

さて今日は!

「ハッピーマンデー」

第2月曜日はSEIZYの日!

です
和歌山放送は和歌山のみなので
東日本には届いてないけれど

和歌山の人たちにも
少しでも元気を...
通常放送内容ではないだろうけど
SEIZYがやらねば誰がやる!
そんな思いでいます

前回は大雪、今回は地震
「えらいこと」続きの第2月曜日ですが
是非聴いてくだされ!

今夜9時
WBS和歌山放送ラジオでお逢いしましょう

お楽しみに!
テレビ局はアホ
どうも!SEIZYです!

何か少しでも力になれば
とやっているのは
Twitterやネットなどの一般の人たちの書き込みなどのラッシュでわかる

そんなときにテレビは
なんか流れる...
なんか崩れる...
なんか壊れる...

おんなじ映像ばかり流して一体私たちに何を訴えたいのか

「見てください!こんなすごいの撮りました」
繰り返される映像に
だんだんとこう思えてくる

そんな使い回し映像の間の決まり文句

「近隣の方、ご注意ください」

充分注意もしてますし
そんな映像何回も使わなくてもみんな充分恐怖を感じております!

これは現実の出来事であって
衝撃映像撮ったもん勝ち
の特番ではないのです

スタジオでもヘルメットかぶらなアカン状況やろ?
オマエらも危険ですからもう家へ帰れ

テレビがやってることは
繰り返されることでまるで野次馬のような...
流れる家や車
どこを回してもいつまでも同じ
「ものたち」が
壊れてく...
流れてく...

「それではこれまでまとめました各地の被害映像です」

それよりもテレビにできる「いま」するべきことがあるはず
こういうものは24時間態勢ゆえに進展や新情報がない時に流す場つなぎ映像ではない

今するべきこと
電気が足らんってわかってるんやったら
ずっと放送するのはNHKだけにして民法は順番に1局だけ放送して残りの局は電源切ったら?
「次はNHKと読売テレビでお届けします
ご覧の局は明日朝10時に放送を再開します」
「節電のため当局は放送を終わります
みなさまも節電にご協力ください」
とか案内してさ

どう考えたって
テレビ局のほうが一般家庭より電力使ってるやろ?

こんな時に他局やら何やらゆうてる場合やないでしょう

どこ回してもNHK映るようにしたり

こんな時のために俺たちは聴取料払ってるんやで

それがテレビ局のまずできる最善のことやと思う

情報だけなら文字と手話だけでもええし
野次馬やないというのなら
スペシャル特番の
「決定的瞬間スクープ」
まがいの被害にあってる瞬間ばっかり流さんともっと前向きで生きた放送を...

現場から離れてる俺たちはテレビでしか
情報をもらえないのだから...
不安がらすばかりがテレビの役目やないはず

現場にヘリに乗って上から実況中継
「凄いですね」
「怖いですね」
「あ~流されております」
何ぬかしてら!


だからテレビ見るのは嫌いなんや

これが我々の仕事です?
だったら被害の実況ばっかりやなしに日本人としての誇りを持った仕事をしてほしいものです
こんな放送で国民は戸惑うばかりだ


俺、間違てるか?


***********


テレビはいつも観るものの同情を煽る
戦争、殺人、強盗のたたき売り
「この事件で○○人死にました」
そんな知りたくもない情報を叩き込まれる
一体俺たちに人を思いやる心なんて
もうこれっぽっちもないのだろうか?
敗戦直後みんなで力を合わせ
成り上がっていった「日本(ふるさと)」
よ目を醒ませ!

SEIZY「華になれ!」
ファイト!日本!
どうも!SEIZYです!

以前、阪神大震災で物凄い光景と恐怖を目の当たりにした俺たち

今回、東北太平洋地震
で再び私たちは悲惨な光景と自然の恐ろしさを思い知らされました

今回の地震は関西圏の俺たちには大津波警報などで直接恐い目をする感じはないけれど
阪神大震災を知ってるだけにそれより規模のデカいこの地震に対する関東、東北地方の方々の恐怖は計り知れないものとお察しします

まるで映画のCGを見てるような嘘みたいな現実がそこにありました

「こんなことになるんやな...」

というのが正直な思いであります

俺の思いですが、阪神大震災もバブル崩壊で元気、他人に関心のなくなった日本に天地が与えた試練のような気がしてなりませんでした

神戸を中心に焼け野原
まさに「火」の地震でした

神戸、阪神は一丸となり、力を合わせ、見事に立ち直りました!
ちょうど俺が神戸に出ていくちょっと前のことです

今回の地震は反対に
「水」の地震であります

政界や相撲界
歪みきった各界に...
と言ってしまえば
不謹慎ではありますが
天地によって日本の中心から今こそ元気を出して、立ち直らなければいけない
やり直さなければいけない警告が放たれたような気がしてならないのです

憐れみの言葉も飛び交っていますが
あえて俺はエールを贈ると共に、
自分の出来ることは何か?関西側の出来ることは何か?
を考えることが大事なのではないでしょうか?

まるで他人事のような見解で書きましたことをお詫びします

でも、ここが正念場です
ファイト!日本!
です!
サービスショット



どうも!SEIZYです!

ただいまマイビデオの整理をしていたら出てきたので...

我が MY FRIEND
けんぴと俺の勇姿を...


「THE PHY」

オンギター!けんぴ!

18のSEIZYですが
ステージングといい、
見た感じといい、
髪型といい、今と
ほとんど変わってません(笑)

違うものといえば
若さ
髪が黒い
歌が下手
...ぐらいでしょうか(笑)


よくわからんものシリーズ
どうも!SEIZYです!

S=SUPER STARで
E=EXCELLENT!
I=IMPACTがある!
Z=ずっと!
Y=YES!突っ走るぜ!

ってことで
あいうえお作文から始まりました(笑)

それはそうと
最近よくわからんもの

洋式トイレと和式トイレ

もうほとんど洋式ばっかりやん
新式、旧式にしよか


相撲の八百長問題
もうどうでもよくなってきた...
相撲ファンは知らんが
そこまで一般人は興味ない


東京都知事選
そのまんまさんとか神奈川県知事とか...
他の県の知事が東京の知事をするのはやっぱり意味があるんかなぁ~
そこまで他府県人は興味ない
お知らせ~
どうも!SEIZYです!

SEIZYのいろいろお知らせです

まずは
お待たせしている
ストレートライン!

ちゃうて!
俺が直線ひいてどないすんねん
んなもん誰も待つかぃ!

ストリートライブ!
もしかして「新年ファンの集い」を除いたら
今年初めて?

へぇ~~
もう5回ぐらいやってる気がしてたわ

はい!
ストリートライブです
今から!(嘘)

3月19日(土)
JR和歌山駅前
20:00~です(予定)

たくさんの参加お待ちしてます!
お土産?差し入れ?
いえいえそんなもんいり...ま...せん(笑)


そして!ラジオ情報

14日(月)はおなじみ
ハッピーマンデーです
先月からSEIZYの日が
第2週目になってますんでお間違いのないように!

21日(祝)はFM和歌山(877)
に出演します!


そして30日(水)は
2月から始まりました
UST生放送
「SEIZYの今夜はオーライ!無修正版」
第2回目の放送です!
こちらもお楽しみに!

各要項においては近づくにつれ
詳細をお知らせします!

とりあえず今日はお知らせのみです

よろしくニャン♪
自伝的ブログ小説 第3部
どうも!SEIZYです!

SEIZY自伝的ブログ小説
いよいよ第3部の始まりです

第3部は高校生編

題して
「6×9=74
(ROCK=74『ろくでなし』)」です
(ややこしいわぃ!笑)


少年もとうとういっちょまえの高校生になりました
第1章から思いもよらぬ展開が...


「第1章 悲劇の入学式」


今日はいよいよ和歌山東高校の入学式

希望に胸躍らせて
真新しい学ランと袴のような学生ズボン(笑)

俺の髪型もリーゼントになりました
パーマはあてずあくまでストレートです
これが「こだわり」です
髪にポマード塗って手ぐしでバックにしただけのワイルドなリーゼントです
(未だにパーマは未経験者です)

ヤンキーではありません
あくまで
「ロッケンローラー」

朝はけんぴが迎えにきます
いや、正確には起こしにきます(笑)
そして2人でばいぽんを迎えに行きます
いや、正確には起こしに行きます(笑)

寝起きが最強に悪い
俺とばいぽん
この2人を起こすのはSEIZYがジャニーズに入るより難しいです(笑)

1人起こすのに約20~30分はかかります
けんぴは延時から自転車で三木町へ
そして2人で北出島へ
距離にして約20キロはあるでしょうか?
一体アイツは何時に起きて来てるんでしょうか?(笑)
(そりゃ学校で寝るって)

そのかわり起こし方が半端やない
耳元で「ジャースカジャースカスカジャカジャッジャッ!」
必ずボウイのイントロを叫んでくれる(笑)
おかげで目覚めはスッキリさわやか半ギレです
「うっせー!ちょー静かにせぇや!
あと5分、
あと5分や...zzz~」

ばいぽんには2人がかりでこれです

結局 毎日遅刻ギリギリになるので
あきらめて(あきらめんなよ!)
行き道のサ店でモーニングを食うのです(笑)
最悪3人組の誕生でした
(どうした!皆勤賞保持者)

ばいぽんの「ちょっと行っけ」
の一言で早起きしたけんぴの努力も水の泡
それでも律儀に毎日起こしに来ました(笑)

こんな調子なので
雨の日はお休みでした(笑)

雨になるとさすがに延時からは自転車では辛い
けんぴは来ません
よって俺もばいぽんも寝続けることになるのです
まあ俺は傘は持たない主義ですが

でも入学式だけは遅刻なしでちゃんと行きました
(それが普通やてっ)

俺はA組
ばいぽんはB組
けんぴはJ組

一通りの式を終え
教室で先生の話を聞いているとき
魔の放送が...

♪ピンポンパンポン♪
1年A組の○○せいじ君
ホームルームが終わり次第、至急体育教官室まで来なさい

いきなり名指しです
「地獄の体教」
から呼び出しを喰らいました

東高校ってなんか自由なイメージがあるでしょ?
まあそこそこは自由なんですがこの体教だけは別世界です

先輩から聞いていました
「体教...あそこは最悪や!地獄のほうがマシなくらい 出来る限り近寄ったらアカン」
「あそこは生徒を殴ることと坊主にすることに喜びを感じてる鬼の集まる所や」

東の体教だけは和歌山、いや、関西の高校の中でもトップ間違いナシの怖さを誇ります

その「地獄の体教」から
入学初日にご指名です

ホームルームが終わって
ばいぽんらが
「オマエ何やらかしたんよ~?」
と笑います

まったく身に覚えのない俺は恐る恐る体教へ向かいました

体教は体育館の上にあります
階段を登って
(俺たちはこれを魔の13階段と呼んでました)

下ではばいぽんとけんぴが待ってました

そこへ体教の先生が通って

「こら!新人悪ガキ!
こんなとこでなにしてる?」

「え?はい 体教へ呼ばれたせいじくんを待ってるんです」

「バカヤロウ!んなもん待たんでいい!さっさと帰れ!
上へ連れてって坊主にしちまうぞ」

と、帰されたそうです

さて俺はというと

「失礼します」

「おぅ!オマエか、
変な頭しやがって
オマエ、城東でバレーしてたんだってな?」

「あっ...はい」

「なかなかいい選手だったらしいじゃねぇか
よし!じゃあオマエは今日からバレー部だ!わかったな」

「えっ?いえ!へっ?
あの...え?」

「なんか文句あるのか?
俺はオマエの中学のバレーの先生から言われてるんだよ!
アイツはバレーに入れないと悪さばかりするんでお願いしますってな」

「はぁ?」

「わかったら今すぐ体育館へ行け!」

「ちょっ...先生~~勘弁してくださいよ!
俺、高校で音楽やりたいんです~」

「ほぉ~じゃあ吹奏楽入るのか?」

「いえ、そやなしにバンドがしたい...」

「あほか!そんなもんオマエがやったらろくなもんにならん!
早く行け!」


...なに?この展開

バレーをやるのがいやで北高蹴って
必死で勉強して東へ来ても...
バレー?

「ありえへ~~ん」

俺の叫びが体教にこだましていました...


さて次回は
俺はバレー部に無理やり入れられるのでした

「クラブなんか大嫌い!」

です!お楽しみに!


SEIZY談
ハハハ...世間はそう甘くはなかったのです
バレーの顧問っていうのが鬼が集いしこの体教でも1番権力のある
Mr.高津という先生なんですわ
鬼を通り越して閻魔ですわ
中学のバレーの先生とMr.高津が先輩後輩の関係らしくて裏から手を回したらしいです
俺は入学早々一気にあしたのジョーばりに真っ白になりながらトボトボ体育館へ向かいました

下で待ってるはずの
ばいぽんとけんぴはいませんでした

バレーはやらなきゃいけないんでしょうか?

バンドはどうなるんでしょうか?
○○症
どうも!SEIZYです!

とうとう俺も!か?

今日になって急に

朝からくしゃみは出るし
目はかゆいしショボショボする
鼻はスッキリせんし
どこかしら鼻声.....


これってもしかして?



アブラショウ?(笑)
マブダチ
どうも!SEIZYです!

俺が自伝的ブログ小説を書いている以上
そしてこれからの
「第3部 高校生編」
においても
俺とあまりにも
「ニコイチ」
だったために
同じくらい出てくるであろう
ひとりの「馬鹿野郎」
の話を今日はしなくてはなりません
しなくては俺の気持ちもケジメがつきませんし、固まりません

初めは今日のこのことを書かないでおこうと思ったのですが
昨日、横浜でアイツと会って...
決めました

俺とそいつの栄光の日々、輝かしい「青い春」をこれからの自伝を通じて
「普通の気持ちで」
書いてあげたい
書き続けたい
書いて残す宿命がある
本人もこのブログの読者である

だから一大決心で今日これを書いて、永遠に後世に残してあげたいと思います

自伝的ブログ小説の読者ならもうすでに
名前は出てきているので知っていると思う「ひとりの男」

奴の名は「けんぴ」

俺にとっていろんな意味で最大の天敵、かつ最高の親友であります

そう、あれは3月4日の藪ちゃんのレモネードライブがあった2日前の夜にばいぽんからの久しぶりの電話で始まりました

「またまたぁ嘘やろ~?」
「ちゃうて...嘘やろ?」
「ちょー待て!
あのアホな何してくれてんねん!」...



***********


「KENPI」

中学の頃
やたらモテてたけんぴ
某タウン誌がやってた
「和歌山 制服の似合う男前ベストテン」
で3位になったほどだ

アイツと俺の始まりは
中学1年
そう、初めて交わした言葉も覚えてる

せいじ「なんやオマエ、花みたいな頭して」
けんぴ「うるさいわ!変なメガネかけやがって」
せいじ「アホか!」
けんぴ「アホ~!」
まったく子供である(笑)

それから
「花~」「メガネ~」
と顔が合うごとに言い合ってたのがきっかけだ

同じクラスは中学2年と高校2年
中1と中3と高3は隣同士
登下校もずっと一緒
帰ってからもずっと一緒

学校ではフカのようによく眠る
1時間目から4時間目まで眠る(笑)
1日の半分以上は眠ってる
高校のときは
現在のうちのギター
I-BOちゃんに
授業中によく寝顔にいたずらされてた

何かやるとき...
悪さをするのもバンドもバイトも...
常にアイツとだった

煙草(マイルドセブン)
とバイクが大好き
そして酒も

メカとガンダムにはめちゃめちゃ詳しい

夏休みは俺の家に毎日入り浸る
ずっとうちに住んでる(笑)

「けんぴに連絡したいならせいじの家に連絡せぇ」
が鉄則

だから毎回みんな俺に
「けんぴ知らんか?けんぴ知らんか?」

しまいにゃけんぴのオヤジも俺に
「知らんか?」(笑)

バンドも同じだった
「サテンドール」
「THE PHY」
と共に演奏した

父親のいない俺に
母親のいないけんぴ
学校サボって先生に
「なにしてたんや?」
と言われ
「おとんを探しに」
「おかんを探しに」
と毎回言って先生を呆れさせていた(笑)

どつきあいの喧嘩は高2のときに1回だけ
「これは仲直りできないな」
と思ったその夜
アイツから電話が来て
「俺バイトもう終わったから今からバイト先へ来いよ」
「え?もう終わり?」
俺、けんぴ、ばいぽんと同じ居酒屋でいっしょにバイトしてた
俺は休みやった
「まだ文句あるんかな...」
と思いながらバイト先へ行くと
アイツが座ってるテーブルに酒と料理がいっぱい並んでて
「おっ!せいじ!こっち来いよ」
と言われ座ると
急に「乾杯!」
...仲直り
このためにアイツ
仕事を早退したんだ
ばいぽん曰くどつきあいは「もう1回あった」らしいが思い出せない

アイツは加太と片男波がなぜか好き
バイクで走ると気持ちええからね

19の時に
俺が付き合ってた彼女にフられたとき
夜、アイツに強引に片男波へ連れて行かれた

ボーっと砂浜で缶ビールを飲みながら並んで座ってる
ちょっと凹んでる俺
すると急に服のまま走り出し海へ飛び込みやがった
「せいじ!これ気持ちええぞ!せいじも来いよ!」
海の中でバックドロップ
沈め合い
水かけ合い
大爆笑...
秋の海は冷たかったけど
ホンマに気持ちよかった
凹んでることを忘れたもんね~
青春やなぁ~(笑)

と同時に気づくのが遅かったがアイツの友情の深さを感じた
それから片男波はことあるごとによく2人で行った

逆もある

アイツがフられたときは
2人で酒という酒を飲み倒し、雨の中大声で歌を歌いながら
エアギターをしながら
道で騒ぎまくった
青春やなぁ~(笑)

とにかく2人で鬼のようによく飲んだ
2人で1日に飲んだ酒の最高記録は
ビール2ケース、
ウイスキーボトル2本
カクテル5杯ずつ(笑)

スライダースが好きで(バンド列伝参照)
長渕剛が好きで
下手やけどギターを弾くのが大好きで
歌うことも大好き

何かあると
「剛が...剛が...」
って

俺が弾き語る剛の曲が好きでね

アイツも剛の曲が1曲弾けるたびに夜中といえども電話してきては
「おぅ!聴いてくれ!できたぞ」
と演奏しだす

俺の曲
「MY FRIEND」
「親愛なる友へ」
はアイツのことを唄ってる部分が多い
そして、未発表曲の
「KATA-O-NAMI」
これはモロにアイツのことだ

最近は全く連絡もしなかったし
どこで何をやってるのか
元気でやってるのか
さえも知らなかった

たま~に電話やらメールやら
どこで見つけたのか
俺のブログも読んでいたみたいで
過去に何回かコメントを書いてくれたこともある

あまりのプライベートネタに削除したことも...

ツレに心配ばっかりかけるし
迷惑ばっかりかけるし
どうしようもないアホやけど
憎めない奴

男にも女子にも人気があってなんでも器用にこなす奴

俺と同じくらい...
か、それ以上の
「俺様」な奴

ツレがみんなで飲みに行くときは俺とアイツはメンバーから外される
やたら飲むからワリカンのときに負担に響くから(笑)

プライドが高くて
酒が強くて
義理が堅くて
涙もろくて
器用やけど女には不器用で
そやけど何を考えてるかわからん奴

どこかしら似たもの同士
でも俺よりええところをいっぱい持ってる

けんぴ...

よお聞けよ!

いくら1番が好きやからって
何でも早けりゃええっちゅうもんやないで

俺は「ご冥福を祈ります」なんて
わけのわからんありきたりな社交辞令は言わんぞ
オマエの冥福なんて祈りとぉないわぃ

最後の最後に何をやってくれてるんな
ホンマ 最後までツレに迷惑かけるやっちゃで

そんなもんで目立ってどうするんよ

オマエにオベーションの高いギター1本貸したままやぞ!

今度 剛のオマエが好きやった曲めちゃめちゃ上手くいっぱい唄っちゃるから
上から聴いとけ

聞こえたら
ギャラ代わりにあん時みたいに酒と料理ならべて俺らが行くまで待っとけ!
いつになるかわからんけどな
ずっと待っとけ!

先に逝った罰じゃ!

この前オマエからきたメール
「元気か?無理せんとなんかあったら連絡してこいよ」

オマエが逝く直前のメールやないか!

ホンマ...たまらん


***********


追伸
悲報を聞いたその日は夜遅くまで
YouTubeでアイツの好きな剛をいっぱい観ました
俺自身 剛を観たのもホンマ久しぶり

やっぱ「初期~JAPAN」の頃の剛は最強やわ
上手すぎる!
けんぴとやいのやいの言いながら弾きまくったっけ
俺も好きやったもんなぁ~
多分 アイツがいまでも近くにいたら
この「YouTube」は2人のええ酒の肴やな
2人で観まくってるやろな~
「俺も出てるんやで~」
「あほか!ショボいわ」
とか言ってよ

けんぴよ
いつも俺のこと電話で家族に話してたんやて
「せいじはホンマに1番のツレでいまでも唄ってるんやで」
「俺たまにホームページも見てんねん」
そやで
俺は今でも唄ってるで
いつか話した俺とオマエの夢叶えたるわ!

安心して見てろや

そして
先に逝ったオマエは俺を、残されたツレを見守る役目がある

...頼む
けんぴスマイルで見守っててくれ

俺の頭を唯一ハツれる男

けんぴ

バイサン!


というわけで
レモネードカフェライブが終わってすぐに
ばいぽん、ヤスと俺で
アイツの告別式に横浜へ行ってきました

横浜にいてるなんてまったく知らんかった
こんな遠いところへ
旅行やなしにまさかアイツの葬式で行くことになろうとは

でも 1番みんなに会いたがっていたアイツが久々に集いし仲間でちょっとした同窓会旅行へ導いてくれたのでしょう
行き帰りはもちろんアイツのアホな話で盛り上がりました

このブログの愛読者であり、出演者でもあるため
書かせていただきました

これからも彼の名はことあるごとに出てきます
当然アホな話ばっかりです
辛気くさいのはアイツらしくないので
おもしろおかしく読んでいただけたらこれ幸いです


早すぎるんじゃよ...
寝た寝た~

どうも!SEIZYです!

24時間ほとんど寝てなかった&運転だったので
今日は寝た寝た

12時半くらいに起きて
部屋と昨日のかたづけ
知らん間にまた寝た(笑)

でも今は起きてる

そやけどまた知らん間に寝るんやろなぁ~(笑)

特になにも起きてない
だからこんなブログですわ


写真は
これ富士山ですわ~


今日は


どうも!SEIZYです!

昨日のライブ後
ちょっと私事の事情で

なんと!
横浜まで行ったのでした
結果、東京まで行って
ただいま帰路を目指しております

車です
遠いです
しかし、一人でではなく、
ブログ小説でもおなじみのばいぽん、ヤスと3人であります

決して旅行、行楽ではないのでその辺が微妙ですが
久々の仲間との再会、
ワイワイと楽しくかつ、のんびりと行動してます

詳しくは後日...
ってことで
距離が距離だけに
とりあえず無事に帰ろうと思います


写真は
晩ご飯です
名古屋は刈谷ハイウェイオアシス
(このサービスエリア、デカい!観覧車もあるでよ~)
ただいま足湯中!
そしてここで横綱ラーメンが食べられるとは思いませんでした
ありがとう
どうも!SEIZYです!

ただいま終わりました!

なにが?

なにがってア~タ

だからなにが?

だから~前々からゆうてたでしょうが!

そやからなにが?

なにが?しか言えんのか?

ライブやがなライブ!
ここはシンガーのブログでしょうが!
シンガーのブログでありがとうゆうたらラ.イ.ブ!

っちゅうことで
ちょっとアップするのが遅くなりましたが

藪下将人INレモネードカフェ
ゲスト SEIZY
やってきました!

来ていただいた
SEIZY信者の方もいてありがたかったです

レモネードカフェは初出演でした
肩の力を抜いてお客とシンガーが共に楽しめる空間って感じでした

いいですよね~
ライブ
唄を忘れたスポーツマン 外伝
どうも!SEIZYです!

いつもSEIZY自伝的ブログ小説を愛読されてるみなさま
ありがとうございます

第2部 中学生編
唄を忘れたスポーツマン
もとうとう先日、完結となりました
2部は思ってたより長くなりましたね

ここで第3部に入る前に
外伝をお届けしたいと思います


唄を忘れたスポーツマン 外伝

「1枚の写真 『パパ』」

中学2生にして、不良の道(ダークサイド)に墜ちた少年

この原因は
本編では厳しいバレー部での反発ってことになってますが
実はもうひとつデカい理由があるんです

ちょっとシリアスな話になりますが
ここはキーポイントですし
俺にとっても大切な忘れちゃいけない思い出です
やっぱり自伝ですから包み隠さず書こうかな...?と


今や有名(?)な少年の「おかん」
このおかんは少年がたぶん1歳にもならない頃に夫(実質上俺の父親ね)と離婚し、女でひとつで少年を育てました

朝から晩まで働く母親の偉大さをわかっていた子供は母親(この頃はママね)が大好きでちっちゃいながらも尊敬してました
だから幼い頃から反抗も口答えもひとつもしないで今に至っています

...1枚の写真があります

この写真から推測すると少年が2~3歳くらいの頃です
この時期に当然のようにママにも仲のいい男性がいました
彼氏ってやつですね

やたら背が高くてスマートで男前でカッコよかった記憶があります
ママがまだ25~6歳くらいの頃です

子供にようやく自我ができてきた頃に現れたその人はいつも家に来ては遊んでくれました
少年はその人を本当のお父さん(この頃はパパね)だと思ってました

その人を「パパ」と呼んでいた記憶が今もはっきりとあります

パパが家に来るといつも忙しそうな顔つきのママが綺麗になって、笑ってて...
子供ながらにそれが嬉しかったんでしょうね

そのパパが家にこなくなったのが4~5歳ぐらい?
幼稚園に行ってた頃でした
「せいじのパパは交通事故で死んだ」
と教えられました
悲しかったです

その人がパパではなく彼氏だったと聞かされたのは
小学生の3~4年の頃

「そういえばパパ(あの人)は今何をしてるん?」と何気なしに聞いた俺に
本当に死んだんだと聞かされたのが高校生のとき
母親と付き合ってた時に死んでしまったそうでした

原因は交通事故じゃなかったけどね...

ショックでした...

子供なりにその人が好きだったんでしょうね

そういえば幼稚園の時にママと「半家出」みたいなことになって
ボロボロのアパートに住んだことがありました
引っ越しの時はパパもいたんですが
一緒には住んでません
そして1年くらいで自宅に戻りました
亡くなったから?
俺にはわかりませんが今思えばあの引っ越しは
駆け落ち?
...の準備?
だったんでしょうか?
家が厳しかったからね...

時は流れて中学生になって
再び母親に彼氏っぽい人ができたのを境に
少年は反発しだすのでした

いつも優しくしてくれて
小遣いなんかもくれましたが、あまり好きになれない人でした
やはり少年も思春期ですからね

ちっちゃい頃
パパじゃないけどパパと呼んでて大好きやった
「あの人」
パパやと思ってた
「あの人」

ガキなりに比べてしまったりもするんでしょうね

息子もそろそろ自立する歳やし、その息子さえ賛成ならば再婚するつもりだったんでしょう

「せいじ、○○さんがお父さんになったらどうする?」

おかんの突然の問いに
「俺にお父さんは一生いてへんし、一生いらん」
「おかんも男はコリゴリやてゆうてたやん」
と言った俺の言葉

これが俺の今まで唯一母親に口答えした言葉です

おかんは辛かったと思います

そのあとなぜか
近くの汚い川(和歌川)まで走って行って泣きました
(この頃から人前で涙は見せません!)
前に好きやった人(パパ)が死んだなんてまだ知るよしもないし...

2人家族
恋もせずずっとひとりで俺と店(家業)を背負って
やっと気に入った男性ができても息子から反対され...

母親に悪かったという気持ちと
どうしたらええんかわからない気持ちが
少年の心にも痛いほどでした

俺が家を出たら好きな人と幸せになれるんかなぁ~
とも思いました

クラブをやってもしんどいだけやし
気分もいまいち晴れてこない...
たまに家に来るその人とも会いたくなかったのもあって
家にいるのがいやになり
その頃からちょっとずつ反発をしでかしていくようになります

でも普段は明るい親子でした
ギスギスした感じもなかったし
やっぱり母親には頭が上がりません(笑)

今の俺にはお父さんと呼べる人がいません
唯一、パパと呼んでたあの人が今も俺の中でのお父さんです

ちなみに本当の親父は生きてるみたいです
俺が22歳くらいの時、家業を手伝っていた時に対面したらしいですが
向こうは知ってても
なんせ俺は親父の顔を知らんから気がつきませんでした

後でおかんに
「おとはん来てたんやで 知ってた?」
って言われてびっくらこきました(笑)

そんな俺は親父が嫌いです
どんな人か知らんけど嫌いです
なんかわからんけど
おかんに、俺にいろいろしんどい思いをさせた親父が嫌いです

俺がもっと有名になって
もし、親父がどこかで俺に気づいたら

ぶん殴ってやるんです!
これは子供の頃から決めてます

昔から家には少年の父親の写真はひとつもありません
おかんにもどんな人かとか聞いたこともありませんし聞けません
だから俺も父親の顔も名前も声も何ひとつ知らないんです

でも、キリンに餌をあげてる幼い俺を肩車してるあの頃少年が「パパ」と呼んでいた人が写った写真がなぜか1枚だけあります
生まれて初めての肩車
たぶん俺にとって1度きりの肩車
写真の俺もパパもメッチャ嬉しそうな顔をしています
まるで本当の親子のそれです

親父やパパ(彼氏)の写真は全て処分したらしいんですが
この「肩車の写真」は
唯一「俺が写ってる」
から処分せんかったんかな...?
と今になって思います
たった一枚の写真に母の愛を感じます

この写真は俺にとって大切な宝物の1枚です

思い出が「パパ」のまま止まってるんで今もパパという表現で書きました
今でも間違いなく俺のパパです
だから...
俺のパパは俺が4歳くらいの時に死んだんです

幼い頃から音楽が、歌うことが何よりも好きだった少年
一時は不良の道に入った少年
もう救いようがないんじゃないか?
ヤクザにでもなるしかないんじゃないか?
というところを救ったのもやはり音楽とオカンの愛です

今回この自伝的ブログ小説を書くにあたって、遠い忘れかけてた大切なことがたくさん思い出されます

パパのこと...

ちょっと記憶が薄れかけてました

この自伝的ブログ小説を書いてよかったと思っています

今もこれからも
俺はパパとママを愛しています

...第3部へつづく


おかん談
(おかんが以前俺に言ってくれた言葉です)
せいじが曲がらんとちゃんと育ってくれたのは
バンドのおかげや
そやから音楽はせいじと切っても切れやんもんなんや
途中私も何回か反対とかもしたけど
音楽がなかったらせいじはアカンようになってるわ
せいじと音楽...
ウチらがどうこうできる関係やないわ

SEIZY談
はい!今でも親不孝もんのドラ息子です
ごめんなさい(笑)
もうご存知?

どうも!SEIZYです!

意外に料理上手なSEIZYさん

エッグ&ベーコンサンドイッチ
でござる

SEIZYはこれが大好きなんでござる

食べるでござる