SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教本には載ってない「肝」シリーズ ノリ
どうも!SEIZYです!

久しぶりに書きたいと思います
(長いよっ...笑)

教本には載ってない「肝」シリーズ

ライブが得意だとなんぼ偉ぶってみても
俺も勉強途中です
いわばまだまだ不完全なシンガーです

こうして文に書くことで自分で自分に言い聞かせながら
身が引き締まる思いがしています

さあいきます!

「ノリ」

ノリを出すとはある意味
人の体を支配すること
ある種の催眠術にも似たものです

そんなノリを文に表せるほど単純なものではないのだが...

さて「ノリ」と言ってもいろんなノリがあります
体で表現するロックコンサートとかの
あの「ノリ」もあれば
体にしっとりと染みわたっているだろう見て取れる「ノリ」

どんな音楽でも
ライブではこの「ノリ」を作らなければいけません
このノリがライブに成功、失敗をもたらします

ある程度の知名度も必要ですが
ジャンルは数多くあれど
目指すはひとつ

ライブは音楽を楽しみに来ている人が多いはずやのになぜ
手拍子も起こせなければ
拍手もまばらなミュージシャンが多いのでしょう?

これがミュージシャンの悩みのタネです
だから必死で練習したり
いろんな手を尽くします

しかし、ライブでは完璧な演奏や歌よりもこの
「ノリ作り」に重きを置きましょう

楽器の練習はするのに
ライブの練習をなぜ怠る?

なぜなら
この「ノリ」を作ってしまえば
どんなことをしようが
どんな失敗をしようが
ライブ会場がそのミュージシャン色に染まります
つまりライブは大成功!
となるわけです

俺がよく楽器を演奏しないでやってますが
ノリが出来てしまえばギターなんかただの小道具でしかないのです

俺は楽器の練習はほとんどしませんがライブの練習はしています

もちろんライブ初心者には
ノリを操ることなどまだ無理やと思います

しかしわりと長年やってる人でもノリの作れない人が多いのも事実

自分の力もないのに手拍子をもらおう
お客をのせよう
と単純に考えてもダメ

自分にリスクを背負わせる
例えば自分の「マイルール」
を決めます
なんでもいいです

お客が手拍子してくれるまでステージドリンクは飲まない...とか
CDが1枚でも売れたらやっとアルコールが飲める...とか

ちなみに
俺のマイルールは
(マイルールといってもミュージシャンの鉄則ですが...)

どんなにノリの悪い場であっても
どんな状況でも絶対にMCで
「手拍子してください」
「のって下さい」
「歌ってください」
と言わないこと
そこで最後はちゃんと自分の波に染めるようにしてみる

んなもん
のって下さいって言われてのれるか!って
楽しけりゃ勝手に手拍子もするし裸踊りでも何でもするって

「次がラストの曲です
ラストなんで明るいみんなでのれる曲をやります
よかったら手拍子して(歌って)ください」
とよく言う人いますよね
ほんまによく聞きます

なにが「よかったら」なんでしょうか?
あれは恥ずかしいことです
やめましょう

すでにノリが作れてたら
そう言うのも(まだ)効果的でしょうが

「ノリ」というものは
ラストだから生まれるというものではありません
ノリを作れるミュージシャンは1曲目からそれなりのノリをつくっています
「ラストですから手拍子を...」
というのは
「今までノリの作れなかった私にお情けを...」
と言ってるのと同じ
「恵まれない子に愛の手を」
と同じなので言わない方がいいです

ノリを作れなかったのは
あなたの力不足と認めてその場を「情け」でしのぐことはやめて次のステップのために勉強してください

ノリを作るためには
アホでもバカでも何にでもなる覚悟が必要です

あとMCでの
「○○が痛い」
とかのどこか痛い奴
「病み上がりで...」
の言い訳野郎
「練習不足で...」
のアホ(問題外)

ミュージシャンに向いてないのでとっとと辞めて下さい
それがジョイントライブなら一緒に出てるミュージシャンにもお客にも失礼です

いくらMCが下手やからって言っていいことと悪いことがあります

練習不足てなんやねん!
俺も練習なんかしてきてないって

ライブは体調がいいときばかりではありません
当然です
しかしそれをわざわざ言わないようにしましょう
演奏やステージが調子悪いのは体調のせいではなく
その人の実力です

じゃあ体調がよかったら、あなた
最高のステージが出来てたとでも言うのですか?

次の出演者のためにも
場をシラケさすのはご法度です

たとえ歌詞を間違っても
「練習不足」とか言わずに
「間違えたぜ~ハハハ」
と平然と言ってのけましょう

どんな環境、
どんなノリの悪い場、
前の誰かのステージでお客が引いてしまってても
何らかの「ノリ」を作るのがミュージシャン
言い訳も絶対!したらダメです

体調不良ならやらないにこしたことはないですが
そうもいかないでしょう
だったら腹をくくってやる!

サザンやB'zがライブで
「練習不足で」とか言いますか?
そんなライブを観ているあなたは楽しいですか?
甘えないでください

熱があるのによく頑張ったね~
と拍手してくれるのはガキの運動会や学芸会だけです
お客はお金を払って観に来てます
楽しみに来てます
お金が発生する以上
プロもインディーズも一緒です
中途半端なものを言い訳をして提供するなんてやめましょう誰が練習不足な奴のCDなんか買いますか?

レストランで頼んだものが半煮えだったらあなたは怒るでしょ?
そんな時に店員が
「今日、コックが熱ありまして」
と言っても知ったこっちゃあないでしょ?

ひとつとっておきのアドバイスを
ほんまにとっておきです

「間違いを恐れるな!」

間違いは恥ずかしい
一度間違うとテンパってしまい、我を失い、どんどんと深みにハマっていく
そうなれば何をやっても裏目裏目

しかし、逆に考えれば
こんなオイシイことはない
これは使える!
たまにプロのライブで歌詞を間違ったりしたらお客が大歓声で喜びますよね
あれです!

あるライブで俺が
カポを2にセットしなきゃならない曲で3にセットしたまま演奏してしもた
ハープもあったのでキーが合ってないのは一目瞭然
前奏で気がつきました
はっきり言って間違いでした

この状況
あなたならどうする?
恥ずかしいですよね?
謝りますよね?
いえいえ謝っちゃダメなんです

ここで俺が言った言葉は
間違いのまま演奏しながら
「は~いクイズです
この演奏でおかしな所はどこでしょう?」
「おっ!正解~!
只今SEIZYライブキャンペーン中でね
正解した人に俺からウォーターおごります!
マスター!あの方に水を1杯入れたって~」

会場は大喜び!大喝采!
間違いの「悪い雰囲気」を一転して自分の流れにしてしまいました

最初から「狙い」でやろうとしてたのか
ホンマに間違ったのかさえもわからなくしてしまう
それでいて 次の曲からのノリのいいこと
お客が完全にペースにハマった瞬間です
これは俺というキャラやからできたというのもありますが
何がライブの「流れ」のきっかけになるかわかりません
謝ってしまえばそれでやりなおしというふつうの展開
ちょっと変えるだけで
こっちのペースに持っていける
少なくともその水をもらった人は直撃で自分のペースにロックオンです

これは俺の例ですが
あなたなりのアクシデントをとっさにプラスに変える方法があるはずです
必ず見つけて身につけてください
アクシデントは常にあります
焦らず冷静になって

いったんノリを作れば後は何をしても思いのままです
歌えとか手拍子とか言わなくても
盛り上がることうけあいです

これがハマれば気持ちいいですよ

あと、ステージングが恥ずかしいと思ってないですか?

恥ずかしいと思わないでください
ミュージシャンというのはカッコいいものです
恥ずかしいことではありません

お客はけっこう敏感です
ステージの上の人間が恥ずかしいとか
あがったり緊張したりするとお客は徐々に冷めていきます
適度な緊張は結構ですができればしないように訓練しましょう

ナルシストになれ
とは言いませんが
自分の最高の姿を知っていなければ
ステージでカッコよくは見えません
自分の1番カッコよく見せる
「見せ方」
ぐらいは知っておくこと

ステージの上の自分を誰よりも好きになることです

ライブは
「生き物」であり
「なまもの」です
何が起こるかわかりません
アクシデントも何もかも全てを味方につけた者にお客も賞賛の拍手と声援をくれるものと認識してください

そして、自分のことを充分すぎるほどわからなくてはいけません

この場面で自分が何をすればお客は楽しんでくれるか?

ライブの目標はそこにあります
決して上手く演奏するとか上手く歌えるか
ではありません
上手くやればいいのは発表会
楽しませるのがライブです

ギターも歌も俺は下手ではないが、俺より上手い奴など死ぬほどいます
しかし、そいつらよりお客を楽しませることができる

長丁場のライブだとセットリストも必要ですが
たかだか何分かのライブで何も決まってない状態でステージができるのが普通やと俺は思います

普段 練習もしない
やる曲も決めない
全て「その場」
出たとこ勝負だ
なのになぜノリができるのか?
自分自身
ライブという「なまもの」をワクワクしながら楽しんでるからやと思います
何が起こるかわからないけど
それらをどうしようか
ある意味アクシデントも待っているし
楽しんでいる
やる側がこれだけワクワク楽しんでるライブにはそんな楽しい空気が流れるもの

「なまもの」なのに
最初から最後まで、
何を喋るかまで決めたステージがおもしろいわけがない

そんなシナリオステージに
俺のステージは凌げない


さ~て 長々と書きました
「ノリ」というのはミュージシャンの永遠のテーマであり
誰もが手にしたいものですね

次回は...
そのノリとはどっから生まれるのか?

「MCの謎」

です!
いやぁ~これぞ秘伝中の秘伝ですわ(笑)
ノリは催眠術と同じと書きました
催眠術に大事なものは
「話術」です
手振りや振り子が演奏なら
この話術がMCです
話術なしに催眠術はかかりません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。