SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
唄を忘れたスポーツマン 第17章
どうも!SEIZYです!

今年1発目の
SEIZY自伝的ブログ小説

唄を忘れたスポーツマン
第17章

「俺は決めたど!」


北高の練習に参加して
6割ほど北高に傾いていた少年の心

「もうあと3年我慢してバレーしようかな...」

そこへ
忘れかけていた友との約束が再び沸き上がりました

けんぴ、ばいぽん
この2人が
「一緒に東(東高校)へ行こらよ」
「東へ行ってバンドしょうら」

ヤスは早々と大阪の私立を受かっていました

「そやけど俺らホンマに頭悪いで
東なんか受かるんか?」
「アホ!そやから頑張って勉強するんやないか!」
「今から?遅い!遅すぎるわ!」
「やったらできるって」

半ば強制的に言いくるめられたように
納得させられました(笑)

そのあと職員室へ行って先生に報告しました

「先生、俺 東に決めます 普通に試験うけますから」
「無理じゃ!」

先生の答えはいとも簡単に、投げられました

「オマエの点で行けるわけないやろが」
「北やったら行けるんやさけ決めとけって」
「いや...俺やっぱり友達らと一緒のとこ受けたいんスよ」
「それで落ちようがそれはそれで仕方ないんで家業を継ぐために専門学校へ行きます」
「まあ自分が決めたんやったらしゃあないわ」
「死に物狂いで勉強せえよ!」
「はい」

ということで
少年の希望進路は決まりました

和歌山県立和歌山東高等学校

友達がほとんどみんなここを受けることになりました

ここを目標に
「ろくでなし達」の奮戦記が繰り広げられようとしていました


さて次回は
少年が人生で1番勉強に燃えた日々です(笑)

「やればできる!」

をお贈りします


SEIZY談
この時に友達らが言ってくれなかったら
俺は間違いなく北高へ行ってたと思います
北高へ行ってたら...
音楽もしてたかどうか定かではありません
そんなことを考えると
SEIZYというシンガーはたくさんの人の奇跡と力が重なって生まれたんだな...と思いますね~

ちなみに
東高校も大きい声じゃ言えませんが

...あんまり...いや
全然かしこくない

です
そんなところも受からんと言われてる俺たちの友達グループ って...(笑)
笑いしかでません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック