SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
聞くところによると
どうも!SEIZYです!

あの無差別殺傷事件から廃止していた
秋葉原の歩行者天国が試験的に復活しましたとさ...

この「試験的に」というのも「どうか?」と思うが

大勢の警官などで警備が凄いらしく
まさに厳戒態勢

秋葉原の歩行者天国の名物であった
コスプレイヤーたちの路上パフォーマンスの一切の禁止
おまけにそんなレイヤー(コスプレイヤーね)たちに
「立ち止まるな!」
「遅い速度で歩くな!」
連行して職務質問などの
「なにもそこまで」の徹底ぶり

俺もストリートシンガーのかたわれ
ある種の路上パフォーマンスをする者として思うが
そこまで束縛して果たして「歩行者天国」を復活させる意味があるのか?

秋葉原というもともと
「電器屋街」
そんな場所がここまで一大ムーヴメントを巻き起こした文化は少なくとも
というか絶対的にこの
「ホコ天」と
「レイヤー」
たちが作り上げたと言っても過言ではない
アキバ系という言葉まで生み出したほどだ

まさにレイヤーによって繁栄の道を登ってきた
ある種の異文化
「秋葉原」

言わば一般人の一般人による力が少しずつ集まって一時代を築いたのである

それに歩行者天国は
車が通らないから歩行者さんが自由に路上でお楽しみいただける
「ある種のイベント」
が定義なはず

それにあの殺傷事件はあくまで
「無差別」
レイヤーたちを狙った事件ではないし
歩行者天国が悪いのでも
レイヤーたちが悪いわけでもない
秋葉原に人がたくさん集まるのでただそこが現場になったわけで...

だったら「歩行者天国」と称してまたもや人を集めること自体
危険行為じゃないだろうか?

犯罪をやる奴は秋葉原に歩行者天国があるからじゃなく
原宿でも新宿でも
はたまた心斎橋でもやるときはやるでしょ

まさに「天国」とは名ばかりの
「歩行者ガセ天国」

それならやらんほうがマシ

かつての繁栄を蘇らせたいのか
事件を防止したいのか
わけわからん!

なんで復活させるんなら
コスプレブースコーナーでも造って
「ここでならオッケー
他の場所なら取り締まります」
にせんのやろか?
和歌山の名産イベントに梅干しをださないのとおんなじ

どうせ警備を固めてるんやし
試験的な復活なんやったらそんなこともやればええ
「アキバに何ありき」
かわかってないね

俺はコスプレイヤーやないけど
ステージ衣装に奇抜な服を着たり
時にはアニメのキャラに似せた服でステージに上がるから似たとこもあるかも知れない
それにかつてバンドがスポットを浴びた原宿などの
「ホコ天ブーム」
もあって
実はホコ天は音楽ともかなり密接なものである

そやから今回のこのホコ天復活には
「??」な部分が多い


最後に...
秋葉原を繁栄させたのは
ホコ天やない
コスプレイヤーやで
日本にこんな景気のいいような文化は秋葉原にしかない
それをブームにしたのは「彼ら」

これを履き違えたらアカン

文化を退化させず進化させて
もっと大事にしないと

このように
何かあるとまず路上でなにかをやる
「パフォーマー」
が悪と考えられるのは
俺は納得いかないのだ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック