SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
博多が熱かった良きロック達よ...
どうも!SEIZYです!
この前に俺のルーツって話になったからついでに...

「めんたいロック」について
もう死語か?というほどの音楽用語やけど
めんたいロックって言やぁ そりゃもう泣く子もチビッて踊り出す
とくりゃあ悪魔も来たりて笛を吹くくらい一世を風靡した日本ロックの代表選手みたいなもんです
九州は博多が発祥のロックです
だから俗に「めんたいロック」と呼ばれました(ベタやなぁ~)
俺は別にめんたいロックを好んで聴いてた訳やないけど
俺の体に潜むビートがこれに合ってたのか、好きになる音楽が珍しいことに全部めんたいロックでした
まず 1番バッターは甲斐バンドです
彼らの頃はまだめんたいロックという言葉はなかったけどね
当時 俺が好きやったフォークにロックの(それもストーンズばりの...)テイストを入れやがった!
まさしく「やられた!」でした
俺のルーツ中のルーツ、彼らなしにSEIZYは語れません
唯一ハザードのマスターだけがリハ後に「SEIZYは甲斐バンド好きなん?」って言ってくれました
ここを見抜いてくれるとは嬉しいッス
間違っても剛さんと言わないでください(笑)
よく言われるんやけど、意識してるんやなくて
俺が最初に影響を受けた人と彼の「それ」が同じなんでこう言われちゃうんです
そう、泉谷しげるさんです
パンクロックで育ったSEIZYは今でもパンクフォークを原点としてます
だから昔からパンクフォークを奏でる泉谷さんが正解!
剛さんも好きは好きやけど彼は今のスタイルの前はキレイ系やったやろ?
俺 その前からこれやもん(笑)
....ということで今でも大尊敬の甲斐バンドでした!
また甲斐バンドと泉谷さんらの俺との関連は別の日に語りましょか
2番バッターにTHE MODSです
とにかくフォーク少年の俺に「バンドを組みたい」と洗脳した奴らです
「激しい雨が」が有名ですね
ロック野郎はコイツらのライブビデオを見たら必ず燃えます
俺もいまだに見る度にバンドをやりたくなります(笑)
ボーカルの森山さん、パンクロックをやるために生まれてきたと言っても過言やないです
3番バッターはルースターズ
今でも根強くファンがいるほど伝説のバンドです
とにかく毒々しい感じとアングラ性が当時の「良きパンク時代」の象徴です
レッツロックなんて今聴いても涙モノです
ちなみに10代のころ組んでたTHE PHYはルースターズのカバーしてました
さて4番は...
我らがTH eROCKERS
名前の書き方が粋です(笑)
「速い!渋い!カッコいい!」
このバンドは我がTHE WATER ROADのレパートリーにもなってます
ボーカルは今はすっかり俳優の陣内孝則
彼はこの当時 めちゃめちゃカッコよかったっス
赤いスーツが似合うのは陣内さんとSEIZYぐらいやね(笑)

さあ5番...でもかなりかなり長くなりそうなんで
続きはまたね!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック