SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
エイズといえば
どうも!SEIZYです!

昨日 7月3日は
エイズが発見された日らしいです
1981年のことです

エイズと聞くと
俺は今でも必ずある人の顔が出てきます

俺が尊敬する人物のひとりです

彼は天才的なピアニストであり
超人的な美しいハイトーンボイスで全世界を魅了しました

ハードロック?
いや、グラムロック?
ヘビメタ?
ポップス?
はたまたオペラ?

いいえ どのジャンルにも属さないスタイル
ピアノを叩き感情のまま唄う
誰もやってなかった
七色のハーモニーギター
当時は誰もやってなかった...
衝撃です!まさしく
ディープインパクトです
その頃の音楽技術を遙かに超えてました

ハードロックのようだけど
その中に織り込まれる
クラシックやオペラ
歌劇や組曲のようなアレンジ
今、ヘビメタなどにクラシック的要素がよく盛り込まれているのは
彼のセンスをおいて他にないです


フレディマーキュリー

イギリスのバンドで
ビートルズ以来のビッグウェーブ
「クイーン」
のボーカリスト

しかし、エイズという病気で45歳という若さでこの世を去りました

彼の死を知ったときは本当にショックでした

俺の好きなエンターテイナーが初めて亡くなったんですから

昔 ハードロックにちょっと閉鎖的だった俺にその素晴らしさを教えてくれた
「クイーン」

日本が好きなバンドでも有名です
海外のバンドには珍しく
「TEOTORIATTE」
という日本語の曲もありました

しかし、彼らの音楽は今でも様々なシンガーやバンドに影響を与え続けています

先日、来日した
レディーガガも、彼らの楽曲
「レディオガガ」
からきてますよね

俺は「アーティスト」という言葉はキライですが
あえて...
クイーン、いや フレディを凌ぐアーティストが今もなお出てきていない
そして、これからも出てこないと思います

早すぎたデビュー
早すぎた音楽スタイル
そして早すぎた死

時代を超越した奴ら
クイーンは未来から来た
謎のアーティスト集団
なのかも知れません
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック