SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
フォークソング
どうも!SEIZYです!

フォークソングってやっぱりいいですね

SEIZYのストリート集会
の中盤でやっている
すっかりお馴染みになった
フォークソングのコーナー
でもかなりのフォークソングや歌謡曲を唄ってきました

たまにマニアな曲も唄いますが
自分の好みは置いといて
できるだけスタンダードな曲を中心にやってます

フォークソングパワーというのはスゴいものがあって
この時間に足を止める方がめちゃくちゃ多い!

やっぱりみんなフォークが好きなんでしょうね

最近はフォークといえばSEIZYの18番と認識されてるのか
フォークソングのリクエストをしてくる年配の方々もいたりして...

USTの番組
「SEIZYの今夜はオーライ!」
でもフォークのリクエストを受け付けてますが
何が来るかわからないのでかなり博打的です

なんせ「俺にはできないフォークはない!」
と豪語してますから
ええ根性してますよね(笑)

俺って凝り出すとその歴史やら何やらを知りたくなるんです

ギターを始めてから
フォークを弾くうちに
そのルーツを追及したくなって
かなり弾き倒したわけです
例えば
かぐや姫のファーストアルバムをプロデュースしたのは
吉田拓郎やて
へ~吉田拓郎...どんなんや?
その吉田拓郎を可愛がってたのが
小室等やて~
へ~どんなんや?
松山千春のアルバムをプロデュースしたのが
石川鷹彦やて
へ~どんなんや?
おぉ!石川さんと小室さんはおんなじグループやないか~っ!
てな感じです

そんなこんなで
関西フォークに代表される
URCフォーク
九州からのフォーク
反戦フォークに
四畳半フォーク
カレッジフォーク

そして、これらがフォークの神髄!
フォークの全てだと知りました

唯一苦手といえば
ニューミュージックと分類されるような
あまりに綺麗なやつ
これはどちらかというと苦手です

ちなみにストリート集会でも話しましたが
俺にとっての
フォーク四天王は
泉谷しげる
吉田拓郎
フォークル
かぐや姫
です

たくさんの人々に愛されている
フォークソング
誰もが青春だった
フォークソング

これからもSEIZYは
伝えるべき日本の伝統
フォークソング
という文化を多くの方に伝えていきたく思っています
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック