SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SEIZYのオススメレース!日本編
どうも!SEIZYです!

さて 昨日の流れから
やってしまいましょう!

「SEIZYのオススメレース 日本編」

ホースレースにはいくつかの
「名勝負」
「マッチレース」
「ドラマチックレース」
があります

「おいおい シナリオあるんじゃね?」
「神様のイタズラか?」
「えらいもん観てもた」
というようなレース

ホースレースファンでなくても一度は見といて損はないレース

それを知ってるだけで競馬ファンからは
「おっ!それ知ってんの?通だね」
と話に花が咲いてしまうようなレース

これらはどんなオリンピック競技にも負けません!

これから紹介するレースをYouTubeなりなんなりで是非観てください
携帯でも観れますよ

さあいきましょう!


まずはテンポイントとトウショウボーイ
グリーングラスの
「TTG世代」
は外せません

テンポイントを語らせたらSEIZYは山田雅人ばりに喋ります(笑)

関西の「貴公子」テンポイントは未だライバルである関東の「天馬」トウショウボーイに勝ったことがありません
菊花賞で先着したものの
グリーングラスに優勝をすくわれて勝ったとはいえません
陣営もファンも優勝して天馬に勝つことに意味がある
と信じていました

有馬記念
その天馬のラストラン引退レースです
これを逃しては貴公子はいつまでも2番手です
テンポイントにとってもラストチャンス

レースはスタートから直線まで
「敵はオマエだ」
とばかり他の馬を無視して2頭が前々へ出るマッチレース
ふつう、馬には脚質というものがあるんです 差し馬、逃げ馬
そんなもん関係なしの馬体をぶつけ合っての前での攻防
ラストランは大事に走るものやけど
このトウショウボーイのテンポイントを容赦なく堂々と迎え撃つ姿にファンは「男」を見ました
さあ 結果は~!

あなたの眼で確認ください!

このレースの凄いとこはまだあって
あまりにも世紀の対決の一戦に関東のレースでありながら関西の杉本さんが実況しているんです
後にも先にもこれだけです
この有馬記念を越える有馬記念は未だ有馬せん(笑)

YouTubeでの検索は
有馬記念 テンポイント
で出ます

追記
そんなテンポイントも
次走の日経新春杯を骨折という形で最後のレースになってしまいました


さて次は

桜花賞
オークス
この2冠レースを1度だけ馬に混じってバイクが走ったことがあります(笑)

ここで質問
あなたが選ぶ最強牝馬は?
ヒシアマゾン?
エアグルーヴ?
ウォッカ?
我がダイワスカーレット?
はたまたブエナビスタ?NO NO!NO~~!
そいつらは「強い馬」です
「最強牝馬という名のついた速いバイク」

かっとびぶっちぎり娘
テスコガビー

この子ははっきり言って
馬ではありません!
エンジンが付いています

トウショウボーイと同じテスコボーイを父に持つテスコガビー

その強さは彼女が出た
桜花賞、オークス!

位置取りも「逃げ」てますが彼女は決して「逃げ馬」ではないんです
ただ速いだけなんです
他がついていけないだけなんです

こんな馬 俺がリアルタイムで観だしてからも出てきてません
生で観たかった~
実況の杉本さんの
「後ろからはな~んにも来ない」
「赤い帽子ただひとつ」
が凄さを象徴してます

まあ観て下さい!

YouTubeでの検索は
桜花賞 テスコガビー
でオークスも観れます

追記
そのガビーもオークス後、故障をしてしまいました
あえて「エンジントラブル」と呼びましょう
まさしく強さとモロさは紙一重
そして早くして亡くなったために子供を残せなかったことは
日本競馬界の大損失でした


そして
このレースはGⅡで土曜日開催のレースですが
阪神競馬場の入場者数土曜日レコード
「平成の名勝負」
阪神大賞典

この現場には俺もいました
いてもたってもいられなくなり行きました生で観ました
凄い人と凄い歓声でした
感動に震えました
そして、そこに自分がいたことを喜びました

ナリタブライアン
対マヤノトップガン

2頭の年度代表馬の対決
どちらもブライアンズタイムの子だからか
直線の脚の使い方が全く同じ!
似たもの同士です(笑)

さあ不調続きだった3冠馬ナリタブライアンは復活するのか?
はたまた王者トップガンが意地を見せるのか?

テンポイント
対トウショウボーイが
昭和の名勝負なら
これが平成の名勝負です

まあ観て下さい!

YouTubeでの検索は
阪神大賞典 ナリタブライアン
で観ましょう

あとは
タマモクロス
対オグリキャップ
天皇賞(秋)の
「怪物対怪物」

オグリキャップ
対バンブーメモリー
のマイルチャンピオンシップ

昨日書いた
オグリキャップ対ホーリックスのジャパンカップ

ビワハヤヒデ
ウイニングチケット
我らがナリタタイシン
「BTW世代」の
クラシック3冠レース

スペシャルウィーク
我らがグラスワンダー
エルコンドルパサー
の最強世代対決

まだまだたくさんあります

長々と書きましたが
ホースレースには素晴らしいレースがあります
そのレースは10年に1度あるかないかです

これらは走る馬の背景、ライバル、関係者、ファンの想いが頂点に達したときのみ実現するドラマなんです
そのドラマには脚本、筋書きがないからこそ我々は感動をするのです

そしてそれを演じているのが
人間でなく動物であり
それに涙するのが人間なんです

こんなスポーツはこの世に
「競馬~ホースレース~」
しかないのです!

なんと素晴らしいことでしょう
これらはもはや
「ギャンブル」
とかたづけるにはもったいないドラマです

たかだか2分ちょいに詰まった何十年、何百年の血のドラマ

彼らの詳しい背景は
SEIZYライブ
「君よターフの上を」
の前奏で奏でる(?)ことにして

いずれ「名勝負!世界編」
もやりましょうね!

言いたい!
書きたい!
「あなたに語り継ぎたいドラマがあります!」
(おぉ!JRAのコピーのようになってしまった)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。