SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弥生
どうも!SEIZYです!

今年は閏年です
そして 今日からは3月
「弥生」
です

閏年には「名馬」が出るといいます

3月、弥生といえば
皐月賞トライアル
「弥生賞」があります
中京では古馬GⅠ
「高松宮記念」
もあります

3月は弥生賞を皮きりに
牡馬、牝馬ともに
皐月賞、桜花賞の
クラシックトライアルラッシュです

グレード(GⅡ、GⅢと「G」のついたレース)
は3着以内
Gのついてない若葉Sなどのオープン戦は2着以内に入ればクラシックレースの優先出走権が与えられます

そんなわけで
この月は若い馬たちの一番頑張る月であります

ここでクラシックに出るか出ないかでは今後の競走馬人生にかなり大きな意味があります

しかし 1年に生まれる馬は約9000頭
クラシック出走枠は
牡馬、皐月賞18頭
牝馬、桜花賞18頭
単純計算で250分の1!
う~ん 狭い!

ここに出られなかった馬たちは
次クラシックのダービー、オークスのトライアルに向かうわけです

こんな狭き門をくぐるだけでも凄いのに
このクラシック3レースを全勝して
「3冠馬」
となるのは奇跡と呼ぶしかありません
だいたい10年に1頭と言われてますから
これも単純計算で
90000分の1!
ありえません!(笑)

強さ、早さ、運、がすべて備わった馬だけに与えられる称号
「3冠馬」

基本的に皐月賞は速い馬
ダービーは運のいい馬
菊花賞は強い馬
が勝つといいます


閏年には名馬が生まれる

たぶん去年
見事その3冠馬になって
そして今年、古馬になった
「オルフェーヴル号」
が古馬戦線を大暴れするんじゃないでしょうか

もしくは
新たな若き名馬がクラシックから誕生するのでしょうか

オルフェーヴル陣営からは早くから海外遠征も視野に入れてると発表されましたができれば
できれば!
長年のホースレースファンの教訓から
海外遠征はしないでほしい
と俺は思っています

なぜか?
はまたブログ
オルフェーヴルの巻
のときに書きましょう
(そんな「巻」あるんか?笑)


さてさて
3月には素敵なライブも入ってたりして
ここからSEIZYローテーションも楽しみが増えてきます

なにはともあれ
SEIZY、馬ともに
目が離せません!


追伸
弥生で思い出しましたが
この前レーシングチーム
「チーム弥生」
の赤いステッカーを貼った車を見ました
おぉ懐かしい...(笑)
チーム弥生ってまだあるんでしょうか?
あのステッカーが流行ったのは確か俺がまだ小学生のクソガキだった頃です
俺も自転車に貼ってました(笑)


最近 ブログが
「馬寄り」
申し訳ない!春前と秋前はしゃあないねん(笑)

とにかく!
春は確実にやってきています
みなさん!身も心も軽く!明るく!
いきましょう!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。