SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
いやな予感的中!
どうも!SEIZYです!

先日 行われた
「天皇賞(春)」

4冠馬 オルフェーヴルが沈みました

競走馬というものはデリケートなもので少しの環境の変化や天候、季節にも過敏に働くもの

しかし 4冠馬のような
堂々たる名馬
にはそれは許されません

引っかかっちゃって
とか、入れ込んでとかの言い訳も×なのです

今までの3冠馬などの「名馬」たちは年明け初戦を横綱相撲で勝ってきました
しかし、オルフェーヴルの初戦
阪神大賞典のあの凡走
というか「乱走」
あれを観て
「バケモノ」とか「強すぎる」とか言ってた競馬ファンがたくさんいましたが
あれこそが凡走の何者でもない
俺は強さなど全く感じませんでした
堂々の1番人気を2回連続で裏切ったわけです

レースに負けるのは仕方ないしあり得ること
でもあれじゃあオルフェーヴルがかわいそうです

それだけ名馬になってしまったプレッシャーはデカいもの
3冠馬ではなく有馬も勝った4冠馬なのですから

俺は何より
競馬ファンとして
周りが
「オルフェーヴルはもうアカンな」とか
「あんなの3冠馬じゃねーや」
とか言われてるのがめちゃめちゃ悔しいんです


天皇賞の敗因として

☆ 前走のレース
あんなムチャクチャをしたら名馬といえども壊れます
馬自身がレースを嫌いになるんです
天皇賞 さぞかし嫌だったろうに...

☆ 騎手
強い馬は乗ってるだけで勝つもの
乗り役は馬に負担をかけずどうやって勝つかだけを考えればいい
と昔 ある名騎手が言いました
レース中 馬と喧嘩(大賞典の)する騎手はだめ
と サクラで有名な元調教師も言ってます
大賞典でオルフェーヴルの騎手はなぜ馬の気分のまま行かせなかったのか?
理解できません

☆ 馬がレースをやめた
勝ち続ける馬は1度負けると
「負ける楽さ」
を覚えてしまいます
「これでいいんだ」
と思っちゃうんです
強い馬ほどこれがキツいのです
オルフェーヴル自身が勝つこと、レースをやめてしまったのかも知れません

☆ 早熟馬
これもあると思います
気の荒いのがサンデー似なら早熟な面も受け継いでいるでしょうね
ステイとマックは晩成寄りだったのにね

☆ レースとの相性
やはりステイとマック
この2頭の血と天皇賞は因縁があるんでしょうか?

今までの4冠馬の守ってきた「最強」から外れてしまったオルフェーヴル
今は間違いなく
最弱の4冠馬
となってしまいました

そして早々と
凱旋門賞のプラン白紙!
だから言ったのです
調整の難しい世界挑戦よりも まず国内最強
天皇賞を大目標に
秋にある凱旋門に合わそうとしたら
天皇賞春で仕上げられません
他の馬が放牧してる夏にピーク前にしなきゃいけませんから


世界を目標に変えた途端
壊れた
或いは走らなくなった名馬は数知れず
シンボリルドルフ
ホクトベガ
クロフネ
サクラローレル
ディープインパクト
その他大勢...
そうそうたる顔ぶれです

その反面
海外で活躍する馬はタフなG�ウイナー
いわゆる2流馬
フジヤマケンザン
ステイゴールド
アグネスワールド
その他大勢...
調整がしやすいタフな馬ばかりです

オルフェーヴルは間違いなく一線級
日本の競馬を背負っていく存在です

宝塚に行くと思われますが
まだまだ1番人気でしょう

ファンのため、日本競馬のため
何より己のために!
自分に流れる血のために
レースを忘れるな!
オマエの父も祖父もレースの直線であきらめたことは一度もないぞ!

ファイト!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック