SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
ラストステージ!

どうも!SEIZYです!

先週の土曜日はSEIZYの可愛い後輩であり、愛すべき相方であります
小椋誠也のFINAL LIVEでした

まずはじめに
俺は長いシンガー人生の中で
あれほどファンに愛されたミュージシャンを知りません

・・・小椋誠也
いったいなにが?どこが?どう魅力なんでしょうか?
これは誠也がかもし出す「なにか」なんでしょう

さて、その小椋誠也のラストライブです!

小椋っちゃん曰く
「今日は俺たちとお客さんでオールドタイムにレジェンドを作りにきたぜ!」
にふさわしく
お世辞抜きでホンマにレジェンドな「カッコええ」ライブでした

セットリストもかなり悩んだのがわかります
オープニングからアンコールまで
完璧なセットリストでした!

今まで人のライブに「カッコええ」と思ったことは少ない俺ですが
このラストステージの
小椋誠也だけは!
だけは!
だけわーー!

スんゴいライブを見せてもらいました

うーん 刺激受けちゃいましたねー

俺が、いや、現時点で和歌山のどのミュージシャンが頑張っても
あそこまで「カッコええ」ステージができることは難しいでしょう
SEIZYのライブも「熱い!」だの「パワフル!」だのよく言われますが
まだまだですねー
いやぁ~やるね!小椋!
みんな小椋っちゃんは笑顔が素敵って言いますよね
しかし、笑顔にカッコよさが加わったら鬼に金棒
やりよった!汚ねぇー!小椋!(笑)

それほどラストの小椋っちゃんは輝いてました!

誠噺最終回SPのレジェンドから始まって
シェルター、オールドと
全て「レジェンド」でしたね

誰もが思った
「休止なんてもったいない」
誰もが感じた
「小椋誠也の魅力」

でも、一番もったいないと思ってるのはどのファンの子より
小椋誠也 本人なのです

小椋誠也という人間から
「ミュージシャン小椋誠也」を切り離すことが何より辛いし難しい
お客さんのひとりひとりの顔を
拍手を大合唱を感じるたびに
よけい辛くなっていく
恐らくまだ切り離せてないでしょう

声も切れ切れに出すのが辛くても最後まで力を振り絞って唄う誠也
曲が終わるたびにその曲とサヨナラ
いや、ライブ後はいつもの癖で
「次はこうしてああして」
と次のライブのことを考えた瞬間があったでしょう

俺も今まで幾度となく解散したり引退していくミュージシャンを見てきましたし、
自分も経験してきました
バンド時代の県文でのラストライブでお客さんが涙を流しながらアンコールしてくれたときは
「やめるのやーめた!」
とその時一番適切で一番簡単な言葉を出したくて
・・・でも飲み込んだ思い出
ミュージシャンはやっぱりステージで唄う自分が大好き
誰よりも自分が自分の一番のファンなんです

自分で決めたのにね
やっぱり辛いよね

誠也 お疲れさん!
まだまだやれるぜ
誠也のレジェンドは始まったばかり

和歌山へ帰ってきた時はいつでもいい!
ストリートでも一緒にどうや?
「誠噺」にトークもしにきてやー!

それがみんなの
「しあわせのかたちなんです♪」


BY SEIZY

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


さあ!あまり誉めすぎても誠也が調子に乗るので
冗談はさておき!(笑)
ストリートの話がでたところで
今週土曜日は
「SEIZYストリート集会」
を行います!

SEIZYもストリートに、ライブに
「レジェンド」を刻めるよう気合い入れまっせー!

19日はハッピーマンデーSPライブ
チケットをまだ持ってない方は
SEIZYのレジェンドのために
まずはチケットを買ってください(笑)
もぉー余りに余って困っちゃう!
よろしく!です!

残り少ない限定CD
「I ' m SEIZY Ⅱ」も合わせてよろしく!です!

さあ!今週の土曜日
20時からJR和歌山駅前にみんな集合してやー!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
回答編
ありがとう!
こちらこそ色々と感謝です

「心情」
かなり古いナンバーですがSEIZYオールドファンにはいまだに人気がある曲のひとつです
この曲をいいといってもらうのは久々なんで嬉しいですねー

誠噺 これからもちゃんと守っていきます
変わらぬ応援をよろしくお願いしますね!
2014/04/24(木) 22:48:36 | URL | SEIZY #l9XPUgGc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/04/23(水) 22:45:59 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック