SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の音に誇りを出してみろ!
どうも!SEIZYです!

SEIZYは「リハーサル」が嫌いである(笑)
リハーサルでしかやらないリハ用の
「リハーサルなんて大嫌い!」という
隠れオリジナル曲があるほどである(笑)

何故か?
第1に「パワーがいりすぎる(笑)」
リハも本番のテンションにできるだけ近くやらないといけないので
ここで一汗かいてしまう(笑)

第2は音響である
音響するやつに「プロ」らしい奴がおらん
「音響?音質?バランス?皆まで言うな
わてに任しときなはれ!」

って言ってくれるやつが少なすぎる
っていうか  いてない!

まずはリハに入るとき
「SEIZYです よろしくお願いします」
というが音響はなんも言わん
よく言って「はい」と言うだけ
お前 何様やねん!
挨拶せえよっ!っていつもリハしながら思てる

ミュージシャン(演奏する側)の音の好き嫌い、作り方は確かにある
でもさ こっちがなんか言うまで
なーんも言わんと
「低音どんな感じ?」って聞いたら
「ちょっと薄いですかね」て(笑)

なんでやらんの?
なんでこっちに言わんの?
リハーサルなんやから初見のミュージシャンでもぱっと聴いたら曲の感じやジャンルはある程度わかるやろ?
「もうちょっと低音上げたほうが迫力でるけどこんな感じどうですか?」
みたいなキャッチボールができない
こっちがなんか言う(聞く)まで
ええんか悪いんかも言わんとボーッとしやがってよ
こっちも音響に関しては素人同然みたいなもんやからなんか言えよ なんかやれよ
だからこっちも「もうこれでいいですわ」とサッサと切り上げる

んで本番になったら・・・
リハと音ちゃうやないかぃっ!
ギターの弾きかた
リハと本番の天候や室温
お客が入ってないのと入ったの
いろんな条件があるから音が微妙に変わるんはわかる
そやけど専門家やったらそれを踏まえてやれよ!

SEIZYは入場のSE(入場曲ね)からライブは始まってる(お馴染みのハイタッチの時間ね)
これはSEIZYのライブでは大切な時間よね
リハで「SEは約1分半です
俺がステージに上がってしまっても最後までかけきって下さい」言うたのに
ステージ上がるとフェードアウトかブチッと切ってしまうアホな奴も多い
この時点でSEIZYのステージ半分ぶっ壊しとんねん!
ステージで「切んなっつったやろ!」
と言うこともしばしば
なんのためのリハやねん
お前人の話 聞いてるか?書いてるか?
SEのCDにも書いてるんです
「指定の曲を必ず1曲かけきってください」と
注意してない証拠や
どうでもええと思てるんやろね

おまけにライブハウスなんか
「うちは音響機材も一流のんつこてる」とか平気で自慢しよる

そんな感じで音響がミスしても
本番終わってミュージシャンに謝りにきたことは今まで「ゼロ!」
何十年音楽やってても「ゼロ!」

音響って偉いんかぃ?

ミュージシャンがノーギャラのイベントでも音響には日当が出る
なんで?なんで?なんでー?
「音響は仕事でやってる?」
「いえいえ俺らもそうですけど」
別にギャラがほしいからゆうてんのやない
何回もゆうけど和歌山のミュージシャンはギャラうんぬんで動くやつはおらん(多分)
たいした仕事もでけへんのに日当取んなよって話や

これは企画側が悪いのね
ミュージシャンはタダでも喜んで出る
音響、場所代は高い
もし余ったらミュージシャンにも出したろか・・・
みたいな風潮が定着付いてるんよね
チケット売ってお客呼んでんのはミュージシャンやのにね
まあゆうたら音響のギャラになるチケット売って
準備も片付けも手伝って礼もないっちゅーね
イベントの主役はミュージシャンやのにね

ミュージシャンは素人でもやりゃあできるし
どんなとこでもやりたいって奴ばっかりやから「タダでも出ます」「あいつらタダでもやる」っていう認識になっちゃうんやろね
音響は素人はできんからね(音響も素人みたいにヘタな音しか作れんけどね)

だからいつからか音響側がミュージシャンより上の立場みたいになっちまったんよ

ホンマはリハ時間までに入ったらええもんを
朝も早よから自分の準備そっちのけで
セッティングやら片付けやら手伝っても音響会社から「ありがとう」と言われたこともない
基本的になめてるんやろね
サザンやB'zが片付け手伝ってるか?
お前らも「手伝えよ」って言いますか?
知名度は違えど俺らも彼らとおんなじですけど?

SEIZYの回りはセルフでスタッフ、ミュージシャン一丸となって作るライブが多い
これなら納得もしてるし気持ちええよ
ハッピーマンデーライブとかもそうやし
ガーデンライブとかもそう

ところがいっぱしの音響会社といったら・・・

俺の知ってる限り
リハ~本番 手際までベリーグッドですやん♪
っていう音響さんは今までで片手で足りるほど

このイベント ええもんにしたい!
という意欲が感じられない
ミュージシャンがいくら気張っても音だす奴がこれやったら話にならん

「ミュージシャンはステージのことだけ考えてくれ!なんかあったら何でもゆうてくれ!」っていう奴はおらん
まったくおらん!
要するにプロがおらんってことや

ミュージシャンが個人個人色があるように音響にも「俺ならでは!」の色を出せないか?
みーんなおんなじような音出してやっつけ仕事が目に見えてわかる
どのミュージシャンのギターの音もおんなじやないか

お客側のあなたも今度はライブでそんなとこ気つけて聴いてみ?


またまた言うけど
神戸のチャリティーライブは
リハはナシ!やで
最初にちょっとギター鳴らして、それをイヤホンでちょっと聴いて「はいOK!」って一発で音をキメやがる!
40組ほどの音を やで
ソロもフルバンドもやで
「やるねー!プロやねー!」ってなるよ
ほんまの音響のプロさんが(もちろんノーギャラで)来てるんやけどね
プライドがあるんやろね  さすがやわ
だから俺はこのイベントを
「ええイベント」やといいつづけてきたんや


断言するわ
イベンターも音響も
「やらしちゃってる」
「やっちゃってる」
気持ちでやってたらいつまでたっても
いいイベントなんてできない
ミュージシャンもそんな態度を察して
だんだんとさめていく
ほなそのイベント誰が盛り上げんねん!


なーんかキツいことを言いましたが
俺は毎回「後はない!これがラストライブ」という気持ちでやっています
おもいっきり叫ぶしおもいっきり汗をかく
命削ってます 体重が変わるほどです
だから中途半端な奴はわかるんです


SEIZYの「本当のラストライブ」は
俺が「最強」と思った音響さんとやりたいものです

イベントのこと、デモのこと
そして今回と結構、タブーに迫る内容ですね(笑)
まぁ言える人間が言わないとよくならんこともあるし
なかなか興味深いでしょ?(笑)
たまには音楽界の「??」をまだまだ続けていきたい所存です
こんなんばっかり書いてたら
「SEIZY 怒ってばっかり」となっても困るしね(笑)
あっ前から思ってますか(笑)
いえいえ怒ってるんやないですよ
忠告しとるんです


次回は
これっているか?
どこまでミュージシャンに損さすねん!
チケットノルマの話

よろしく!です!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。