FC2ブログ
SEIZYレディオBLOG (音声ブログ)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
再放送!「先生と生徒」
2013年01月09日

どうも!SEIZYです!

ご存知の方もいると思いますが
バスケットボール部のキャプテンの子が先生の体罰を受けて
自殺するという悲しいニュースが報道されました

・・・体罰
いつからこんな言葉が言われるようになったんでしょう?
少なくとも俺の学生時代にはあまり聞かなかった言葉です
ただただ
「先生にどつかれた」
って言ってました

体罰という言葉は第3者的な言葉ではなく
殴られた生徒側の言葉のような気がします
相手が無抵抗なのをいいことに好き放題
そんなイメージがあります


SEIZYは「先生が生徒を叩く」
ことには反対はしません
しかし、体罰という手段はよくないと思っています
というか この体罰という言葉自体が反対です

知ってる人も多いと思いますが
俺は中学生時代
それはそれは厳しいバレーボール部にいました
練習は夜遅くまで
殴る蹴るはほとんど毎日です
平手ならまだマシですがグーも多かったです
「グーは憎しみがあるやんけー!」
子供ながらに思ったものです
部をやめるやつ、逃げ出すやつは多かったですが
自殺するやつはいませんでした
殴られてもチームで盛り上げてそれを吹き飛ばすムードをみんなでなんとか作ったものです
その厳しさのおかげでこの忍耐力と乗り越える力を身につけたと思っています

たまたま自殺者がでなかったのがラッキーだったのかそれはわかりませんが
今回の自殺した少年はかなり傷つき、悩み、一人でしょいこんでしまったんでしょうね
周りも見て見ぬふりな感じだったのかもしれません

俺達の時代の子供のほうが
打たれ強い のも事実です

体罰?指導?
殴る先生側の感情もあるでしょうが
部員の少年一人一人のためではなく
勝つために下手をした部員への体裁、見せしめにしか思えません

もう一度言いますが
俺は先生が生徒を殴るのは反対しません
怖い先生、逆らえない先生
子供の世界にはそんな先生も絶対必要だと思っています

殴られたら痛いだろ?辛いだろ?
だからお前も人を傷つけるな
この教えを知ることができるのは殴られた子供だけです

俺を殴った先生が
「オマエは殴らなきゃわからねえんだ
殴らなきゃダメになるんだ」
「オマエがわかってくれるなら教育委員会でもどこでも行ってやる!」
と言って涙を流しながら何回も殴られたこと
今でも胸に焼き付いてます


そう、怖いだけじゃだめ
生徒との信頼関係があり、あるときは一緒に遊び、バカを言ったり
あるときは体を張って生徒といい意味で「喧嘩」できる先生は絶対必要です

俺にもそういった先生がいましたし、
殴って力で威嚇するだけじゃなく、なんでも話せるし、文句も言える先生
学校に行くのはそんな先生に会いにいってたのかもしれません
そんな先生に殴られようが
自分の中で受け入れられた気がします
憎しみや反発はなかったですね
殴られたときは腹が立ったけど
いまは逆に感謝してるぐらいです
そんな先生にたまに誉められようなもんなら
すごくすごく嬉しかったり・・・

そんな意味でも俺は毎日のように殴られてましたが
いい先生に出逢えて幸せなほうやと思います

昔はそんな先生に俺をはじめ、たくさんのことが助けられたのです

いまはそんな先生が少ないんでしょうね
殴るのなら「こいつはわかってくれる」という先生と生徒の関係を超えた人間関係の「友情」がいるんです

先生と生徒が堅い友情で結ばれていれば
「モンスターなんやら」なんてものは生まれるはずがありません
親の入る余地すらないんです

そこまで生徒に入れるシステムが今の学校にないのもあるんでしょうが
そんなことを言っていては
なにも進歩がない
先生はある意味 親や友達よりも長い時間生徒と付き合っているんですから

「人は人」の風潮がそういう面白くない学校を作っていったのかも知れません

あれだけ怒られて殴られて
そんな大人たちも「学生の頃は楽しかった」って言うでしょ?
今の子供たちは学校が楽しいと思っているのか?

でも、昔の先生にできて今の先生にできないわけがありません
子供も今も昔もおんなじなんです
じゃあ一体なにが違うんでしょうか?


子供たちも「コイツだ」という先生がいたら担任でなかろうが
なついていくべきです
なつきかたはなんでもいい
子供は不器用ですから喧嘩から始まってもいいんです

現代は先生も「登校拒否」があるっていう時代
生徒を、子供を怖がってどうするんですか?
あなたがた先生が身をもって子供にぶつからないとその子供は大人になれません!
何を恐れることがあろうか?
教育委員会?親?
首になってもええやないか
登校拒否よりマシだろ?
少なくとも子供たちは分かってくれるよ
それでええやないか

生徒という言葉をとっ払って
「いち人間」
として付き合えば子供たちも人間
アホやないんやから

学校はもっと楽しくなるはずです
いや、楽しい場所であるべきなんです
言いかたは悪いかもしれませんが
子供は単純なんです
未熟なんです
やっぱ ガキなんです
逃げれば追ってくるし、追えば逃げる
でもぶつかれば応えてくれる
理屈抜きで、損得勘定なしでつきあってくれる
ある意味 大人よりもピュアで付き合いやすいんです


今回のこのニュースはとても残念で悔しさ「だけ」が残ります
なんとかならなかったのか?
なんとかできたんじゃないのか?

先生!傲慢なだけの体罰はよくない!
生徒!死ぬのはよくない!
死ぬほどの辛さがあったのかもしれない
それはわかるがまだまだ若い命
これからの人生でおきるであろう素敵なこと
それをすべて放棄してしまうにはあまりにちっぽけなことじゃないか!

こんなことは二度と繰り返してはならない!



「一人じゃないさ」
この曲があまりにも当てはまりすぎます
この曲を作った直後に起こったニュースに
俺も複雑な心境です


聴いてもらいたかった・・・


今、思えば
今回、以前の記事にちょっと付け足しも入れました

体罰やいじめ、自殺に関するニュースが後を絶ちません
和歌山の市議会の方と話すたびに
ニュースに報道されていないところでも
ものすごいことが起こっていると聞きます
この問題はいつの時代も必ず起こること
俺達の時代にもありましたよ
理由は簡単
子供はまだ未熟だから!
未熟と反比例して感性がすごく伸びる時期だから!
こんな簡単なことがわかってない先生が多すぎる!
それをなんとかするのは
親ではなく、いい先生といい友達に他なりません
「自殺」はいけない
自殺は自分という人を殺すこと
体罰よりも重い罪を犯してはいけない

どんなに辛いことでも
自分という世界の中じゃ
あまりにもちっぽけなものだよ
人間に生まれてきたのなら
人を殺すことと親を悲しませることは
絶対にやってはいけない

と、SEIZYは思うのです


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック