SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
新撰組
どうも!SEIZYです!

今日は「新撰組の日」らしいです

新撰組といえば思い浮かぶのが
松原忠治の物語です
あまりにも切なくてあまりにもドラマチックな恋物語

約2ヶ月やけど一生分の恋に命を賭けた四番隊組長 松原忠治

ひょんなことから喧嘩に巻き込まれ
相手の男を斬り殺してしまった忠治は
我に返り 自分のしたことに後悔します
懐から身元を探り 男を背負い家に運び「自分の罪を詫びる」つもりでした
男の家は貧乏で子供が病気でした
それを目の当たりにした忠治は罪の意識と後ろめたさで妻に正直に言えなかったんです
「河原を通ったら喧嘩していたので助太刀に入ったがこうなってしまった」
嘘を言ったんですね
それから 嘘を言った自分の懺悔の気持ちと
残された家族を助けたい気持ちで
自分ができるありったけの援助をしたのですが
いつの日かお互いに愛し合うようになったのです

しかし「斬り殺した男の妻と関係を持つなど許せん」
と土方歳三の怒りを買った忠治は四番隊組長を降ろされます
切腹しようと腹を切るのですが
死ぬ前に彼女に本当のことを話して詫びようとします
彼女は話を聞いた後でも「死なないで」と言うのでした

結局 二人は寄り添って心中の道を選ぶのです

後にそれが発見され
「忠治が罰で切腹しようとした所へ 相手の妻が仇を討ちに来た そして返り討ちで殺された」ということにされたらしいです

たしかこんな話です
新撰組の四番隊組長として4ヶ月という短い人生
恋をした相手が悪いのか
男を殺してしまった忠治が悪いのか
今となってはわかりませんが
確かに2ヶ月の純愛を貫き通した忠治の凄まじき人生でした

ザーッとなのであまりドラマチックには表現できなかったかも知れませんが
興味を持たれた方は
松原忠治で検索をかけたらヒットすると思います
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
回答編
「新撰組の外伝」とも言うべき松原忠治のストーリー
まだまだ肌寒い心にしみたみたいでよかったです

もし俺が松原忠治やったらどうするかなぁ
と思ったりしますね~
やっぱり忠治と同じ道を歩むかな~
2009/02/28(土) 21:41:37 | URL | SEIZY #l9XPUgGc[ 編集]
グ~~!
週末の疲れた心に効きました...
ここまで「愛し合う」ってどんな感じなんでしょうね。

わたしは全然知りませんでした☆さすが雑学王!(^-^)

ロマンスを語るSEIZYもグ~ですよ(^_^)v
2009/02/28(土) 02:10:54 | URL | yasumi #kmBhwWbA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック