SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心に突き刺さった台詞 その弐
どうも!SEIZYです!

昨日に引き続き
「心に突き刺さった台詞」その弐です

こういうアニメや漫画から言葉を学び、感動し、成長していくことって大いにしてあると思う
現に俺もそんな一人やしね
最近は残酷なものや「これはどうなん?」的なアニメ&漫画が多くなり、いい影響を与えてくれるものが少なくなったが...
悲しいことですね
売れりゃなんでもええ!的なものでは済まされないでしょ?アニメや漫画は!

さて
「あしたのジョー」がボクシングなら、もうひとつ忘れてはならないのが

「リングにかけろ」です
最後の試合(剣崎戦)に行く主人公 竜児にジムのトレーナーが贈った言葉
竜児も剣崎も友人でありながらライバル
お互いの体はあと一戦やれば滅びるかも知れないというボロボロの状態です

「竜児 ボクシングは今日限りにするんだぞ
オマエはもともと人を殴り倒すスポーツができる人間じゃない
今度生まれてくるときは二度と...
二度とボクシングなんかするんじゃないぞ」

続いて竜児が泣かせてくれます

「はい でも今度生まれてくるときは
ここに この町に このジムに...
とっちゃんの子供として生まれてきますよ いいですね」

とっちゃんとはこのトレーナーのことである

同じくもう一人の主人公 剣崎も最後の試合(竜児戦)の前に

「闘うさ 人間の命はつかうときにつかわなきゃ意味がないんだぜ」
「一回きりの人生 長い短いは問題じゃねえ
本物の男ってのは自分のそういう一度っきりの大切な1日を
たった一度の今日という日を感じとれるヤツのことをいうんだ」

この言葉...
俺の大好きな言葉です
この作品は全編名セリフだらけです
これから未来を背負うだろう子供たちに是非オススメしたい作品です


そして「牙狼~GARO~」より
これはアニメでも漫画でもなく「特撮」ですがメッチャ好きな作品です
ちょっと大人向けの特撮ゆえに名言が多いです
大人が忘れかけていた「基本的な」ものを思い出させてくれます

命があと何日かに迫った「これから愛すべき人」であろう女性を敵から守るときに主人公「鋼牙」が放った言葉

「たとえ 残された時間が僅かでも 人にはその時間を生き抜く権利がある
貴様にその女は渡さない!」

「今の俺は貴様とは違う
俺には守りたいものがある」

敵「どういうことだ?」

「この剣を操り、守りしものとして生きることを誓ったからだ」

敵「なぜそこまでして人を守りたいのだ?」

「守るに値する輝きを秘めた無限の存在
それが人だ!」

いや~ 闘う男の言葉ですね~


なんかやってみると名言って多すぎて2回じゃ紹介しきれないわ(笑)
まだ3作品しかやってないし(笑)


ちゅうことで
またの機会に(いつかわからんけど)
「その参」やっていいですかぁ~~~?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。