SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
魂て箱 外伝 参
どうも!SEIZYです!

さ~て 今日もやりましょうか


「魂て箱 外伝 参」
「雪」の巻~!

さあ 早いもので
「魂て箱」が発売してからもうすぐ3ヶ月になろうとしています

もう皆さんなりの
「好きな曲」
「好きな歌詞」
とかも生まれてきたかと思います

その中で
やっぱり俺としては思い入れの強い曲
それが「雪」です

前にも書きましたが
この曲は俺がソロ活動するきっかけとなった
「でかい1曲」です
そんな「雪」のエピソードをお届けしましょう


その当時 俺は
「A-BIS(エビス)」
というアコースティックユニットをしていました
内外国のポップスを中心にオリジナルをチラホラ
という構成でした
しかし 今になっては俺が金や赤な髪をして「MISIA」や「ドリカム」など弾いてコーラスしてたなんぞ想像もつかないでしょ?
風貌は今と同じでしたから(笑)

そんな俺がある日の深夜
友と遊んでました
友=「SEIZYソロナイト」や
「城ロック」に来た人なら覚えてるかと思いますが我がバンドでベース弾いてた あのやかましい「IBO」です

彼とあと一人でワイワイやっていた時
ちょうど雪が降ってきてね
「お~っ 雪や~」って

その時に俺が急に唄いだした
「♪白~い雪が~降っているぅ~ぅ♪」

そのあとの会話

SEIZY「おっ!今の唄ええない?」

IBO「そうか~?」

S「あほ 絶対ええて ちょっとギターや」

ギターを持って「雪」の始めを作り出す

「♪...繰り返すようにずっとぉ~♪」

S「ほれみぃ ええ感じやないか~」

I「ん~まあまあや しかしお前が作る曲はなんでこうも昭和って感じなんよ?(笑)」

S「このイメージはクールスの館ひろしやからじゃ!(笑)」

I「そのイントロがあかな
ジャンジャラジャンジャ~ンて(笑)」

「(笑)(笑)(笑)」

といった具合に笑いで終わったんですが
次の日にもういっかい唄ってみて覚えてたら全部作ったろうと思てました
1日経って忘れてたらたぶんええ曲やないと...

そして次の日
見事に「雪」は完成したのです!
パチパチパチ

できた瞬間
「これをみんなに聴かせたい」
「A-BISでやってもインパクトがない」
「どうしょう」

そして、その何ヶ月か後
ソロシンガーSEIZYとして活動しだした俺は
アルバム「雪のように」
を発売するのであった~!

もしもあの日
メロディーを俺が忘れてたら
ソロシンガーSEIZYは活動してたかどうか...

それほどSEIZYにとって大切な1曲

それが「雪」であります!


さて次回は
「魂て箱 外伝 四」
です!
お楽しみに!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック