SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
考えさせられるニュースでした
どうも!SEIZYです!

今日、ラジオのニュースで言ってたんだが
ちょっと考えさせられる事件があった


...自殺を図り、未遂に終わったのだが
意識が戻らず
ずっと意識不明のままの長男を持つ母親が
その長男の胸を包丁で刺し、死亡させた公判が行われた
ここまでならただの事件なのだが...
意識不明のままだと
1日約10万円がかかるらしく
このままでは家族や孫(たぶんその長男の子供?)
の生活も出来なくなる
と、ノイローゼ気味になり、殺すという動機だった

判決...懲役5年

人を殺すということ事態の大きさを孫にも簡単に受け止めてほしくない...という裁判所の見解

...ん~
自分ならどうするか?
被害者の長男は自殺したが未遂に終わり、意識不明
ということは本人からすれば死んでるのと同じ
加害者の母親にすれば
これから天文学的にかかる費用は家族が寝ずに働いても作れる金ではない、残された家族、孫、そして自分たちのためにやむなく犯した罪
誰も好き好んで自分の長男を殺すようなことはしないだろう

なにが悪くて
なにが悪くないのか

その昔、貧乏が故に我が子を捨てることや、娘を女郎屋に売るなど行われてた時代もある
島流し
出稼ぎ...

もう一度考える
自分ならどうするか?

この母親を「殺人犯」と、はたして呼べるでしょうか?
「人を殺したら犯罪だ」
俺もそう思っています

しかし、この母親は自分が死ぬわけにはいきません
家族や孫を見放すわけにもいきません
一度自殺を図った長男
この長男がもし意識が戻って実態を知ったら
自殺する動機よりもキツい自分のやった結果を知るでしょう
その時 その人はどうなるか...
もう一度自殺でしょうか?
以前から安楽死に対する問題も囁かれています
どの視点から見ても
どちらの味方になっても
自分ならどうするかが全く出てきません

難しいです

罪を憎んで人を憎まず

この母親の犯罪は正解だったのでしょうか?


SEIZY SOLO STAGEまで
あと30日!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック