SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やんちゃ坊主と6本の弦 第6章
どうも!SEIZYです!

「やんちゃ坊主と6本の弦 第6章」

「ギターを手にした
へなちょこシンガー


少年は音楽の授業で使う
ハーモニカや笛
いわゆる楽器が得意でした

楽譜を見ない演奏

この頃から
「耳コピー」
をしてました
最初の音だけ先生に聞いといて
あとはメロディーに沿って音を探します

だから教科書の音符にない音
普通は「休符」なのに
自分流にアレンジして
ベースランニングや
副音、あいのてみたいな音を入れて怒られてました(笑)

今でも歌さえしってれば
最初のコードでだいたい弾けちゃいます

歌うのが好き
楽器が得意
とくればギターを弾きたいと思うのは当たり前です

そう思うようになったら
もう自分がみんなの前でギターをかき鳴らして歌う姿しか頭に浮かびません
もう「ホウキ」や
「三角定規」の偽物ではないんです(笑)

誕生日が近づいたある日
おかんに
「今度の誕生日になんか欲しいものある?」
と聞かれ、迷わず
「ギター!」
と言いました

おかんはたぶん
いつもみたいに
「レコード」か「本」
と言うと思ってたでしょう

「そんな高いもんあかんよ」
「えぇ~なんで?」
「あかんもんはあかん」
「ほな自分で買うからお年玉の貯金してたやつを出してくれ」
「んなもんない!」
「え?えぇ~~!」
「じゃあその貯金あげるからこおてくれ~」
...と なんかメチャクチャな会話でした(笑)

この時代は
子供の貯金は親のものだったんです(笑)

でも1度言い出したら
退かない少年の頑固さはおかんが1番よく知ってます

「大事にしなあよ」
結局 誕生日とクリスマスプレゼントのダブルってことで
少年の勝ちでした

そして、ある休みの日
家の近くの商店街
ぶらくり丁へギターを買いに行きます
ぶらくり丁は当時
和歌山では1番の繁華街です

ぶらくり丁は
イワキレコードへ
このイワキレコードは
少年がレコードを買いに行ってた店です
ここへは毎週のように行ってましたから
少年はガキにして店の人と顔見知り
常連さんです
当然ギターも売ってました

「ギター買いにきたんですけど~」
「いらっしゃい!どんなやつ?」
「ん~フォークするやつ」
ギターに関して全く知識がないので
ド素人会話が続きます(笑)

「やったことないから弾きやすいのがいい」
「じゃあこれは?」
「あかん...高い」

結局 15000円也の
ギターを買いました
メーカーは覚えてません
値段的に無名メーカーやと思いますが...
でもド素人のガキにはメーカーなんぞ
知るよしもなく
なんでもええんです

一応、
「すぐに弾けるギター入門」
というような教本なるものと
「ギターコードブック」
も買いました
ちなみにこのコードブックは今でも手元にあります(笑)

さあ 念願のギターを手にしてウキウキワクワクです

帰り道
それを持ってるってだけで気分はまるで
ミュージシャン!

早く弾きたい
早く弾きたい
早く弾きた~い

家について早速!!
「ジャカジャ~~ン」

...と世の中そんなに
うまくいくわけがないのでした!(笑)

少年は
「一休さん事件」
に次いで2回目の音楽に対する挫折と悔しさを味わうのでした


.........つづく

次回は
「ギターを手にしたへなちょこシンガー
その2 もうやめたい...」
をお贈りします

お楽しみに!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。