SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
歌を忘れたスポーツマン 第6章
どうも!SEIZYです!

久しぶりに
楽しんでもらいましょ

SEIZY自伝的小説
歌を忘れたスポーツマン編
「第6章 地獄の夏休み」

新人戦も終わり、
少年もすっかりバレーポーラー!
バレーが上手くなってきました
さてこの新人戦が終わると学生たちには待ちに待った
パラダイス!

夏休み...

ってな訳にはいかない
我らバレー部には
この夏休みが
地獄の1丁目(古っ!)
になります

夏休みの練習は
昼の1時から
終わり無制限
の練習ですが
なんといっても
夏休みには泣く子も黙る
貴志川合宿
があります!

我ら部は
同じ中学生とではレベルが違うらしく
練習試合もやるだけ無駄で自分らの練習にならないので
貴志川高校女子バレー部
(当時は女子校)
との練習試合を兼ねて合宿が繰り広げられるのです

今、覚えてるだけでも
信愛女子
県商女子
と練習試合しましたね~

でもこの
夏の名物
貴志川合宿は特にキツく
逃亡未遂数知れず
合宿途中仮病人は出るわ
泣き出すわ
怒り出すわで部員全員
精神状態がおかしくなってました
多分2泊3日でした

民宿みたいなところに泊まります
現在、貴志川の
ホタルがよくいる橋の下
バーベキューもよくやってますね
そう諸井橋です
あそこに民宿がありました
今でもあるのかな...

朝6時起床
まだ半分寝てる状態で
貴志川の川沿い道を
ひたすら走らされます
そして朝飯を食べて
9時頃に貴志川の体育館に入り、朝の練習ですが
民宿の橋の所から貴志川高校まで
(みんな場所わかりますね)
ダッシュです!
ランニングではないです
ダッシュです!
これが遠いのなんの

体育館に着いたら
例の「アップ」です
今ダッシュしたやん!
これはアップに入ってないんか!っちゅーの!

そして、ボールを触り
パス
サーブカット
スリーマン
ツーマン
アタック
ローテ
サーブ
がウチのメニューです
これを昼までにします
昼は先生が弁当を持ってきてくれます

そして昼からは
貴志川高校女子バレー部との
練習試合です
全部で20セットぐらいするでしょうか
かなりしんどいです
この試合が終わると
ミスした所を重点的に夜まで練習します
...ヘトヘトです

民宿に戻り
飯を食って風呂に入ったたあと
度胸をつけるため
と、
川に向かって歌を歌わされます
この意味がよくわかりません(笑)

夜に川で大声で歌を歌う
よそから見たら
「変な集団」です(笑)
みんな一人ずつ
歌を歌っていきます
少年が忘れかけていた
「歌を歌う」
ということをこんな形で思い出すなんて...
イヤでした
楽しいはずの「歌」が
こんなにしんどく辛い中で歌うのがイヤでした

少年はサザンの
「お熱いのがお好き」
を思いっきり歌いました
♪一人で渚に立って
寄せる波に吐息だけ♪

中学の先生にも
「オマエ上手いな」
と言われましたが
嬉しくありませんでした
歌を歌っても小学生の時の「燃えるもの」
が湧き出てきませんでした

少年は中学へ入学してから夏休みまで
しんどい練習と精神的疲労で
家でも人前でも
歌うこともせず
だんだん笑顔が少なくなっていたのです
せっかく買ったギター
も埃を被り、弦は錆びついてしまってました


さて次回は
「第7章 バレーなんか青春やない」
をお贈りします

夏休みの合宿が終わり
いよいよ少年も2年になります
バレーになんのおもしろさも見いだせないまま
部には後輩というものが入ってきます


SEIZY談
貴志川合宿...
イヤでしたね!
もう 夏休みなんかいらん!
って感じでした
二度としたくないですね
このしんどい思い出が強くて
貴志川=しんどい
のイメージが今でもあります(笑)
当時「タマ駅長」がいたら
蹴ってるかもしれません(笑)

この合宿が毎年あるんですが
2泊3日中おんなじ練習メニューです
歌もちゃんと連日歌わされます(笑)

中学時代は完全に
「歌手」ではなかったですね
入れた先輩が悪いのか
入った私がバカなのか
現在も「なぜバレー部に入ったのか」
わかりません(笑)
今はやっててよかった
と思いますが
そんなもん今やから思うことであって
当時は
「必死」と「意地」
でした(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック