SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教本には載ってない「肝」シリーズ 作詞、作曲 曲作り
どうも!SEIZYです!

シンガーは経験があると思いますが
インタビューとか取材
はたまた一般の方に聞かれる質問として必ず上位にくるのが

「作曲の時は詞が先ですか?曲が先ですか?」

である

そんなもんどっちでもええやんって感じだが
シンガーにはこれが無難で定番な質問なんやろうね

どんな作り方でもヒットを飛ばしゃ
「勝ち」な世界ですから

だからそういう順番は人それぞれやと思うが
はっきり言って
メロディーから作ったほうが楽やし簡単
手っ取り早くできてしまう

なぜならメロディーに歌詞を乗せる場合はストーリーやメッセージなど
そんなに重要視しなくてもいい

そのかわりメロディーに合った「キャッチ」なフレーズが生まれやすい

逆に「この歌詞を一語一句変えずに絶対入れたい!」
となるとそれに似合ったメロディーをもってこなくてはいけない

メロディーが出来てれば歌詞はハメコミでええけど
メロディーはワンフレーズはめ込もうとしても頭から最後まで「流れ」があるので
たった一語の為にその曲の雰囲気が出来てしまう勢いになる
メロディー探しと
歌詞探し

そりゃあ歌詞を探すほうが楽でしょ
普段使ってる日本語をドラマチックに入れていけばええんやから

メロディー探しはその作り手の引き出しの多さがものをいう
例えばどれを聴いてもどこかしら似てる曲ばっかりのミュージシャンっていますよね?
そいつらは歌詞からが多いです
曲からだとその時点で「あれに似てる」と気づいてボツになります
似ていても歌詞が違うと違ったように思うものです
引き出しが少ないんでしょうね
あえてグループ名は書きませんが
プロに向いてません

しかし、曲作りに
正攻法とか攻略法などは存在しない

一般の人でも何かしてるときなどに出てくる鼻歌みたいな訳のわからんメロディー
あれも立派な作曲です
ミュージシャンはその訳のわからんメロディーに歌詞をつけて訳のわかるメロディーにする

そんな感じです

要はどんな順序で作っても
「歌詞とメロディーが合っている」
これが問われるのです

俺の場合は
曲、歌詞をほとんど
「同時」に進めている

これが俺にとって「楽」でり手っ取り早い
ギターをジャカジャカ弾いてそれに合わせて適当にメロディーと歌詞をつけていくのが多い

でもほとんど最初に思い浮かんだ歌詞をできるだけ使うようにしている
だから適当なようで真剣に同時進行していることになる
ギターは適当、歌詞はマジ
で作ってるイメージかな

現にリハーサルで適当にやってできた曲
レコーディング中に遊びでやってできた曲
がかなりある(笑)

意味のない「英単語」が歌詞に多いシンガーは
英語がペラペラの人を除き、ほとんど歌詞からは作ってない
メロディーからか同時である
あたりまえですね(笑)

実はこの作り方は
メロディーには意味不明の英単語のほうがハマりやすいので適当にやればやるほどでてくる
LONELY
BABY
CRY
RAIN
などが歌詞によく使われてるでしょ?
英単語はほんまに楽
思いつかなかった歌詞が埋められる
メロディーに合いやすい(特にロック)
歌詞の流れを無視できる
たった一語で済む
オマケにカッコ良く聴こえる
これは使える!(笑)
基本的に歌詞力のないミュージシャン(インディーズは特に)が多い
文章を書くのが苦手な人の歌詞は
サビだけがやたら意味がわかるが後は全く意味がわからない
歌詞も「ハメようハメよう」
と思ても余計に浮かんでこないもんです

そして曲を作るとき
「さあ今日は曲を作るぞ」
と意気込んだら絶対とは言いませんがほとんどができません(笑)

何気なしになんとなく...

これが適当に見えて
実は作曲の極意やと言い切ります

頭をひねって
考えに考えて
よりいいメロディーを
よりいい歌詞を!
とやって
そのときは「おぉ~できた!」って感じでも
だいたいいつも作っている曲になんら進歩してないか第3者の感想はイマイチな感じがします

俺の場合、この方法で出来た曲はほとんどボツになってます

それはなぜかと自分なりに分析したら
フっとでてくるメロディーは
さっきも書いたように
ミュージシャンじゃなくても鼻歌で出てくるような
誰にでも親しみやすくて
わかりやすくて
スッと体に入ってきやすいんでしょうね

ミュージシャンが大ヒット曲を
「トイレに入ってるときに思いついた」
「風呂で...」
とかが多いのはそのためでしょう
ファンの方の
「え~っ!曲のイメージが壊れる~」
という声も聞こえてきそうですが
そんな何気ないメロディーに素晴らしい歌詞が乗せられて
いい曲になっていくもの

そんなもんやと思います

今や俺の代表曲たち
拳道
未来は光と共に
さあやろうぜ!
WRONG TIME A GO!

C'MON EVERYBODYが流れる
ちょっと前の
欲望やLADY、世の中なんて
その他もろもろに至るまで
現在も人気の高い曲はほとんど歌詞、曲共に30分以内に出来た曲ばかり

そんなもんです(笑)

ただ「思いつき作曲」をする前に
「こんなストーリーで作っていこう」
というテーマは立てておきます

しかしテーマと自分のカラーやカリスマ性に縛られすぎて無理にこだわると
○渕みたいな無理矢理な感じの変な曲しかできません
昔は彼もそんな呪縛がなかったから
ええ曲を書いてたのにね

作曲というのは
難しいけど思いのほか簡単にできてしまう
でも難しい(笑)

そんなミュージシャンの永遠のテーマであります

要はどんな曲を作ろうと
後でミュージシャンがどう唄うか、
どう料理するかで
良くも悪くもなってしまうもんです
だから曲は作るよりそれを表現するほうが難しいかな?
と思います

いい食材でもそれを使うシェフの腕が悪ければマズい料理になるのと同じですね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。