SEIZY'S ダイアリー (ミュージシャンによる日本壱面白くミュージシャンっぽくない日記)
どうも!SEIZYです! 「シンガー」っぽくない「人間」まるだしのブログをよろしく!
「友」の『よん』
どうも!SEIZYです!

4月30日に発売した
THE ACOUSTIX COMPLETE
「友」の章

各曲のエピソードを
お届けしています

今日は4曲目


「NAMIDA」

「RUSH」に続き、英題です
「涙」としてしまうとあまりにも普通すぎるので
「NAMIDA」です

この曲はSEIZYのアルバムに必ず入っている
「指弾き曲」です

最近の弾き語りではあまり見なくなったこの奏法は
「スリーフィンガー」
と言って
ギタリストなら誰でもできる奏法ではありません
今は「できない」か
「しない」もしくは
「知らない」ギター奏者のほうが多いです

しかし、フォークソングではかなりポピュラーな弾き方で
これをマスターしないと
「フォークソングの入口」
にも来ていないぐらい
「話にならない!」
「何がフォークやねん」
と言われてもしゃあないほど習得すべき弾き方
しかし、結構ハイレベルテクニックゆえに
かなりの挫折者を生み出した奏法でもあります

いわば俺の自伝的ブログに出てくる
「Fの壁」の次に立ちふさがる
「指弾き、フォークギター最後の砦」です(笑)

全ての弦からクリアな音を出さないといけないので
押さえ間違いや
押さえるのが甘いと鳴ってくれません

しかし、綺麗にキマったスリーフィンガーは
隙間なく単音が押し寄せてくる感じで
聴いてもヨシ!
指がどないなってんの?
見てしまうわ~
と観てもヨシ!
となかなか鮮やかで華やかなものです

まあ弾き方の説明は
このくらいにして

この「NAMIDA」は
涙そのものを唄った曲であります

悲しいことや悔しいことで涙が曲の主役になることは多いけど
「涙自体なんなんやろ?」
という曲はあまりないのでおもしろいんじゃないかと思い、作りました

だから曲の内容は全く「悲しく」ないです
「涙」自体は「後ろ向き」だけど
この曲は割と「前向き」な内容ですね

SEIZYはあまり後ろ向きな曲を作ることをしないので
SEIZY版「涙」を感じてもらえると
「これ幸い!」です

とにかくこの曲は
「スリーフィンガー」
に酔いしれてください!


♪もう泣かないで
あなたには輝く未来が待っている
5つ泣いたら10笑う
それがあなたの光になるさ♪


さて次回は「友」の『ご』

「ブランコ
~オリジナルバージョン~」
です

「友」収録曲の中で
唯一お馴染みのこの曲

お楽しみに!
「友」の『さん』
どうも!SEIZYです!

4月30日に発売した
THE ACOUSTIX COMPLETE
「友」の章

各曲のエピソードを
お届けしています

今日は3曲目


「RUSH」

さあ「RUSH」の出番です
この曲は「真っ白な日々」
「世の中なんて」
「LADY」
と同じくらい古いです

つい先日、あの世へ逝っちまった
俺の友人であり、かつて高校時代
「サテンドール」
卒業後すぐの「THE PHY」
と同じバンドのメンバーであるKENPIが作った曲であります

この曲をKENPIが作ったのがだいたい
高校卒業前後でした

そしてこの「RUSH」
を「THE PHY」のオリジナルナンバーとしてやっていました

奴がこの曲を持ってきた時はある程度の歌詞は付いてました
「これは悲しい歌や!相手が死んでまうんやで」

そういう割には
さすが歌詞のセンスがイマイチなKENPIです(笑)
あまり悲しくないので俺が「勝手に」大幅に変えました
「変えんなよー」
の言葉も無視です(笑)

変えてない所...
というか奴が
「ここだけは譲れない」
所は最初の
♪誰もいないBACK STREET アイツは帰ってこない♪と
♪骨を埋める♪
でしたのでそのまま残しました(笑)
そうそう
サビの♪OH RUSH♪
もです

「そらそうとこの『RUSH』って何?」
という俺に
「あほ!これは『RUSH』やからええんやないか」

だからこの部分も奴の希望通り
RUSHでいきました
たぶん サビのメロディーにたまたま合ったからでしょう(笑)
素直に言え!っちゅうんよ!

はい!この「RUSH」
はそんな「悲しい曲」です

やっぱり若い頃に作っただけあって
なかなか幼稚な曲ですが
アレンジ、歌詞、唄い方に至るまで あえて当時のままを尊重して録音しました

今回変えた所といえば
最後あたりのサビの
「追っかけコーラス」
♪OH マイフレンド♪と
「いつまでも離さない HEY!」
のセリフっぽい所です

KENPIが今まで作った曲は
この「RUSH」だけ

このブログを読んでる方はご存知かと思いますが
KENPIはこの曲の通り
ホンマに死んでしまったけど

この「RUSH」という
唯一の「1曲だけ」を
みんなに聴いてほしかったし
アイツの代わりに蘇らせてあげたかったんです
それをできるのは俺だけやと思ったから

俺とアイツを繋ぐ名(迷?)曲でもあるしね

「お前有名になったら『RUSH』やるから印税だけはよこせよ!」
「あほ!あんな唄いるか!」
と事あるごとに言ってました
ホンマ 合う度に言ってましたね~

よっぽど自分で作ったこの曲に愛着があったんでしょう

いくら愛着あるからてホンマに
唄の通り逝ってしまいよって

そんな
俺にもKENPIにも思い出深い曲
「RUSH」がとうとう世に放たれました
これからもこの迷曲をよろしく頼みます!



追伸
お前の好きな
「サーファーガール」と
「男の勲章」
この前 銀蠅が和歌山で奏ってくれたで~


さて
次回は「そのよん」

「NAMIDA」

をお届けします
お楽しみに!
「友」の『に』
どうも!SEIZYです!

4月30日に発売した
THE ACOUSTIX COMPLETE
「友」の章

昨日から各曲のエピソードを
お届けしています

さてさて今日は2曲目


「君の好きな春がやってきた」

とうとうコイツが表舞台に現れました
よっ!苦労人!(笑)

わりと昔からあるナンバーである
8年前ぐらいに出来た曲で
早々にライブで唄ったが
あまりに「SEIZYっぽくない」
と自分で決め、
たった1度でお蔵入りになった曲

しかし、それからも「華」や「極心」など
何回かアルバムに入れようかと
ええとこまで行くのだが
「やっぱり他の曲と合わない...」
と結局ボツ!の繰り返し

今回、発売が春やし
思い切って無理やり
放り込んでやりました(笑)

ひとことでいうと
「さわやか」
であります

以前は
サビから始まるのは同じで
Aメロ~Bメロが

♪花の咲く季節に君が光を浴びて
俺のそばに来て
駆け足で両手広げ
抱きしめると ほら
花が咲いた 風が香る(サビ)忘れるものか~♪

という歌詞でした
メロディーも違います

だから今回は完全リニューアルしての発表となりました
これで少しマシになったかと思います

昔のままのところは
始まりのサビの歌詞とメロディー
2回目のサビの歌詞とメロディーだけです
(ほとんど違てるやないけ!)

SEIZYにはこういった
「お蔵入り曲」
がたくさんあります

最近日の目を見てきた
「スタートライン」
も、もともとお蔵入り曲でした
このスタートラインは手直しせずに
オリジナルそのまんま
ですが...

この前のマリーナシティ
ストリートにてこの「君の好きな春がやってきた」
を8年ぶりに唄いました

この曲はそうですね~
「心情」
「ブランコ」
「スタートライン」
「どうせ同じ人間ならば」
あたりと同期ですね
人気の曲ばかりですね
みんなが「ええ!」と言ってくれる仲間を尻目に
さぞかし歯がゆい思いをしてたことでしょう

そんな「苦労人」
「君の好きな春がやってきた」

よろしくお願いしときます
(これまた春限定!な感じが悲しげであります)


♪新しい服を着て
新しい光浴びて
少し風の香りを持って
君のところまで飛んで行くよ
忘れかけていた
あの頃の大事なことも
なんとなく手にできそうさ
君の好きな春がやってきた♪


さて次回は
SEIZYにはとても思い出深い1曲です

3曲目
「RUSH」

です!お楽しみに!
「友」の『いち』
どうも!SEIZYです!

THE ACOUSTIX COMPLETE
「友」の章

各曲のエピソードを
お届けします

まずは1曲目

「永遠に誓おう」

「とわにちかおう」
と読みます

SEIZYのアルバムの中で
1曲目にバラードが来るのは初めての試みです
そういう意味では曲順を決めるとき
ちょっと勇気がいりました(笑)

バラードというより
「唱歌」の雰囲気を持ったこの曲は
旅立つ人、旅立つ自分との再会を誓い合う内容です

別れを惜しむのではなく
涙は見せずに笑ったままで友との約束を誓う固い絆

誰にでも経験があることを題材にしました

この曲は
5人のSEIZYが唄っています(笑)
でもシンプルに聴きやすく
あまり「ネバこく」なく唄いました(笑)

ギターが1本
バックのアコーディオンか?パイプオルガンか?
みたいな音もギターです

このバラードが1曲目
というアルバム「友」
考えたら珍しい1枚ですね

ちなみにSEIZYの曲の中では
一番テンポが遅い曲でもあります

♪AH いつまでも
忘れないで
心に刻もう
忘れ得ぬ想いを胸に
AH また逢おう
笑ったままで...♪


さて次回は2曲目
「君の好きな春がやってきた」

です!お楽しみに!
アルバム「友」の章
どうも!SEIZYです!

THE ACOUSTIX COMPLETE

SEIZYのCDの中で
シリーズとして制作しているアルバムである

数ある楽曲、新曲もおりまぜて全てアコースティックバージョンで録音している

ある意味 全ての曲がライブバージョンに近い状態にて入っているCDだ

各アルバムにタイトルを付け、それにちなんだ、もしくは近い曲が挿入されている

現在、
「愛」「夢」「牙」
「絆」
そして今回発売された
「友」がある

今回の「友」には今までの既存曲を抜粋したスタイルではなく
ほとんどが新曲と未発表曲で構成される
ニューアルバム扱いの強い1枚になりました

その「友」に収録されている楽曲を
エピソードを交えながら紹介しようと思います

すでに愛聴してくれてる方も
まだ持ってない方も
参考にしていただければ
これ幸い!です!

いっぺんに書いてしまうと、読む方々がまた大変なので1ブログ1曲となります

では!1曲目!
「永遠に誓おう」から~

といって
紹介だけですでに長くなってしまいました

ということで
次回から!

お楽しみに~!